贅沢な悩みほど人に相談しにくい。F1の車が走る音。モナコ・グランプリ始まった。「過剰に与えられる」なら自分でコントロールするしかない。アプリコット大量購入でカビ。今からジャム作るしかない。

モナコ・グランプリが今日から始まったようです。いつもとは違う車の音がします。(F1の車が走る音)

最近ずっと準備があってましたねえ・・私は「開催中」より実は、「準備中」を見るのがとても好きで。興味あるというか。面白いよね。「ああ、こんなふうに準備するのか、なるほどね~」って。私みたいに「準備中」観るのが好きな人いるか知らないけど、写真撮ったのであげときますね^^

この白くて分厚いのを道路の周りに設置するんです。激突しても大丈夫なように。これの他にもさらに3層くらい設置してガードレール代わりというか。

タイヤいっぱい

今私はモナコにいますが・・「モナコで暮らすのは私にはちょっと・・合わないよね・・」と思うことがあります。いっけん恵まれているように見えますが、実際はけっこう不自由な生活です。今日だって、グランプリのせいでどこにも行けないんだよ。アパートに缶詰。いつも行くスタバやカフェも閉鎖。グランプリ見に行く観客ならいいだろうけど別に興味ない人にとってはねえ・・

でもきっと「贅沢な悩み」としか思ってもらえませんよね。

贅沢な悩みほど言いにくい、相談しにくいんだよね・・。女性は「共感」を求めるとこあるみたいだからね。贅沢な悩みほど共感してもらえなくなるからね。(ただ私は共感それほど求めるタイプでもないけどねえ。それぞれ違いはあるので共感できなくても別に)。でもきっと同じようなこと経験した人でないと相談したくない人も多いよね・・だから贅沢な悩みで悩んでるけど人に言えない方、「贅沢な悩みね」と言われて反感や嫉妬されてしまうので誰にも言えないけど実は悩んでる方々は、私にぜひご相談下さい。親身になってご相談乗れると思いますよ^^。その気持ちはよく理解できるんで。

贅沢な悩みほど人に相談しにくいこともよくわかるし、誰にも相談できないからこそ、対策も立てにくいこともよく知ってるので。

ほんとに悩んで人に話しても「それって贅沢な悩みよね」って言われてしまうと何も言えなくなってしまう。そういうのは良くないと思う。

本人は本当に悩んでいるので。ただ悩みの内容を人から理解してもらいにくいだけで。

子供の頃から感じていましたが、私の両親は私に「過剰に与えすぎ」な面がありました。

でもこれを普通に相談したって。「幸せなことじゃないの」「恵まれてる」と言われてそれで終わりなのです。特に貧乏で困った人ほどそうでしょう。貧乏もきっとツライとは思います。ただ貧乏とはまた違った種類の悩みが世の中にはいろいろあるのです。

確かにちょっと聞くと「贅沢な悩み」かもしれませんが、食べ物など過剰に「食べろ」とか「食べなきゃダメ」と言われ、無理して食べたあと気分が悪くなり、吐くことがよくあったくらいなので、ちょっと普通ではありません。過剰です。

だから本気で悩んでいました。もう食べられないのに無理して食べ、気分悪くなり吐くって、小さい子供の体にはかなりキツイですからね。たまにならいいけど、それが「日常」ならどうよ?キツイよ。いつもお腹の調子が悪かった。

朝から食欲が無くてご飯が食べられないときも「朝食食べないなら学校行っちゃダメ」という「ルール」がありました。今考えてもなかなか謎のルールですが・・

私は小学生高学年くらいまで、虚弱で細く、足も棒のように細く、しょっちゅう病院通いだったのですが、だんだん成長するにつれ胃腸が丈夫になって来ると、たくさん食べても吐くこともなくなり、食べれてしまうようになったら、今度はかなり太ってしまいました。(吐かないから太ったともいえるんだけどね・・それはそれで困るよね・・)

ご飯は腹八分目が一番美味しいしカラダにもいいです。なんでも「適量」ってあります。少なくても多過ぎても具合が悪いのです。

ただ私の配置には「過剰に与えられる」配置があります。

箱買いのアプリコットとメロン。過剰です。とうとうカビ生えてきたよ・・あ~あ・・・生食向きの綺麗で甘いアプリコット。ジャムにするのは惜しい・・でも量多過ぎてカビる・・

