夢やしたいことを人に話すと「無理よ」と否定され夢を潰されてしまいがち。 だから夢を人に話したりしない方がいいと思う。本当に叶えたい夢なら

モナコ・ガイが私をモナコのアパートメントにいさせて、私に「主婦」させようとするので、最近ちょっと病んでます・・体調が今ひとつ・・

客観的状況としてはとても恵まれてるのはわかってるよ。モナコのアパートメントに白人のボーイフレンド。今までの人生で出会った人の中で一番相性的にも良い。これからの残りの人生、私となんとか一緒に暮らしていける人間は、いくら世の中広くても多分この人くらいしかいないだろう・・。それくらい相性はイイ。というか「離れにくい」「離れがたい」相性。ヘッドもテイルも絡んでない所も私好み。(ヘッドは相手を「理想化」「肯定し過ぎ」なところが私はちょっと気になるし、テイルは発展性が無いためその先が続いていかない。未来が無いというかなんかそんな流れになりやすい)

私は自然と人から離れていきやすい傾向があるので(自覚してます)
こういう私とは「くっつくチカラが強い」、特殊な相性の人でないと、まず続きません。長続きしません。たださ・・「くっつくチカラがとっても強い」だけに自由がないんだよね~。好きなことが自由にできないのがツライわ・・ダンスできてないから体力も筋力も落ちた・・すごく落ちた・・

というわけで最近、体力がすごく落ちたのを痛感してます。この前ひいた風邪も長引いてなかなか治らなかったよ・・

そして、やっと風邪が治って久々にモナコガイのフランスの店行ってみたのよ。鑑定書作りに。そしたら店の階段で膝痛めちゃった・・これは筋力不足から来てるんだと思う。痛くてちゃんと歩けない。というわけでしばらくモナコのアパートメントから出られなそう・・。家で仕事頑張るしかない・・

結局家にいるしかない・・

これはいったいなんなんですかね・・??

「もうモナコ・ガイとフランス行かないほうがいいよ」ってことなんかね??(確かに私一人でフランスいても別に特に問題ないが、モナコ・ガイとフランス行くとよく問題起こるんだよね・・相性的にモナコガイと私とフランスの相性が問題あるんだよねえ・・)

または・・

まさかとは思うが・・もしかして「モナコ・ガイの呪い?」(笑)ヒャー

からだ弱い方がアパートメントに閉じ込めて主婦させるの簡単だよなあ。

今までも、モナコ・ガイ怒らせたり不安にさせると、だいたいWifiが繋がらなくなるし・・PCが具合悪くなったりと、実はいろいろあるんだよねえ・・なんか「念が強い人」「引き寄せ力が高い人」っているけどそんな感じの人だなあとはよく思う。(昨日もモナコ・ガイが「最近全然会ってないけど、久しぶりだけど彼に会いに行かなきゃ。電話したいけど電話番号がわからない・・検索してなんとか出ないか」て聞かれて。私がいくら検索しても電話番号見つからず連絡できなかったその「彼」と、言ってたその日に、道ばたでばったり2年ぶりに出会ったりしたのよ・・う~ん・・なかなかスゴイ引き寄せパワーだねえ・・ちょっと怖いよ)

でもね~モナコガイがいくら私に主婦して欲しかったとしてもね~私、主婦とかそういうの無理なんよね~。性格的に無理だよ・・。ホロスコープの配置的にも無理だと思うよ。だいたい私別に主婦なるためにヨーロッパに来たわけじゃあないしなあ。まあルーティンで主婦的家事してあげてもいいけど、それでもほとんど外いるべき配置だもんね。

家にいるのが好きで向いてる人が、外ずっといるとツラくて弱って来て病気したりケガしちゃうのと同様、
外にいるのが好きで向いてる人が、家ずっといるとツラくて弱って来て病気したりケガしやすくなる・・

向いてることしてないと、人って弱ってく。弱ってくのが早まる・・。

そりゃ私だって、モナコ・ガイと一緒に仲良く暮らしていきたいよ・・だけど・・家に閉じ込められるのはちょっと違うんじゃないかと思うのよね。

家事好きな人、家にいるのが苦にならない人、 家にいるのが向いてる人ならいいけどさあ・・

最近、家いて毎日ご飯作ってたら、ご飯作ってない日にはモナコガイが怒り出すようになった。「家にいたのにご飯も作ってない!」と怒る。

「え??・・それはちょっと違うんじゃない?」

だから思い切って言いました。
「私、主婦になるためにヨーロッパ来たわけじゃないのよ。というか家事をしてくれるボーイフレンドが欲しいのよねえ私は。料理できる男が好きなのよ。あなたは私が来たばかりのときは毎日ご飯作ってくれてたよね。だからあなたはご飯作りする人だと思ったから一緒に住むことにしたのに~いったい何なのよ~」

