モナコでカラオケ行くことになりました。ゲーセンやレストランカラオケのモナコじゃないよ^^;

日本、カラオケボックスがあちこちにあっていいよね。私もカラオケ大好きなんで日本でももちろん定期的に歌いに行ってたし、台湾でも行ってた。台湾では昼間から開いてるカラオケ喫茶がけっこうあるので。それも5時間いて700円くらいという。それもウーロン茶付き。来てるの地元の台湾人たちね。

でもヨーロッパ、カラオケ専門店ほとんどないんだよねえ・・たまにバーで不定期でカラオケパーティがあるくらいで。だからもう3年くらいカラオケ行けてないと思う・・カラオケ好きな日本人の一人としては、私もたまにはカラオケ行きたいのよ・・だけど、夜8時半には帰りたいので、それだと自分で主催するしかないのよ・・だって早い時間に始まって終わるイベント自体が無いのでね。だいたい夜8時か9時始まりなのでねえ・・それだと私にとってはもう家に帰る時間なんだよ

それで「カラオケ一緒に行きましょう」的に自分で集めてみたら今4人くらい集まってる。女性ばかり。綺麗な人たちがやけに多い。ブロンド美人とかねえ。嬉しいねえ。やっぱり私が主催すると女性中心で集まるみたいだねえ。私が自分から何も主催してないと、妙にヘンな男ばっかり集まってきて振り回されて困っちゃうけど、主催すると集まる人たちから全然違って来るんだねえ・・

それならやっぱり主催した方がイイね!!自分でやったほうがいいね!!

なぜならそういう人たちと一緒にいることが結果的に「自分を守ることになる」のでね。それってとっても大事よね。

周りの人たちも付き合う人を見て判断するものだからね。

海外、カラオケ店自体がほとんど無いんよねえ・・・あっても機材もちゃんとしたカラオケ機材じゃないもんね。自分でテレビと繋いで自分でセッティングしてやるヤツなんだよね。やり方覚えて、自分でやれれば昼間からもカラオケパーティ主催できるかもしれないねえ・・。次回しっかり見て覚えてこようと思う(特に何も機材いらなくて、やり方も簡単に覚えられるもんならだけどね)

今歌う歌、いくつか練習中。
(主にモナコ・ガイのフランスの店でこっそり練習。モナコのアパートだと静かすぎてなんか歌いにくくてさ)

ヘレン・メリルさん。「甘い痛み」を感じさせる独特の声ですね。まあ、天才なんですね。他の歌手の人も同じ歌うたってますけどまったく違いますからね。聞いてると脳髄うずく感じですね。まあスゴイですね。金星海王星ベスタ合の上、金星・水星・木星・火星でセミヨードできてますからね。まあこりゃあ虜にされちゃいますよね。

<関連記事>◆【ホロスコープの活かし方】「ニューヨークのため息」Helen Merrill のホロスコープ活用はやっぱり凄かった

こちらも名曲ですね。でも歌うの難しい・・歌唱力が・・(-_-;)

▼これ歌いやすい上にハモリまでついててイイ!!▼

Attention – Charlie Puth (Karaoke Duet) | Sing! Karaoke by smule

あとフランスで有名な歌

この歌けっこうすぐ歌える

あとフランス人が知ってそうな日本の歌も歌えば盛り上がるかな~と。

残酷な天使のテーゼ
Zankoku na tenshi no teeze – Yôko Takahashi

X JAPAN の Crucify my love これ歌うとシーンと静まり返ってしまう・・のでたぶん私的には十八番だと思うし「みんな聞いてくれてるんだなあ」とは思うけど・・でも場があまりにシーンとし過ぎて、私の歌で感動させてるのか盛り下げてしまってるのかどっちかよくわからなくなってしまうことが。モナコでX JAPAN歌ったらどんな感じなんだろうか・・

イタリア語の歌もレパートリーにひとつ入れようかなあ

やっぱりカラオケで盛り上がるのはこういう曲でしょうねえ・・でもモナコではどんな感じなんでしょうねえ・・。行った後でまた報告書きます。
Andiamo a comandare di Fabio Rovazzi (karaoke)

この曲は日本居た時も時々歌ってました。

Livin’ La Vida Loca Live Ricky Martin

リッキー・マーティンのイタリア公演。こういうハメ外した歌がシックリ似合うのはやっぱりイタリアとアメリカかなあ・・

これはフランスやモナコで歌う歌じゃないかもしれないねえ・・フランスとかモナコってなんか「抑制」が効いてるというか、なんかイタリアとは全く「ノリ」が違うんだよね。音楽やミュージシャンはやっぱり少しクレイジーなトコあったり、多少ハメ外してたりするほうが、やっぱり魅力あるし楽しいもんね。