人のことを羨ましがってても仕方ないので。自分の競争相手は「自分」。コツコツやり続けるのみ。ヘンな話、日本と相性が悪いから、家族と相性が悪いから、こうして一人で海外に来れた、ともいえるし・・。 何がいいのか悪いのかわからないねえ。禍福は糾える縄の如し

まあでもね。人のことを羨ましがってても仕方ないのでね。

先日の記事は「サッチーうらやましい」でしたねえ^^

叩かれようと嫌われようと関係なく、あれだけ「自分」をガンガン打ち出せるのがスゴイしうらやましいわ

でもあれだけガンガン行かないと「やられてしまう」的な意味合いも実はあるんだよねえ

なりふり構っちゃいられなさそうな配置。確かに敵も多かったよねサッチー

この配置じゃあまず相手に迎合できない。男に適当に合わせるとかもまず無理。かかあ天下しか「できない」

男に従うと自分が潰れていく(そういう配置の人もいます。鑑定依頼者にもいらっしゃいますよ)

他人から好かれようと嫌われようと、きっとどちらでも良かったんだろうね

そこが潔く見える所なのかもしれないね

人に好かれようと嫌われようと関係なくただひたすら自分の道を行く

確かに人から好かれるかどうかと、自分らしさとはまったく関係ない事だよね

人がどう思うかはその人による

イイと思う人もいれば「ちょっと・・」と思う人もいる

だから本来、気にすることでもないよね

「人から好かれるのを目的」なんかにしちゃうと、確かに人生間違いやすいかもよね
(アイドルとか人気商売で食ってる人を除き。彼女らは「大衆の(勝手な)夢」を具現化するのが仕事みたいなもん。「その人らしさ」なんて当然のように無視される世界。よく考えるとすごい大変な仕事かも)

それによく考えてみると
競争相手は「自分」よね。特に人生に関しては。

競争相手は他人じゃあない
(他人に勝つのを無情の喜び・生きがいとする人たちを除き。あと他人って自分以外全部他人なんで億単位でいるんでよく考えるとその競争ってキリがないんですけど^^;それでもやるの?「競争が好き」「他人にちょっとでも勝つのが嬉しい」的なタイプじゃない限り無理じゃない?)

私の場合、どんだけ自分らしく納得して生きられるか、ってことになるのかな

いろんな人にいろんなイメージで見られやすいのは、その辺がちょっと曖昧だからかもねえ

まあその辺が曖昧なのが自分らしいっちゃ自分らしいけどねえ

自分らしく生きることを自分と競争するって感じ?

自分がどこまでやれるか、それ次第

競争相手が自分なので、ゴールは無い

競争相手が自分なので怠けようと思えば怠けられる

ただ時間との競争になるのかなあ

寿命が尽きるまでに、どれだけ自分らしく自分が納得できる生き方ができているか

「ああ~寿命来た~ここまでしかやれんかったか~」みたいな?

それよりは
「ああ~寿命来た~お迎え来た~でもここまでやれたからまっいいか」と思いたい。

もちろんきれいごとだけじゃなくて、ホロスコープをトータルでどれだけ使えるか、って意味で。

「どこまで自分になれるか」って意味で。

ゲームの「ステージ」どこまで行けるか、となんかちょっと似てるかもねえ

タイムリミットは「寿命」

ということは寿命延ばせばタイムリミットも伸びるって事か・・

あ、そういえば、モナコ・ガイさんの家系って長寿家系・・これはイイかも。まさかそのための出会い?!^^;エッ

(モナコ・ガイさんの家系がやたら寿命が長くて。お父さんは95歳くらいで亡くなって、お母さんは現在93歳で今もお元気。祖父も長寿だった。なんでそんなに寿命が長いのか知りたいので現在いろいろ観察中 |ω・`)ジーッ
男なのにBIO(オーガニック)にいつもこだわって買い物するし加工食品一切買わないし食べないし外食もしない。タバコも酒も飲まないしよく働く。家事もするし綺麗好きでいつも掃除してるしまあ確かにいろいろ特徴はあるねえ。いかにも長生きしそうな人ねえ)