するとモナコ・ガイはうつむいて・・(´・ω・`)ショボーン
「そうか・・今日から御飯作らなくていいからね」

う~ん・・・
でもねえ・・
確かに今、ヨーロッパではシーズン始まって店忙しくなってきたし・・仕事、大変だとは思うのよね。

(でももし、ここでモナコガイが「何言ってんだおまえ!メシくらい作れ!」と怒鳴ったりしたら私も「イヤだ絶対作らん(怒)」って流れが可能なのに・・)

でも・・(´・ω・`)ショボーン・・やめてよそういうの・・

「じゃあ・・ジュースだけ作ってくれたらいいから・・」
とモナコ・ガイが言うので、ジュースだけ作るか・・

確かに、モナコガイのジュースより私の作ったジュースのほうが実際、美味しいんだよね・・それは自分でも思うわ。モナコガイ、いろいろ混ぜすぎなんだよ。果物や野菜、あるだけ全部混ぜるもん。何でも混ぜりゃイイってわけでもないと思う。果物混ぜてミックスジュース作るならせいぜい3、4種類くらいまでにしたほうが美味しいと思う。

実は私、別に料理できないわけじゃないんだよね。ただ家にいるのが合わないというか、主婦的生活が性格に合わないだけでさ。でも自分の店でなら喜んでご飯作れそうな気がする。

モナコ・ガイに好評の炒飯。アンチョビ入り。あとセロリとパプリカ、卵、玉ねぎ他

アップルパイも作った。ちょっと焦げちゃったけどねえ

最近知ったけど、実はモナコ・ガイ、この春、フランスにカフェ買おうかなと考えてたらしいよ。物件もほぼ決まってた。ビーチの前の店。私がそこそこ料理できるし、お寿司も作れるので。(料理何もできないと思ってたらしいよ。意外だったらしいよ。よく言われるけど)。ただ仕事としてカフェやレストランをちゃんと軌道に乗せるには「男手が必要」ってことなので「もしモナコ・ガイの甥が手伝うなら」の話だったけどね。(そこすごく重要だったらしい。誰か親戚の男が一緒に働くのが絶対条件で、そうでないならカフェしない考えらしいよ)・・でもモナコ・ガイの甥が「自分、カフェで働く気ない・・」って。それで話は流れた・・。
その後「じゃあ君の息子はどうだ?」って言われたので、私の息子にも一応打診したけど、息子もしたくないらしいので。だからフランスにカフェやる話は流れたねえ・・。残念ねえ・・でも、カフェってそんなに男手必要なんかなあ?簡単な料理とお菓子やジュースだけ出すような感じだったら私一人でもできるんじゃないかって気がするけどねえ・・とにかく私はやるなら細々~と長~く続けたいんだよねえ。(ガンガンやると後が続かないから)。細く長く続けるなら、一人で回せるくらいの簡単メニューの小さい店の方が続けやすいと思うんだよね。「誰か手伝わないと回らない店」って、細く長く続けるの難しそうよね・・。

話し戻すけど・・「じゃあご飯作らなくていいから!ジュースだけでいいから作って!」とモナコ・ガイ。そしてイタリアでめっちゃジュースの材料を買い込んできた・・

上からクレモンティーヌ、青りんご、ラ・フランス
・・ 箱買いだよ・・私らたった二人暮らしなのによ。それに綺麗なフルーツでこれジュースにするのちょっともったいないかも・・そのまま食べるのに向いてそうだけどなあ

あとイチゴなども大量に買ってきた・・。いちごも箱買いで2箱も・・いちご傷みやすいからひと箱でいいのに・・ていうか、ひと箱でも多いよ。2人なんだからさ。

キウイとバナナ、りんごとレモンも冷蔵庫に大量に入ってる。ぎゅうぎゅう。時々モノ落ちて来る・・
写真撮れてないけど、他にもまだあって。野菜室にはアボガドとレモン、トマトが大量に入ってる・・多過ぎでしょう・・私たち二人暮らしよ・・
いつもこんなふうで大量買いしてくる。冷蔵庫の中見てるだけでお腹いっぱいなる・・。

「・・これって、家庭で消費できる量じゃないよね・・量がほぼ業務用の量じゃない?」

でもふと思いました。
「これだけ豊富に材料があるなら、カフェメニュー作る練習ができる・・」
たとえば、フルーツジュースにしても、組み合わせ次第でいろんなの作れるよね

もしかしたら・・これはチャンスなのかもしれない・・料理するのイヤだ、したくないと思ってたけど・・この際「練習」に使えばいいのかもしれない・・カフェメニュー作る練習に。

