私の「役割」は「傷ついた人に寄り添う」。思えば子供の頃からそれをやってきたかも。その代償に良い教育や綺麗な服を与えてもらってたのかも。そしてそれが母からモナコ・ガイに代わったんだと思う。その代償として今モナコで暮らせてるってことかも

昨日ですね~

先日のパーティの参加者の一人(女性)からメッセージもらって
「ちょっとモナコのバーで少しお話ししませんか」ってことだったのでちょっと会ってきたんですよね

夜7時半くらいから9時くらいまで、モナコのヨットハーバーの前のバーでおしゃべりして帰った。

家帰ったら。モナコ・ガイの様子がまたおかしくなってました・・

モナコ・ガイ、帰宅時に私が家いないとすごく機嫌悪い

なんかいろいろしゃべるしゃべる。でもしゃべり方がなんかヘン。話の内容も変。 それからやおらアパート中、全部モップ掛け始め。夜11時ごろからよ。
その後「苦しいからもう別れたい。その女性のところに荷物持ってけ」

「はあ?たった2回しか会ったことない人の家に?なんで?」

なんかスゴイ荒れる荒れる
それもよく理解できない、なんか訳の分からん荒れ方

そして夜中12時頃にジョリジョリ音がするのでなんだろうと思ったら
髪の毛全部剃り落とし。
・・いきなりスキンヘッドになっていました

あらまあ~ツルツルよ
スキンヘッドしたの
なんなのいったい

傍で見てるともう。感情が暴走して自分でもどうしようもない感じ?ですかねえ。・・思わず笑ってしまいました。

そしてふと「・・こういうのどっかで見たことある・・」と思いました。

実は、私の実の母も幼いころに母親を病気で亡くしています。

・・幼い頃母親を幼くして亡くした人って、確かにこんな感じかも・・理解できない激しい反応の仕方する・・なんか反応の仕方が似てるな・・と思いました。 (モナコガイが6歳の時離別し20歳まで14年間、一度も会えなかったとかいう母ね。一度も会えなかったらしいよ。それも期間が長いよ。ほぼ「突然消えた」感じ)

私は何か「その人がやたらこだわっている人」「その人が会いたいと思っている人」などを妙に私の上に重ねられているような気が・・そんな気がすることがとても多いです。実際そうだと思うよ。
(ウォーキングディクショナリーならぬ、ウォーキング霊媒?というかウォーキング生きてるスクリーン?みたいな)

きっとまた「重ねられて」いるのです。母親を幼いころに失くしているモナコ・ガイ。きっと私が目の前から突然いなくなることが怖いのです。月ドラゴンテイル合。「母親がいない」「母親と縁が薄い」配置もちね。これもう持って生まれたモノよ。でも「外国生活」とか「外国人妻」「そうとう変わった妻」とかだといいんだけどね。確かに外国生活長いよ。モナコ住んでもうすぐ40年くらいになる。

幼い頃、母親を失った喪失感というのは、きっと計り知れないものなんでしょうね。経験したことない人にはわからないものがきっとそこにあるんだろうなあと思う。

・・いきなり母親消えたら子供は困るよね・・モナコ・ガイはきっと悲しんだろうと思うし、そしてきっとそのことについては、今も感情の制御ができない部分があるんだろうなあと思います。

でも私は面白くてついゲラゲラ笑ってしまいました。(ほんと不謹慎なのですが・・自分でも「なんで私この場面で笑う?」と思うよ実際)

もしこれが初めての経験だったら理解できなくて狼狽するかもだし悩むか「何なのこの人?!」と怒るか呆れて距離置くとかそういうところかもと思うのですが、実の母で経験があるし理解もできるからですかねえ・・

多分それが私の「役目」だからですかねえ・・(確かにそういう配置かも)

でもモナコ・ガイにとっては私が笑い飛ばすので、かえってラクみたいですけどね。

そういえば、初めてモナコガイに会った頃、会うたびいつもいつもお母さんの話をされてちょっと困惑してました・・

会うたび私にお母さんの話されてもさあ・・困るよ。(デートの会話としては全くふさわしくないでしょう^^;)
「いったい何なの?なんで私にいつもお母さんの話する?もう聞き飽きたよ」などと正直思っていました。そう思いながらもただ聞いてお茶飲んだりお菓子つまんだりしてました。
(やっぱり他人の家族のことにはなかなか口出しにくいしねえ・・そういうややこしいこと英語で言うのもめんどうなのでうんうんと黙って聞いてた)

今思えば。
これってほぼセラピーやん。ほぼ心理カウンセリングやん

無料セラピーやってたのね私

ただ何度も何度も同じこと話すので、聞いてる方は正直飽きて来るのよねえ・・
あと「お母さんが悪い」ってお母さんを責める内容が妙に多かったので、私もだんだん腹立ってきて言ったことあります。

「それはお母さんだけが悪いんじゃないんだよ。離婚のときは子供は巻き込まれるよね。大変だと思う。でもそれはお母さんだけが悪いんじゃないんだよ。お父さんも悪いんだけど、一緒に暮らしてるのお父さんだから面と向かって悪く言いづらい上、お父さんが社会的地位があるから周りの人たちがみんなお父さんのこと悪く言わず、お母さんのことだけを悪く言うだけの話ね。あと相性が微妙だったら人間同士、つらくなって別れることもあるんだよ。そこはもう仕方ないよ。本人たちにもどうしようもないことってあるよ。相性はどうしようもないんだよ」

小さい頃に母親を亡くした人の心の傷って、計り知れないものがあります。

6歳で母親がいなくなる。それもまったく全然会えない。手紙も電話も無い。そして後妻が嫁いで来る。後妻の兄弟姉妹も生まれてくる。きっとものすごくツライ思いしたはずです。かなり相当可哀想ですよね。