とにかく
ホロスコープ上の星の数は誰しもみんな同じ

恵まれているところもあれば、恵まれていない所もある
恵まれているように見える人は、自分と恵まれてる部分が違うだけ。恵まれていない部分も当然ある。
恵まれていないように見える人は、自分と恵まれていない部分が違うだけ。恵まれている部分も当然ある。

そういう意味で意外とバランス取れてる
いっけん不平等なようでよく考えると意外と平等に近い

だから人とは比較しないほうがいい。
意味ない上に、ムダに焦ってしまって、自分の道を間違ってしまうから。

人と比較してしまう時ってきっと自分が自分らしくイキイキ生きれてないとき

あと自分に足りないものを持っている相手

自分のなるべき姿や理想に何かしら近い人(に見える人)だったりする・・

だからもっと自分らしくなれば別に羨ましくなくなる

私も時々なぜか「うらやましい」って言われることあるけど、私のどの点がどううらやましいのかよくわからないけれど
それなら例えば向いてる仕事してヨーロッパ来ればいいだけの話。実際やってみれば意外と簡単よ。やってみ!^^(具体的にご自分がどうすればいいのかわからない方は合ってることや方向性・方法などお教えしますよ。あなたに合った方法で)

実は将来したいことがあるので自分でルーティン決めた

ノルマを決めて毎日こなすようにした

毎日コツコツやってると、お客さんも喜んでくれる

ノルマ決めて毎日こなすことによって、先の見通しも立てられるようになってきた

その上、モナコ・ガイが意外な面で協力してくれてビックリ(頼んでないのに)

この先ヨーロッパで暮らしていくための道筋が見えてきたというか

だからあとはコツコツやり続けるのみ

「自分や家族や親しい人を守るために動く」ということを続けてきたら、いつの間にかこんな遠くまで来ちゃってて・・・自分でも「アレッ?!」って感じだけど、まあこれはこれで私らしいなあとも思う

モナコ・ガイさんは今まで出会った人の中で一番相性がいい。
だからここに来たことは私にとってやっぱり正しいんだと確信できた。
やはり相性が良い人と出会えることって、人間の幸せのうちの一つだと思うんよね
(相性が悪い人たちのためについ一生懸命頑張ってしまい迷惑がられたり、お互いドツボにはまっちゃった苦い経験の数々がその背景としてあるわけですが)

だから相性が悪い人たちと縁が切れることは、お互いの幸せのために必要なことなんだきっと

最近やっとそう思えるようになった
人間なので親しい人や身内などには「執着」はどうしてもあるものだけれど
相性の悪い人との関係では、お互い「執着」を手放してあげることがとても大事だと思う

そして海外に出るほど良い相性の人たちと出会えるようになった。
相性がイイ人と出会うのは「生き方の方向性、合ってますよ!」という「目印」みたいな感じがするねえ

まだ会う前から脳裏にモナコガイさんの顔が浮かんできて。「早く来てくれないと死んでしまうよ」って言ってたので、「なんだこの人?誰?」と半信半疑でモナコに来たけど、ホントに会えた。それもけっこうすんなり会えた。というかバッタリ偶然会う回数があまりにもハンパなかった。こんなにバッタリ偶然何度も会う人も初めてだった。そんな感じでやたらとよくバッタリ出会うので、出会ってからはすんなり一緒に暮らすことになった。

自分のカンには従った方がいいんだなってことも良く分かった。

でも、人生何が起きるかわからない・・もし不満が溜まれば別れることもあるのかもしれないしねえ
(今は私が寒がり過ぎでモナコガイさんが暑がり過ぎなのが困ってる。一緒の部屋にいることが難しい。一緒に居ると寒くて私が風邪ひく。というか今風邪ひいてる。もう秋なのになんでそんなに暑いのかね?)