今日作ったフレッシュジュース。イチゴ+バナナ+レモン。ノンシュガーで作る。我ながらとっても美味しい。
作った後、ビンに詰めると上のほうにどうしても果肉が上がってきてしまうので、上の部分だけデザートソースとしても使えるなあと思った。

そこで別にミルクゼリーを作って、ジュースの上のほうの濃いところをソースとして使い、はちみつとともにミルクゼリーにかけてみたら。これまたとっても美味しかった。

他にもいろいろできそうだなあ。パウンドケーキ焼いてフルーツソースと生クリーム添えてもいいしねえ。もうこの際カフェメニュー作る「練習」しちゃお。

ところで。たとえ資金がそれほど無くても何か店を開くことは実は可能です。「パトロン」と言うと日本では愛人のパトロンみたいなイメージですが、 ヨーロッパで「パトロン」というと「オーナー」「出資者」のことです。海外ではパトロン(出資者)見つけて店やる人もけっこういるよ。日本でもあるのかもだけど。台湾でもカフェのパトロンの話は実際私にもあったし、金持ち3人くらいパトロンつけて店やるのがけっこう台湾では「普通」だったりする。金持ちは自分の楽しみと投資のために店やりたい人を探してたりするので。過去ブログ(Livedoor blog)に書いた台湾の音楽レストランなどもそのタイプ。台湾の大きな店は、かなり多くのたくさんの出資者から金集めてやってるとこもある。利益出たら出資額に応じて分配ね。

モナコならカフェのパトロンくらい探せば見つかるかもしれないよね・・(探せばの話だけどね)

・・今までの人生で、割と私が自分の夢を叶えることができてきたのは・・

向いてないお勤めをやめて自営業始めたり
公務員系の実家から飛び出したり(私は公務員なるの全然無理な配置です)
震災後、子供を守るため台湾に移住してしばらく子供と暮らしたり
そして今モナコで、優しい白人のボーイフレンドと暮らすことができたり・・などなど
(もちろん100%希望通りに行ってるわけではないけれど。今だって家から自由に出られない不自由さはある)
でも割と私が自分の夢を叶えることができているのは

普段人とあんまりしゃべらないから

てのも理由の一つとしてあるかも・・と思うことがあります。

もしかしたら家族と縁が薄いこと、そして友達がいないことがかえって良かったのかもしれない・・。

なぜなら周りの人に「夢を話さない」ことで、自分の夢をかなえる確率が上がるような気がするからです。というか確実に上がると思うね。

だって人に言えば否定されるのがオチだからね。

日本でも若い頃「フランス人と結婚したい」とか 「海外で暮らしたい」とか人に言うと。それ言った全員から「無理でしょ!」 と笑われただけでした。(家族・友人・知人などからそう言われた。それも全員だよ全員。誰も本気にしなかったよ。その上、家族からはそれが無理な「理由」なども言われた。もちろん私を否定するような内容だった。でも日本の会話の90%は否定的な内容だよね。否定的な会話がとても多い所だと思う)

周りの人から「そんなの無理無理~」と言われ続けていると。自分でもそのうち「そうよね無理よね・・」と自然と思うようになってしまいます。それも何もしないうちから諦めてしまいます。やればけっこうなんとかなったりするのに。つまり

夢を人に話すと潰されるのです。それも身近な人にね

でも誰にも言わず。黙って一人でヨーロッパ来てみたら。今はフランスの中に位置する、安全でリッチなモナコで優しい白人男性となぜか暮らせています・・。

ということは。 言わないほうが良い。ってことだよねえきっと。本当に叶えたい夢ならね。

行動あるのみですね。不言実行ですね。

人に言わず、あんまり話さず、いつも夢の実現のことばかり毎日思って行動してりゃあそりゃ実現しやすいよね。だって一人で黙ってると否定的なことあんまり考えないもんね。普段「こうなったらいいなあ♪」的なことばかり考えてるもんなあいつの間にか・・

最近、私が風邪引きやすくなったり、膝傷めたりしたのも
周りの人からの妨害に甘んじ、本当に自分のしたいこと必要なこと(ダンス)しなかった罰かもしれないのよね。

・・こっそり行こう・・モナコガイに言わずにコッソリ行こう・・

というか、たとえこっそりでも「行かなきゃいけない」んだなと思った。でないと体壊すからねえ。

今、ちょっと反省してるのは・・「モナコ・ガイに自分の夢をいろいろ話し過ぎたかもなあ・・」ってことです。いろいろ言わないほうが良さそうねえ・・(でも話したからこそ、カフェ買うこと考えてくれて、物件見つけてきて、実際親戚なども誘ってくれたらしいけどさ・・でもモナコ・ガイにとっては、音楽も占星術もカフェでしちゃダメみたいだし・・私別に普通のカフェがしたいわけじゃないしなあ。ミュージシャンに演奏の場を提供したり、客と一緒に楽しめるカフェがしたい。でもモナコ・ガイがいちいちミュージシャンに嫉妬するのでモナコ・ガイとは多分まず無理。私にとってミュージシャンは全く恋愛対象ではないのに。むしろ恋愛対象外の人たちなのに・・。ミュージシャンはじめ、モテるタイプとは付き合いたくない。だって絶対大変だもんね。気苦労多そうしんどそうだよねえ~)

