目覚ましのアラームをかけないフランス人。眠りたいだけ眠って起きたい時間に起きて仕事に行く。無理して睡眠を削るのはナンセンス。第一不健康。長い目で見て自分のためにならない

フランス人の割と多くが、どうも目覚まし時計をかけてないような・・気がするんですよねえ
airbnbでけっこうアチコチのお宅に滞在させてもらいましたが、そういえば目覚まし時計の音をほとんど聞いたことがないのです。
聞いても「たまに」って感じ
防音がしっかりしてる家が多いってのもあるかもだけど
あとそういえばイタリアでも聞かなかったかも、目覚まし時計やスマホのアラーム音。

日本人はたぶんほとんどの人が朝は目覚まし時計かスマホのアラームなど使ってますよねたぶん。
あと「睡眠時間は●時間で」的な話をすることも割とあるし、睡眠時間のこと考えてたりもしますけど、フランス・イタリアではまったくと言っていいほど話題に上がりません。
仮に話題にしてもイタリア人なら「ふ~ん?」って感じ?
フランス人なら「人によるよ」「眠い時に寝たいだけ寝ればいいんじゃない?」って感じです。

「自分が気持ちよく起きれる時間に就寝」「自分に合った分だけ寝る」って感じみたいですねえ。とにかく「自分基準」です。

私は若い頃、夜は寝つきがとても悪く宵っ張りで朝はものすごく弱くて起きれなくて。慢性的に睡眠不足だったので、毎日眠くて眠くて仕方なかったのですが、「普通一般の人の睡眠時間くらいにしとかないと」「からだを慣らさないと」などと思ってしまい。普段、あまり長時間睡眠を取っていませんでした。けっこう眠いのいつもガマンしていました。

「そういう風にからだを慣らさないと社会についていけないかも」とさえ思っていました。そして「頑張ればいつかそうなれるかも」とさえ思っていました。

そして日曜など休みの日にたくさん朝寝したり、昼過ぎに起きると、かえってダルくなるような気もしていました。
「長く睡眠取ると良くない」と世間では言われていますが、確かにダルくはなりますが、もしかしたら、あれは実は相当疲れているという事なのではないでしょうか。

でもなんでそこまで頑張っていたんだろう・・と今は思います。ムダな部分で妙に努力していました。
睡眠時間削るとかそういうの無理して何年も頑張るもんじゃありません。
睡眠の習慣って変わらないと思うよ。場所とか変えない限り。
睡眠時間短い体質に変えようとか、そういうの、頑張って何とかなるもんでもありません。個人差です。
自分に必要な分、しっかり寝たほうがいいです。なぜなら体調悪くなったり、鬱っぽくなったり、イライラしたりするからです。精神衛生上、非常に宜しくないです。

大学を中退して、家に「カンヅメ」みたいになってしまった時さえも、「早く起きなさい。朝寝しちゃダメ」とのことで、毎朝母に早く起こされていたので眠くて眠くて。いつも睡眠不足でしんどかったのですが
「もう言うこと聞くのをやめよう」「自分のからだのリズムをつかんでみよう」と思い、寝たいだけ寝ていた時期があります。
それをひと月くらい?続けただけで、ものすごく体調が良くなったのを覚えています。初めてダイエットにも成功しました。(睡眠不足だとダイエットできないと思うよ)

だから「長期休み、毎日寝て暮らす」というのは実はとっても「正しい」休みの過ごし方なのかもしれません。普段の生活で疲れを感じてるならね。
別に無理して暑い中、外に行くこともないし、どこにも行かないでもいいのです。

ヨーロッパ人たちがバカンス中、何もしないで寝てばかりいるのを見ると、「あの休み方、すごい正しいよね・・」と感じます。
外国人って、年とっても元気でタフな人がなぜかほとんどなのですが、睡眠たっぷり取って、食事も高たんぱくで年とっても肉もチーズも食べるし、運動もしているからこそだと思います。
外国人ってタフなイメージありますが、確かに外ではタフに動き回ってる人が多いですが、仕事ない時は、たっぷり休みを取って寝ています。そしてなんとなく体調悪いとか、なんとなく行きたくない時には、外に出ません。
(働き者の人たちが多い日本から来た)私から見ると「なんでそんなに毎日寝ていられるんだろう?」と不思議になることもあるくらいです。
でも別に「引きこもり」とかも言われていません。「ただ家で寝てるだけ」だし、家族や友人ともコミュニケーション取るからでしょうね。周りも「寝たいだけ寝れば」って感じです。