まあでも当分一緒に居る気はするけどねえ。それなりにねえ

私がもっと私らしい生き方すれば、もっともっと相性の良い人に出会うのかもしれないけどねえ

できるだけ相性の良い人と出会えることを楽しみに自分らしく生きようとしてるのかもって感じもする

最高の相性って、人それぞれだけど、モナコガイさんは、私にとって最高の相性の人になるのかなあ

わからない

それとも
まだまだもっと頑張れってことなのかな

まだまだ移動しなきゃいけないのかな

わからない

でも今は動きたくない

モナコ・ガイさんとも相性イイのでこれはこれでいいのかもしれないけど

わからない

きっとものすご~く最高に相性イイ人に出会ってしまったら。
私は、きっとそこから動けなくなる

でも私が動かないのはちょっと違う気もする・・

最近あちこち行きたい移動したい気持ちが無くなったのは確かにモナコ・ガイさんのせいもある

ただ私が定住するのなんか似合わない気もする・・

このまま定住??? う~ん・・なんかピンと来ないねえ

ヘンな話、日本と相性が悪いから、家族と相性が悪いから、こうして一人で海外に来れた、ともいえるのよね・・。

たとえばさ
日本に相性の良い人や相性の良い家族がいて「お互い離れたくない」「離れられない」「お互いが必要」って感じだったり、仕事や生活が何かしら保障されてたり、自分を幸せに守ってくれる人達、または守ってあげたら喜んでくれる人達などが誰かいたらそりゃ日本いるよね当然(一般的にはそういう人達が多いよね)

私にはそういう人達がいなかった

でも居ないからこそ一人でヨーロッパ来たし来れた

だから何がいいのか悪いのかなんてわからない

禍福は糾える縄の如し

私はもともと日本が向いているとは言い難い配置
なのに
「でも日本人だし」「日本で生まれ育ったし、家族も日本人だし。日本語話すし」ってことで
いつまでも「日本で頑張ろう」「努力すればなんとかなるかも」「自分でなんとかしよう」と
向いてないのにも関わらず
「いわゆるまとも」になろうと頑張り過ぎちゃったのがいけなかったのかも。

日本で日本人らしく「まともに」暮らすとか、公務員目指すとか普通に結婚して子供持つとか、そういう「ふつう」と言われる数々のこと「そうしなきゃ」「それが幸せ」と世の中で言われているたくさんのこと

「自分に向いてないこと」を一生懸命頑張り過ぎたなあ・・と思う

「みんながそうするから」「それが(世間では)イイと言われているから」ってことで頑張ると道間違うかもよ
なぜなら
「みんな」と「自分」は違うことがあるから
「みんな」にとっては「合う」ことが自分には「合わない」ことってあるから

そして
がんばればなんとかなる事なんて、実は少ないと思う

努力しても一時的に何とかなるだけで(難しい試験に合格するとか・いいとこに就職決まるとか)
・・でもその後が続かないよね・・

だって向いてないんだもんね
つまり自分で努力してなんとかできる範囲を超えてるのよ

自分の努力でなんとかできる範囲を超えてることを頑張り続けるって・・(;’∀’)そりゃ大変だし努力は当然ながら報われない

そのことに若い頃は気づかなかった。「努力すればなんとかなる」なんて甘いこと考えてた。「努力すればなんとかなる」って学校や家庭では教えられるけど、社会に出ればそれが嘘だってわかる。とても甘い考え、そして傲慢な考えだったって気づく。

「努力すればホントになんとかなる??」

努力してなんとかなる世界に住んでる人、住めてる人って超ラッキー。
向いていないこと努力してるとホントに努力の甲斐がない。時間とエネルギーの空回り。

鑑定依頼者の中には日本で散々な目に遭っていて暗くて。人間関係大変で。
でも、海外では明るく元気になれる人もいる。海外では人間関係にも恵まれる。

だけどたとえそういう人でさえも、なかなか海外で暮らす踏ん切りまではつかないみたい・・。

その気持ちはよくわかるけど、向いてることしたほうがいいし、向いてる場所に居た方がいいと思う。

そのほうが長い目で見て自分も周りも幸せにできる。健康にもなれるしねえ

そして行って住んじゃえば、意外となんとかなることに驚くはず。

なぜなら、向いてるから。

向いてることしてれば、なんとかなるんだよねえ

向いてないこといつまでも頑張ってるから、トラブル多いのかもなんよねえ

向いてることした方がいいよ

そして向いてることって人それぞれ違うしね

他人のマネして他人と同じことしててもうまく行かない。シックリ来ないし納得もできない

相性が良い人と楽しく協力して暮らすのも幸せなのかもだけど

「突破力」の強い配置の人の場合(Tクロスもちとかね)・・きっと物足りなくなるときがくるかも・・

そして私もモナコ・ガイもTクロスもち。行動力・突破力ある者同士。
どちらも自分の国から単身で出てきたし基本一人で仕事してるし。
モナコ・ガイも家族で相当苦労した人でそこも似てるし、ベースの考え方も妙に似てる。
似た者同士にやっと出会えた気がする・・

