自分がしたいことして生きるのを嫌がる相手って・・よく考えたら続くの無理よね。または相手が嫌がってるのを無視して続けるのもアリよね。私の場合、そっちかもしれないなあ・・星の配置的に・・

世界は広いよ。いろんな人がいるし。合う場所と合う人はきっと見つかるよ。

探しに行けばだけど。

「見つけた!」と思っても、何かしら不満は生じるけどねえ・・程度問題だけどね。

「不満あるけど許容範囲」ならそれでもいいのかもしれないよねえ。

その辺きっとお互い様だしねえ

合う場所も、合う人も、きっといる。
だけど当然ながら、見つかるまでの間は見つかってないので、それまでの間、孤独に耐えなきゃいけないよね・・

そして見つけたとしても、自分が毎日自分らしく生きていないと
相手からホロスコープを「使われて」しまうこともある・・

だから

たとえ相手が多少イヤがったとしても、自分らしくあるのをやめてはいけないのかもしれない絶対に・・と最近思うようになった

そうして結果的に相手から嫌われたら、もう嫌われてしまったほうがいいのかもしれない。

そのほうが自分のためだし、相手のためにもなるのかもしれない。

自分がしたいことを嫌がらない阻止しない相手がいいねえ。

したいことしないと、だんだん弱ってくる・・心身ともに・・心も体も不健康になる・・

ということは

自分がしたいことして生きるのを嫌がる相手って・・・よく考えたら続くの無理よね

つまり
嫌がらない相手を見つけに、探しに行かなければならないってことなのかな

自分が好きなことしてる場所で出会った相手だとその点割合スムーズよね

私の場合は西洋占星術かダンスの場ってことになるよね。ただ西洋占星術にしてもダンスにしても、どっちもいわゆる「硬派」で「お堅い」分野ではなくて。
「軟派」で「怪しい」分野、での出会いになってしまう・・汗

(だからお互いに信用しにくい。出会いの場は大事だよねえ・・どうしても印象がそれで決まってしまうところがある)

または
相手が嫌がってるのを無視して続けていくのも全然アリよね

私の場合、そっちかもしれないなあ・・星の配置的に・・

家庭によるけど
旦那が妻の嫌がる事いっぱいやってることも多いよね
逆に、妻が旦那の嫌がる事いっぱいやってる場合もあるよね

でもそれでも離婚したりしない人も多い(人によるけど)

もしかしたら

それはそれでいいのかもねえ

相手が嫌がってるからって諦めたり、やめることなかったのかも

相手が嫌がってるの知ってるけど、自分がどうしてもしたいことだから、自分にとって大事なことだから続ける

「やめるの無理」って淡々と続ける

自分のほうがパワーが無くて邪魔されると行けなくなるようなら「コッソリ」すればイイのかもしれない

隠すことになるし秘密があることになってしまうけど、それでもイイのかもしれない

元気で体調がイイほうが相手だって喜ぶはず

元気無くなって病気されても周りも困っちゃうよね

「(実は)お互い好き勝手してるけどそれなりに仲良く一緒に暮らしてる」みたいな状態が、実際は現実的で、理想なのかも

相手にわざわざ言って(正直に言って)わざわざ相手を苦しめることもないかも

別に悪いことしてるわけでもないんだしね

お互い「オトナ」なんだしね