こんな風なのでカフェや図書館で仮眠取っている人もまだ見たことないし、電車で寝てる人もほとんどいません。きっと睡眠時間が十分足りてるからなのでしょう。

今モナコですがモナコ・ガイは私が外出するのを非常に嫌がります。
で、基本的に「朝は寝てなさい」と言われます。「早起きしなさい」の真逆です。
私がそれでも目が覚めたときには一緒に朝食となりますが(彼が朝食を用意してくれる)
私が起きなかったときは、モナコガイは、私を起こすまいと、とても静かにコッソリと支度をし、カーテンも開けず部屋の電気もつけず、物音も立てないようにして、そーっと仕事に行くのですね。それが最近毎朝続いてますねえ・・

面白いねえ・・こんな人、初めて。

逆に、私が早起きしてどこかに行こうとしたときはできるだけ阻止してきます。ありとあらゆるいろんな方法で。

母と違って私を朝起こしませんが、こういうところは、私の母そっくりです。

「なんで出かけるのダメなんかね?」と思います。
遠い外国まで来て、母そっくりの人と暮らしているという現実に思わず「ふっ」と笑えてしまう事があります・・

モナコは世界で最も小さな国のうちの一つだけれど
まるで「大きな鳥かご」みたいだなあと感じます。
モナコは狭いけれど、とても安全です。
モナコでは、誰も私に何か悪いことしてきたり、お金を騙し取ったり、私から何か盗もうとなどしません。
まさに安全な「鳥かご」。
鳥かごの扉は自由に開け閉めができ、出ようと思えば鳥かごから出ることもできるのですが、出ようと思いません。
なぜなら鳥かごの中の方が安全だからです。

最近、アパートからもあまり出なくなりました。用事がない限り、特に出たいと思いません。

でもこれは、モナコ・ガイと私との相性にもよると思います。

実は「つい無茶してしまう配置」「危なっかしい配置」の持ち主って、実際います。(私もその一人なのですが)
危なっかしい人って、実際、ホロスコープも危なっかしいのです・・

そしてこういうタイプの人は一人でいると危険なのです。あと損しますねえいろいろ・・
こういう人はできるだけ「安定させる配置」の人と一緒に居るのが良いでしょう。その人自身が無茶しなくなって、その人の身も安全になるうえ、社会からも認められやすくなって安泰だからです。
逆に「不安定になる相性の人」と一緒に居たりすると、ますます危険な目に遭ったりしやすいです。精神的にもますます不安定になります。お互いのためにならないですよね・・

だからこういうタイプの人こそ、相性はとてもとても大事になります。
だから良い相性の人をゲットできるチャンスがもしあれば、決して逃してはいけません。(相手が嫌がってる場合を除いて)

でも一人でも心身ともに割と安定してるタイプの人も世の中いますよね。そういう人ならば相性はそれほど重要ではないのかもしれません。その辺は本当に人によります。

火星は「やる気」「活力」などの意味でももちろん使えますが、火星の度数やアスペクトにより、「トラブルに巻き込まれやすい」とか「ヘンな人に絡まれやすい」とかなら困りますよね。

一般的に西洋占星術で、シナストリーチャート(相性チャート)で火星に土星が乗るのは「やる気を制限するので良くない」「クールにダメ出しされてしまうので火星側のうっぷんが溜まりがち。火星側が土星側をイヤになってしまいやすい」などとされていますが
でも、火星の配置がムチャクチャな場合はまた話が全く別。
危ない火星の上に、土星を乗せてくれて落ち着かせたり安定させたりする人が必要だし、自然にクールダウンしてくれる「とってもありがたい」存在になります。

シナストリーだけでなく、コンポジットも安定してる感じなら完璧ですね!

