仕事、友人、家族、恋愛(パートナー)、趣味、全部恵まれている人。もしそんな人いたらちょっと怖い・・それ、もしかしたら実在の人じゃないかも・・。でもそういうのを心の中で望んでいる人けっこう多い・・

人の幸せって、いろんなのがあります。

仕事が楽しい
友人付き合いが楽しい
家族(身内・子供)とのふれあいが楽しい
恋愛(パートナー)と過ごす時間が楽しい
趣味が楽しい

などなど、いろいろありますけど

これ全部恵まれてる人って、いると思います?

もしいたにしても、それって「一時的」なものなんではありませんか?
その状態がず~っと長く続いている人って、いますか?

仕事、友人、家族(身内・子供)、恋愛(パートナー)、趣味、全部が恵まれている人。
例えば、仮にAさんとしましょう。

Aさんは、仕事に恵まれていて、毎日の仕事を楽しんでいる。
そしてAさんは友人にも恵まれていて、友人付き合いにも時間を割いていて楽しんでいる。
その上Aさんは、家族にも恵まれていて、家族や親せき付き合いにもちゃんと時間割いていて楽しんでいる。
その上Aさんは、恋愛も充実していて、パートナーとの時間ももちろん用意していて楽しい。
その上Aさんは、好きな趣味があって、趣味にも時間割いててそれも楽しい。

こんな人いますかね?
・・ いたらなかなかスゴイですよね・・ちょっと怖いです
・・だいたい、まず時間的に無理ですよね
ちょっと想像しただけで「無理」ってわかりますよね

まず人間、だいたい仕事に割く時間が一番長いのが普通ですよね
あと睡眠時間とかお風呂とか食事とかいろいろ時間必要

その残り時間で友人・家族・恋愛・趣味をすることになりますが、残り時間そんなにたくさんは無いです

そして友人と家族と恋愛、これらは相手がいないと成り立たないことですが、それぞれの予定がバッティングしたりしますよね
全部こなすの大変かもです。時間的に難しいかも。どこかに偏りは出ます
そしてどこかを優先すると、どこからか不満が出たりする。例えば友達付き合いを優先すると家族から「ああ家族と過ごす時間より友達が大事な人なのね」って思われ家族に寂しい思いをさせてしまうこともあるかも。
たとえ家族ならまあそれでも許せてもらえても、恋人なら確実に嫉妬するし、ほっとかれたら怒るし他に行くかもでしょう(全然嫉妬深くない人なら問題ないかもですが、全然嫉妬しない人間ってほとんど居ませんからねえ)時に別れを切り出されるかもしれない。そこで恋人を優先すると友人たちから「最近付き合いが悪いね」と思われたり言われたりする・・。

どこかが必ず破たんしてきます。でもそれがアタリマエです。全部なんて無理

こんなのまず不可能なんですよ・・
物理的にも時間的にも不可能よ・・
なのに・・心のどこかで、全部を望んでいたりしてませんか?そんな「パーフェクトな自分」を。
(私はどこかで望んでいたかも・・欲張りだったかも・・^^; 特に若かった頃は)

そうなんです
その望み自体が物理的・時間的・空間的に「無理」かもなんですよね・・
現実の人間にゃ~まず無理よね・・もしできてもほんの一時的なもの。ずっとは無理

でも以下の人ならきっと可能なのでしょう。
「永遠の時間の中に生きる人」
「不老不死の人」
「分身の術ができる人」
「場所や時間をワープできる人」

・・スゴイね・・きっとこういう人ならできるよね。

・・もう人間じゃないよね^^;

たとえ人間でも「自分、家族や友人、恋人とテレパシー交信してるので、大丈夫なんです。時空を超えられるんで♪」的な人ならできるのかもしれないけど・・きっとかなり少ないよね(笑)。それにその人の相手が実際どう思ってるのか、ってのもまた別問題としてあるしね。

(いちおう)人間なら。時間と空間に縛られながらこの世に存在している普通の人間なら。

仕事、友人、家族、恋愛(パートナー)、趣味、
このうちで、恵まれてる部分って、たぶん1つか2つ。
それぐらいしか無理だと思うよ現実的に。人間ならねえ。多くて3つくらいかなあ

だから通常なら

・仕事は楽しいけど、プライベートは充実していない
・家族には恵まれてるけど、恋人がなかなかできない
・好きな趣味はあるけど、友達はいない
・恋愛には恵まれるけど家族(身内・子供)には恵まれない
・プライベートは楽しいけど、仕事が超つまんない
・忙しくて時間なくて趣味に時間を割けない

などなど。

でもバランスを考えれば、それが当然。全部はなかなか・・

そして自分で不満に思う部分、「満たされない部分」が
「自分で適切に行動すればどうにかなる、改善できる場合」と
「自分で行動してみても所詮どうにもならない場合」
とがあります。

どうにかなるならどうにかするほうがイイかもです。方法があることもあります。どうにかできる部分を最初からあきらめるのは非常にもったいないです。

でもそれがどうにもならない部分なら、諦めるのも大事です。

どうにもならない部分でも、諦めきれないなら、実際ジタバタ行動してみるのもなかなか良いです。実は私はこのタイプです^^
(でもそうすることで納得できたり理解できるのでけっこう貴重な体験になったりするのでそれも悪くないよ。何しろ納得できるんで)

ホロスコープにおいて、星の数は誰でも皆同じです。ただ星の位置などが違うだけで。

だから当然、恵まれてる部分と、恵まれてない部分ができてきます。全部パーフェクトなんてまずありえないです。星の位置が全部パーフェクトって・・どんな配置よ?(そんな配置があるなら見てみたいよ)

だから恵まれていない部分はもう「仕方ないね~」と受け入れて

より恵まれてる部分に目を向けることが大切だと思うんですよね。

でないと幸せにはなれないですよね・・

縁ない部分は努力してもどうにもなりませんからねえ・・

だって努力の範囲を超えてますからね

努力して何とかなる部分と、何とかならない部分は確実にあります。

その人に「与えられているモノ」は、与えられているけれど。それは自分のそばにあるけれど。

その人に「与えられていないモノ」は、与えられていないのです。だから求めてもムダなのです。

でも「与えられていないモノ」にばかり目を向けて、「与えられているモノ」に気が付いていない人も多い。そして時間とエネルギーを浪費する・・

もったいない・・

「自分に無いモノ」だからより欲しくなる気持ちもわかるけどねえ・・。

「自分にあるモノ」に目を向けた方が確実に幸せになれますよね。

人って「平均的に全部そこそこある」状態を望むのかもしれないけど、そういう人のほうが実はレアなんじゃないかと思うんですよね。

例えばハウスで、「平均的で普通」っていうのは、ホロスコープでは星が入っていないハウスになります。

全部のハウスに星が入っていない人って・・いないでしょ・・

「全てが平均的で普通」なんて人、実はいないんです・・(漫画や物語の中ではいるけどね・・だってそういうキャラって安心感があるから。でも所詮「架空の人物」)

自分が恵まれていない部分に目を向けてしまうと、世界が灰色にしか見えない・・
けれど
自分が恵まれている部分をちゃんと知って、そっちにちゃんと目を向ける。
そうすれば、見える世界の鮮やかさが違ってきます。

マダム・ファントムの西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679