日本では似た者同士とか考え方が似てる人になかなか出会えなかったのに・・
遠くヨーロッパまで来たらやっと出会えたというね・・おまけに外人やし・・バックグラウンド全然違う割に共通点が多い

というか「人生前半でしてきた苦労」がものすごく似てる

日本人同士だから似てるはずだから合う、とか
外国人同士だから文化違うから大変、とか
そういうことじゃあない

それよりもっと重要なことがある

相性が悪い人や家族の苦労やイヤな出来事が起爆剤やバネになって、思い切ったことができる場合って確かにあるよね

だから、家族や周りの人たちと相性が悪くてすごく苦労している人たちって、実は「チャンス到来」「飛躍のとき」なのかもしれないんだよねえ

その辺はほんと人ぞれぞれ。でもチャンスなら活かした方が良い。
そうすれば
トラブルや苦労を飛躍するためのバネやチャンスに変えることが可能になってくるから

「安定」すればいいってもんでもないんだよねえ・・
なぜなら人によっては「不安定」が合ってる人もいるから

安定するのが合ってる人は安定したほうがいいし
不安定が合ってる人は不安定のままのほうが、かえって安定する

不安定が合ってる人が無理に安定しようとすると、かえって突発的なことが周りでいろいろ起きて振り回されてしまうこともある。結果的に不安定になってしまう

だれでも安定が似合うわけじゃないし合ってるわけでもない
「不安定の中の安定」もある
その辺はほんと人ぞれぞれ

海王星などを「不安定」で使うのがどうしても嫌なら他の使い方すればいいしね

最近
MCなどに「噴火する火山」などの配置を持つ人が鑑定依頼者に何人か続いて、その凄まじい激しさに驚いた
「短気」とかそういうのとはまた違うタイプの激しさ

私にはそういう激しさ、そこまでの激しさはないなあと感じた

そしてどこか
「激しさを楽しんでる」感じの人たちだった。シリアで爆撃の中を逃げ回る経験をした人もいた。でもそういう危険なシチュエーションでさえも「楽しめて」しまう人たち。そしてそれがないと「死んだように」なってしまう人たち・・

ああ、個性が違うんだ、と思った
ただそれぞれ、個性が違うんだ、と思った

その人の個性に合ったことするのが一番いい。それがどんなに変わった個性だったとしても。

でないとその人が「ゾンビ化」してしまうから・・
たとえ危険だったとしても、「ゾンビ化」するよりはましかもしれないから。
「ゾンビ化」するってことは「死んだように生きる」ってことだから。それだと生きてる甲斐も無いから。だんだんホントに死にたくなってくるから。

私は天王星強いから、どうしても「移動」で出やすいけど、モナコ好きだし、フランス好きだし、これ以上の移動を止めるには、フランスで何か変わったことすればいいのかもねえ
(モナコではまずできない。モナコ・ガイが嫌がるしモナコって実はすごい保守的なところ)

実際してみたいことがあるんで、今ある「練習」をしてる

一人で練習してるけど、それがけっこう楽しい

土星強い人って「コツコツ」「一人で練習」「一人で勉強」みたいな感じよね

「みんなでやろう」とかしてた。それ無理があったのかもよねえ

誰でもが「みんなでやりましょう」って配置のわけじゃないし
一人が向いてる人もいる

コツコツ確実に練習する、成果を上げる、で使うといいよね
結局、コツコツしたことが一番確実だよね

土星を「苦労」や「鬱」で使い続けるのはキツイからねえ。
「コツコツ」で「自分から」使うのがイイね。

最近、カンがますます鋭くなってきたのを感じる

たぶんそっち方面に行くんだろうなあ・・と思う