でも、ご本人が「今はとにかく熱く頑張りたい!」「まだ安定したくない!」「危険を楽しみたい!」(配置によっては怖いけど^^;)などともし思うなら、その熱意を「冷ましてしまう」役割になってしまう、土星載せてくる人は「お呼びではない」かもなのよね。
だからその辺は、その方の配置や、今までの人生経験や、その方の願望・希望、どうしたいかにもよって全然違ってくるんですけどね。

私とモナコ・ガイさんとはお互い「落ち着く」相性になります。
実はモナコ・ガイさんも一人だとかなり無茶してしまうタイプです。
私と出会う前、ムチャクチャな激辛食生活(ハバネロいっぱい。それも生のハバネロ。相当ストレスたまってたらしい)のせいで入院し、開腹手術まで受けています。
(料理に使うためにハバネロ刻んだことあるけどね、刻む時にハバネロ持ってた左の指が、2~3日後までヒリヒリしたくらい強烈よハバネロって。さすが激辛とうがらし。それも触ってた時は痛くなかったけど後から来るもんね。だからたくさん食べすぎるとその後が絶対ヤバイと思う)
開腹手術の手術代200万円超!もちろん医療保険使ったらしいけど。でも高すぎるよね。医療って金儲けなの?システムがなんかヘンじゃない?

性格にサディスティックな面がある人で、それを「他人に向けちゃダメだ」と自制できてる人って、そういう思いが時に自分に向かうみたいよね。(タトゥーめっちゃしてる人なども割とそうなのかも?)

その彼が、今では毎日健康料理(ポトフなど)作ったり、私の作った野菜タップリ料理を食べたりしています。まるで別人みたい。

人間って相性でずいぶん変わるものです。
モナコ・ガイさんも私と同様、誰と一緒に居るかにより、相当変わるタイプです。
ぶっちゃけ、私と二人の時以外のモナコ・ガイさんには、私は全く関わりたくないです。危険です(笑)

それに、私は「そろそろ落ち着きたい」という気持ちなのでねえ・・もっと若かったらまた違ったかもだけどねえ。(そこはお互い)
このトシであちこち行くの、もうシンドイよ・・

というか、私が今までこれほどあちこち行けたのは、きっと子供がいたからなんだなあと思うよ。(子供ら3人とのコンポジットではICが天王星の上ハードアスペクトいろいろ。めっちゃ移動する感じの配置。あと息子と二人、娘と二人で暮らしていたこともあるけど、やはりその「相性チャートの自分」になってしまってる。兄弟姉妹で対応が違うのはこういうことだと思う。理由はわからないがなぜだか自分でも知らないうちにそうなってしまう。そこが相性の怖いところというかスゴイところ)

でも
「子供は親を選んで生まれて来る」とも言うし、「実際そうだなあ」と自分の子供自体のことを振り返っても思う。だから私の子供たちも、こういう変わった母の元に生まれた意味がきっとあるのでしょう。10年とか20年かもっと時間がたったあとにその意味がきっとわかるのでしょう。

モナコ・ガイは実は私の母や父と非常に似たところがあり時々驚きます。
まだ親になったことのない人達、現在、子供の立場の人たちも、きっと将来、自分の両親とどこか似た人とご縁があることでしょう。

なぜなら
それが「持って生まれたもの」だからです。

最近、アパートメントから出たくない日も増えました。だからアパートメント内で鑑定書を作り始めました。
今年は家でも割と仕事できるかもなあ・・
家でどうしてもできない日は、アパートメントのすぐ真下のカフェ行って仕事したりしています。アパートの部屋から徒歩1分以内。

ソーラーリターンチャートでIC月ヘッド合って、こういうことなんですねえ・・

人間って、自分の意思で生きてるようでいて、実はそうでもないんだなあ・・・とよく感じます。

私の西洋占星術鑑定が、あなたの人生を開くキッカケになれば幸いです(o^∇^o)ノ

宝石紫P子の西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^宝石紫
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679