モナコ・ガイと暮らし始めてから、6回か7回飛行機乗り逃したねえ・・多いよねえ・・。どこも行けんやん。

私はどうも「癒し系」タイプらしく、そのせいか私を必要とする人は意外といるし、人にけっこう「捕まって」しまいやすいのですね。(たぶん一緒にいるとなんとなく癒されるからかも?)

そして私の夢を話すと。だいたい周りの人、身近な人たちに夢を潰されますねえ・・。グワッシャーンとねえ。話したって手助けしてくれるどころか。潰されるねえ・・潰される方向にもっていかれるねえ・・
だから周りの人、身近な人に夢を話したりはしない方がいいかもと思う。(癒し系の人は特に。だってもし私が男で、癒し系の彼女ゲットしたらそりゃずっと家にいてほしいと思うだろうなので。その気持ちもわかるもんなあ。別に癒し系じゃなくても相性が良かったり必要な人と思われれば、やっぱりそういう流れになるだろうしね。だってもしあなたが男だったらそうでしょう?その彼女と一緒にいることで、健康に元気に強くなれてバリバリ働けるようになって、ご飯も美味しけりゃそりゃねえ。だから家にいてご飯作ってニコニコ待ってて欲しいのよ。女性が家出て外で何かしたくても、女性の夢なんて、もれなく潰されてしまうのよ)

だからもう言わない。夢をもう話さない。ただ淡々と着々と準備していく。
準備しているうちに、チャンスが来る。チャンスが来たらそれにさっと乗っかる。

できればその時にモナコ・ガイも一緒がいいけど、それはその時になってまた考えればいい。(その時私が年寄りでおばあちゃんなってたらいちいち嫉妬もしないだろうし。その時、私がホントにミュージシャンが全然恋愛対象じゃないことをモナコ・ガイも理解できるようになってるかもしれないし。私がモテる男に全然興味ないこともいつかわかるかもしれないし)

とにかくそれなりに準備ができてないと、チャンスが来た時にモタモタしてしまって、チャンスをつかみ損なうからねえ・・。

それにまだ鑑定書全部作り終えてないから、それをまず作り終えないとだしねえ。

語学も身に着けなきゃいけないし、白人の好むカフェメニューも覚えなければならない。

日本人なのでやはりご飯ものが得意だし、巻き寿司や炒飯なども作るけど、 どっちかっていうと、白人はリゾットやピラフが好きみたいだねえ・・。

今日、晩御飯にシーフードピラフ(とろけたチーズ入り)作ったら Très bon! (とっても美味しい!)とモナコ・ガイが喜んで食べてた。何度もTrès bon!と言われた。シーフードピラフとかこういうのなら大好きなんだね・・

海外で一人で店するために身につけなきゃいけないことはいろいろある。たくさんある。いろいろ身に着けていくには、今の環境は必要なのかもと思う。ヨーロッパ来てまだたった2年だもんね。初心者よ。
確かにいろいろ身に着けるにはすごくイイ環境かもよねえ・・。

語学身に着けるのにはそれなりに時間かかるし
料理も、ヨーロッパの人たちがどういう味を美味しいと思うかなんて日本人の私にはまだよくわからない・・。だけど、毎日作ってモナコ・ガイに食べさせながら、どういう味が好まれるかなどをひとつひとつ覚えていけばいいよね。

今しないといけないことは5つ

◆依頼された鑑定書を作り終えること
◆語学
◆カフェメニュー
◆貯金
◆健康なからだ作り

たとえ実現に時間がかかっても、カフェする夢は捨てないでおこうと思う。(普通のカフェじゃなくて占星術や音楽絡むカフェね)

だいたい私、別にヨーロッパで主婦なるのが夢だったわけじゃないからねえ。主婦向いてないもんなあ。家にずっと居たくないよ。家いるの退屈過ぎる。人目が無いとなかなか仕事進まないタイプよ。(なんか緊張感がないというか)

今モナコだし、確かに恵まれたシチュエーションなのかもしれないとは思うけど・・。主婦が合ってる人ならきっといいんだろうけどねえ・・

ただ、今「将来に向けて準備する」ためのベストな環境がゲットできてるんだってことに気づいた。だから準備する。

マダム・ファントムの西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679