あと写真撮ってないけど、リンゴもひと箱別にあります。冷蔵庫も満杯。たった二人暮らしなのにこの量よ・・そして食品がカビたりダメになるとモナコ・ガイはそれ見て激怒。「食べ物を粗末にするな!」と私に怒るのよね・・困るよ。

私が買ってきたわけじゃないのによ。なのに、私のせいになるのよねえ・・なんだよそれ。

「買う量が多過ぎるよ、箱買いしないでよ。たった二人暮らしなんだよ?食べきれないよ」といくらいっても全然聞かないのよねえ・・どんどん買って来るのよねえ・・

もう理屈じゃないのよ

(でも星の配置的には私に「過剰に与えられる」配置があるので、周りの人からすれば「私のせい」ってことになるのよ・・)

なんだか妙にいつも私のせいにされる・・(西洋占星術師になってから「ああ自分の配置のせいなんだな」とは合点したけどそれまでは全然納得できなかった)

冷蔵庫もいっぱいなので、冷蔵庫に入れることもできない・・

私は大食いじゃあないので食べることもできない・・

つまりこの場合きっと、私ができることって、保存食作るか冷凍するしかないってことだよねえ・・アプリコットジャム作るとか?

でも別に今、全然料理したくないのによ・・普段から料理なるだけしたくないと思ってるのによ・・でもしなきゃいけなくなるわけよ。不本意よ。かなり不本意よ。料理好きな人ならいいんんだろうけど、別に好きじゃないし、なるだけしたくないと思ってるのに・・(外食の方が好き。料理できないわけじゃないけどすればできるけど、外食の方が絶対好きです)

子供の頃は母が台所と食品、そして私をも支配していたので、私のなすすべがなかった。私は何もできなかった。無力だった。父は「もっと食わんか」といつも私に言っていた・・

親にとっては「子供を食べさせることイコール愛情」なのでねえ。それは自分も母親になってからよくわかった。だから子供の立場しか経験無い皆さんは「親が与えてくれたご飯」=「愛情」と考えてOKなんですよ。ご飯不自由なく食べさせてもらえて育った人は、もれなく全員親から愛されてます。断言できます。

ただ「与えすぎ」はきっと良くないんだろうねえ・・だってご飯与えられ過ぎで私も苦しんだもんね。吐いたりとか。こうなるとそれが「愛情」とは感じにくいのよ。だって苦しいから。無理して食べるのも、無理して食べて気分悪くなるのもどっちもすごく苦しいから。与えられるもので苦しまされるとそれを愛情と感じにくいだけで。(人は自分が欲しくないものを与えられてもあまり喜ばないしそれを愛情とも感じにくいものなのですね。逆に「愛されてない」とさえ思うというね。けっこうワガママよね。でも例えば自分の誕生日プレゼントに全然欲しくない物与えられたリすると「アレ?」って思うでしょ。例えば女の子なのにプロレス観戦のチケットくれる人とか、男の子なのに人形くれたりする人ってどう思う?それでその人から愛されてると素直に思える?)

でも相性が悪いとこんなもんよ。親が「子供にうまく愛情を与えられていないかも」と感じると子供に食べ物大量に与えてしまうのかもしれないとも思う。それが子供の拒食症や過食症にも繋がるのかもしれない。(私もたぶん子供の頃は拒食症気味で成長してからは過食症気味だったと思う)。ただ私も親になって愛情と思って一所懸命してたことが子供にとっては迷惑だったみたいなので身を引いたが、子供にすればきっと愛情の押し売りと感じていたのかもしれない。その辺の気持ちのすれ違いが難しい。相性が悪い場合は「気持ちが通じずすれ違うのが普通」と覚悟しておいた方が良いでしょう。つまりそれが相性が悪いという事なのですが。お互い何だかよくわかりませんよね~。

脱線したんで話し戻しますが

でも今は、自分でなんとかできる部分が増えたもんね。この場合は、自分でジャム作っちゃえばいいんだよね・・作るのめんどくさいけどね・・ただ食べすぎて吐くことと比べたら断然ラクかも(モナコ・ガイも私に「もっと食え」とやんわり強要してくるタイプ。私が食べたくない時も、私の手の上に勝手にパンやチーズ載せたりする)

ジャム作れば、とりあえずモナコガイに怒られなくて済むし、アプリコットも捨てなくて済む。(食べ物捨てるのはちょっと抵抗あるしねえ・・)