だからお母さんのことに関しては、心の傷と言うかトラウマで、もう自分の感情がどうにも抑えられない感じですねえ・・。
自分でもきっとどうにもならなさそう。きっと制御できないんだ・・自分で制御できる範囲をたぶんもう超えてるんだ・・

幼いころに母親を亡くすということのダメージの大きさを思い知ります。
たぶん脳に相当ストレスとダメージ受け続けたんだろうなあ・・ツライ幼少期ねえ・・
でもそのつらい経験が、モナコ・ガイの成功の基になったのかもしれないけどね
故郷出てたった一人でモナコでそこそこ成功するってスゴイことよね
普通なかなか出来ないよ

でも、人の(ささやかな)幸せとしては。
小さい頃、とりあえず母親がいただけで、それはそれでかなりラッキーなことなのかもしれない・・と思いました。それがどんなに悪い母親、問題のある母親、毒親だったとしても、とりあえず、いるだけでいいのかも。いないよりは確かにマシそうな・・気がするねえ。・・さすがにこういう人を目の当たりにするとそう思う。何か違う。親いるけど相性悪かったり毒親持ってる人と幼い頃親亡くした人では何かが違う(と私は感じる。死別とか離別で幼い頃、母親に全く会えなくなると心理的トラウマがなんかスゴイことになってる感じ。本人のキャラが変わってしまうくらいのダメージあるみたい。高校時代に友人の男子がお母さん、女子がお父さんを病気でそれぞれ亡くした。男子の方はそれまでは快活だったのにまったくしゃべらなくなってしまい、女子の方も天真爛漫キャラが一変してしまい、医者になった。自治医科大学にストレートで入った。お父さんが民間療法が好きな人だったことが理由らしい)

親がいて毒親の人の多くは割と「ものすごく怒り方が激しい」「ちょっとグレるかも」な感じを受けます。もちろん精神的なことを乗り越えることはとても大変ですが、親を早くに亡くした人は、その死をきっかえに人生が大きく変わった感じを受けます。

親との問題にしても、親が生きているといないで、なんだか全く「質が違う」というかねえ・・、
上手く言えないけど何か「質が違う」
全然全くかなり違ってくる部分みたいだなあと感じます。たぶん違うと思うよ。

「生きてるお母さん」に対する恨みつらみなら、言いやすいし、自分が親になるとかしていつか解消することもあるかもだけど・・
死んだ人を恨むのは難しい
とても難しい

気持ちの持って行き場が無いだけに難しい

でも彼も私の上に彼の「お母さん」の面影を重ねて見ていた可能性が高そうねえ・・

私の役割はそういう人と「一緒にいること」みたいだね。どうもね。

もう生まれつきのモノだもんね。ホロスコープ見ると「ああ生まれつきなんだな」ってあきらめもつくよ。でもホロスコープ読めなかったら「なんで私だけこんな目に?ヒドイ」ときっと思ってたと思うよ。子供の頃から「なんかヘンだな~」とよく感じてたけど、もう配置通りなので受け入れるしかないよ。

「そういう役目を背負って生まれたんだな」って。

私の火星はMC近くで天秤座16度 「人間関係で深く傷を負い修復が必要」ってところですね。360度の度数の中で一番「トラウマ」と関連するところです。その火星と月が近いので、私は深く傷ついた人に寄り添っているのが「社会的立ち位置」ってことですね。
それが子供の頃は母で、今はモナコ・ガイってことですかね

この火星、自分で使うと自分が「傷ついている人」になるのでしんどいのよ・・。それよりも「傷ついている人」に寄り添ってる方が自分の気分的に楽。(ただ子供の頃は全然そうは思わなかったけど。それは母との相性が一緒にいるのが難しい相性だったからだと思う。必ず絶対ケンカ別れする相性。仲良く穏やかに一緒にいられる配置ではないので)

私の場合、対人関係では、何かしら「面白い」「楽しい」「美味しい」がないとちょっと無理みたいですけどね。(何しろパートナーの7室が金星なので。女なら綺麗な人か面白い人、男は見た目はどうでもいいけどやっぱり面白い人が好きですね)

モナコ・ガイ、けっこう面白いし料理上手なのでOK。配置に合ってる。

そういえば、モナコガイが古傷うずいて感情が乱れているとき、私がついゲラゲラ笑ってしまうのも、なかなか金星的な反応なのかもですね。
母の場合も私が母を笑い飛ばしてあげれば良かったのかしら・・
でも子供だった私にはできなかった・・訳が分からなくてすごく混乱してたし困ってた。でも「なにかがヘンだ」というのはよく感じてた。当時すごく混乱したけど、その経験が妙に役に立ってるなあと思う。

母のことで経験があるからなんとなく感覚で理解できるのと、相手が男性なので、つい笑えてしまうんだと思う。(だってスキンヘッドしたりするし。それも夜中にジョリジョリ。ウケる)

まあ、いっけんヒドイけど、それによって問題が酷くなることを防げるからそれでいいのよ。
(この場面で2人とも激情に振り回されてたらただケンカ別れになってしまうだけなので)

何がいいのか悪いのかなんて、ホントわからないねえ・・

まあ私の今の西洋占星術の仕事も「傷ついた人に寄り添う」仕事と言っていいので、まあこれで合ってると言えそうですね。(ということはヨーロッパでもたぶんこの仕事しなきゃいけないって事よね。イタリア語の勉強を本気で始めることにしました。モナコ・ガイの店の客もイタリア人客が一番多いし)

マダム・ファントムの西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679