「稼げない」と悩む人たちは多いけれど。稼げない時、それでもとりあえず食べて行ける人は、とりあえずそこにいればいいのかも。なぜなら実は存在意義があるからそこにいられるってことでもあるので。あと「稼げる母親」は子供にできるだけ金を与えないほうが良いと思うよ

「稼げない」と悩む人は多いですよね。もっと稼ぎたい気持ちはよくわかりますが。

でも稼げない時、稼げないでもとりあえず食べて行ける人っていますよね。
そんな人は、ただ「そこにいればいい」のかも、とも思うんです。

なぜなら実は存在意義があるからそこにいられるってことでもあるので。
(隠れた存在意義かもしれないけどね。そして居心地よくないかもだけどね。あまりにも居心地よくないなら、そこいると自分がダメになっていくようなら、出ていく準備をコツコツ始めたほうがいいね)

あと今は年回り的に「動けない」人も多いと思いますよ。
今年の配置はちょっと特殊かもねえ・・。
私もダンス出かけようとして準備してたら家具に足ぶつけてしまい。足の爪が割れて出血し、出かけるどころかダンスシューズさえ履けなくなったりしたことが2度もあるし(普段こういうことあんまりないのに・・今年が初めて)
「キューバ行こうかな~ココいると踊れんし、踊れんと不健康になって腰痛なって机に座れなくなって、仕事支障出てくるしなあ・・」と思って航空券予約しようとしたら。予約の最後の最後になんとWifiの充電切れとなり肝心なトコロで予約取れず!(モナコガイが充電を外していた!)
気を取り直して充電繋いで後日もう一回最初からやり直したら、今度はトラブル発生。お金払ったのに航空券は取れなかったという・・
(エラー。航空券は予約取れなかったのにも関わらずカードからはお金が引き出されてたのでホントびっくり!(゚д゚)!。すぐに電話して翌日には無事返金されたけどビックリしたし怖かった~おまけに電話対応してくれたの「日本語が話せる中国人」ぽい人だった。日本人じゃなかった。日本語の意味が微妙に通じなくて話しにくかった)

私はけっこうアチコチ行ってますけどねえ・・普段もっとスムーズに行けるののになあ・・
こういうことが何度も続くとねえ・・なんかダンス行くのも航空券の予約取るのも腰引けてくるわ~。なんかホント出にくいねえ今年は。

こういう時は、ただ、今できることしていくだけよね。
とにかく今しなきゃいけないことしていくのがいいかもよね。とりあえず仕事するわ。クリスマス前だししなきゃいけないこといっぱいあるし鑑定書も作らなきゃだし忙しいもんねえ
あと来年以降からはまた流れが違うからねえ。
ずっとこれが続くわけじゃないしね
なんとか体調維持だけは心がけなきゃいけないけどねえ
息抜きに近くでコンサートとかあれば、月に1回か2回くらい行く、とかくらいにしておいたほうがいいのかも・・

話し戻すけど
自分であんまり稼げないけど、とりあえず食べて行けてるって事はですねえ。
食べさせてくれる誰かが現実に誰かいるっていうことですよね。親とか親戚とか彼氏とか友達とかお客さんとか。その辺は人によっていろいろでしょうが
とにかく
食べさせてくれる人がいて食べていけるということはですね。
「あなたがそこにいる意味がある」ということですからね。
たとえその意味が今はわからなかったとしても。たとえ今はあまり実感できなかったとしても。

例えばとってもわかりやすい例でいえば。
「外で働くことができない妻」などを「無能」呼ばわりする夫は多いし「俺が食わせてやってるんだ」と威張る夫も世の中多いよね。
そして「仕事が続かない人たち」を軽蔑する人たちも世の中けっこう多い。

だけど実は。

「外で働くことができない妻(ちょっと頼りない)」が家にいるからこそ、夫が自分の能力に自信を持てたり、元気出たり「妻を養っている」という責任感でよく働くようになるんだよねえ。
(妻の立場から見ると、そういう夫って、威張ってたりなんか妻を下に見たりして腹立つしなんかちょっとウザイけどねえ)

だから妻の方も「私がいるからこそ、そして私が外で働けないからこそ、実はそれが逆に男として張り合いになってて外でバリバリ働けるんだ」ってことは知ってて自覚しててイイと思うのよ。
(世間では専業主婦はなぜかけなされがちだけど、そういう意味で主婦はかなり重要な存在意義がある。あとパート妻などもそう)

いっぽう妻の方が強くてシッカリしてると、夫が頼りないことが多いよね・・
でもその場合も、どっちかがシッカリしてればそれでいいんで、実はどっちでもいいんだけどね。バランスが取れていればそれでいいので。

あと母親と子供の関係もそれと似てる。ちょっと頼りない子供や問題児抱えた母親ってバリバリ仕事できたり頑張れる人たちが多いよね。

だいたい離婚して子供育ててる人たちって、それなりに稼げる人達が多い。
母子家庭の母親などで、男並みにバリバリ働いて稼ぐ人もいるよね、確かにスゴイと思うよその高い能力は。たくましいし強い。
ただ子供が大きくなったら・・子供にできるだけ金を与えないほうがいいかも、とは思うよ。または「貸す」とかにしといたほうがイイと思う。とにかく「金を与えない」ことが実はとても大事な気がする。もし与えるとしてもほんと最低限でイイと思う。

子供に金を与える役目は、どうも父親がしたほうがイイみたいだねえ・・

なぜなら
母親が子供に金を与えると、なぜか子供がアホになっていくことが多いから。
母親が子供に金を与えると、なぜか子供が道踏み外しちゃうことがけっこう多いみたいだから。
それでも相性がイイ場合は特に問題ないけどね
母子で相性微妙だとそういう困った事態に陥りやすいと思う
わかりやすい例では有名女優にどうしようもないバカ息子いることってけっこう多いよね。あの「鉄の女」と言われた強い女、サッチャー元首相には刑務所出たり入ったりしてる超バカ息子がいましたね(そしてサッチャー元首相がいつも高額の保釈金を払っていたという。そんなことして母親が息子かばい過ぎるからいつまでもどこまでもバカ息子。「バカな息子ほど可愛い」ってヤツよね。確かにそうかもしれないけどね・・こういう息子いたらきっと母親としては張り合い出るし強くなれるだろうよ。とても強い人の影にはとんでもなく弱い人がいることが多いねえ・・)

<関連記事>
毎月5千万円の小遣いを娘にあげて、娘と娘婿に殺されちゃったお母さん。金があるほどにこじれていく親子関係。母子の相性。

実はある程度成長した子供は、父親が育てた方がイイような気さえする。
もちろん幼い頃は母親の手が必要だけれど、ある程度成長したら、父親が育てたほうがイイと思う。もちろん両親揃ってる方がいいけど。それが一番だけど。

たぶん
母親が子供世話するのは、手をかけるのは、子供が小さい時だけでいいのかも
母親の愛情って、どこか「社会性が無い」状況に陥りやすい気がする。母親って自然に「子供をかばい過ぎ」になってしまうところがある。

ある程度成長した子供たちには父親が「社会」を教えたほうがイイと思う。
男って「社会的動物」だから。
父親は自然にそれを子供に教えることができるから。