やっぱり、ホロスコープにある配置は「繰り返す」。

そして私は一人で暮らす配置でもないし、一人でいたいとも思わない。だれかと一緒にいた方がいい。そして家族は選べないけど、付き合う相手なら割と選べるからねえ・・

この場合私にできるのは、可能な限り相性のイイ人を選んで一緒にいるってこと。そうすればラクだし自分でコントロールできる部分もその分増えるってことだからね。

そんなに食べられないのに過剰に食べ物与えられるのはやっぱり同じだけど・・、そこは同じだけれど、自分で保存食にしてチビチビ食べればいいんだよね・・。今は自分にその自由が与えられているのだから。それに冷蔵庫やフリーザーが食べ物でいっぱいなら、モナコ・ガイもそれ以上は買い込めないことくらいわかるだろうから。

それでもモナコ・ガイがどんどん買って来るなら、もうこれネットで「販売」することも考えようかな。だって量がもう「業務用」に近い量なんだもん・・・または友人などにあげるか・・(でも迷惑かもしれないしねえ・・手作りだと断りづらいよね・・その辺外国人なら欲しい物は欲しい、欲しくないものはいらないってハッキリ言ってくれるだろうか・・あげて迷惑だと私としてもツライしねえ・・)

相変わらず妙な苦労が多い・・

モナコガイからは今、自家製酵母でパン作るように仕向けられている・・自家製酵母とはまた・・

「自家製酵母のパンと寿司でカフェやろう」などとモナコ・ガイは言う。私はカフェを餌にちょっと釣られそうになっている・・。

でも自家製酵パンと寿司の店って、組み合わせがなんかヘンだよね。ただ冗談で言ってるだけかもしれないよね

それにしても、妙な苦労っていろいろあるよね。そして本人は本当に悩んでいる。でも悩みの内容を人から理解してもらいにくい。そういう悩みって世の中意外と多いよね。

とっても分かりやすい例で言えば、たとえば「ストーカーに悩む」とか「男性に妙に好かれやすく後をつけられやすい」女性なども相談にいらっしゃいましたが、それ普通に相談すると「自意識過剰じゃないの?」「自分がモテると思ってるんだ」などと思われたり言われたりしてまともに相手にしてもらえないことも多いよね。可哀そうに・・時に「あなたが誘ってるんでしょ」とまで言われて傷つく・・(これは私も言われたことがあります。これ言われると「もう絶対相談するもんか」と思い心閉ざすだけですね。「困った時は相談してね」と言われるから相談したのにこう言われるともう絶対相談しなくなる。ただ客観的な意見としては参考にはなるけどねえ。「ああ、そう見えるのか」ってことで。あとは自分でできることから対策していくしかない。そうしていく中でだんだん解決に近づいていく)

家族の相談にしてもそう。私は以前、家族のことを相談してみたことがありますが、相手の方が家族に恵まれない人だったみたいで(そうとは知らず)「家族居るだけいいじゃないか文句言うな」といわれて何も言えなくなってしまったことがあります。

金も、家族も、無い人から見れば、ある人は「恵まれた人」となります。

「持っていない」ことは可哀想とされ、「持っている」ことは贅沢とされます。でもそんな単純なことじゃあないと思う。「持っている」からこその悩みもある。金持ちだから殺された人もいる。信じてた親類から遺産を盗まれたりもする。(今のモナコ・ガイさんがそう。こういう悩み、誰にも相談できないよねえ。男は別に人に相談したくないみたいだからそれならそれでいいけど)

だいたい本当に悩んであるからこそ、わざわざ相談にいらっしゃるわけなのでね。それに「この人ストーカーしちゃう男きっといるだろうな」というのもわかるので。(私はもしかしたらその辺割と「男目線」なのかもしれない。普段から可愛い女の子見るのが大好きだしねえ)だから「誘ってる」と思われ責められてしまう状況もわかるし、ご本人が自覚ないってのも「そうなんだろうなあ・・」と思うしねえ・・何しろ持って生まれたものなので。

そういう場合、西洋占星術的に解決方法はもちろんあります。ただ説明してもそれをご本人が理解できるか、理解してもらえるか、実際行動するかどうかはまた別問題なんでね・・説明が難しいのよね・・

でも、わかってもらえてたらいいんだけどなあ・・