に投稿

カルチャークラブ、ボーイ・ジョージのコンサートは大盛り上がり。私も久しぶりに踊れた。ファンのイタリア人おばちゃん3人組も私の隣でガンガン踊っていた。イタリアはやっぱりイイ!!皆さんしたいことしてノビノビ

先月11月末のことですが、まだ記事あげてなかったので書きます。11月末、毎年モンテカルロ・ジャズ・フェスティバルが開催されるのですが、今年はカルチャークラブのボーイ・ジョージのコンサートがなぜかモンテカルロ・ジャズ・フェスティバル中に開催されていました。(何でもアリやな~)

写真の右端の黄色いのはモンテカルロ・ジャズ・フェスティバルのポスター。
「え?ボーイ・ジョージってポップスターよね、ジャズじゃないよね」ハテ?と思ったのと
「ボーイジョージってもうけっこうトシやけど今でも綺麗なんやろか」という興味本位な気持ちと
「もしかしたら踊れるかも?」と感じたので、チケットを急きょ取ることに。

この2年、ろくに踊れてないので、冬になると腰痛出るんで・・腰痛だと椅子に長時間座れなくなるのでパソコン作業がしにくくなるんでねえ。仕事するには健康でないとねえ

場所はモナコのオペラ座。全てシート席でスタンディングでは無い。その前にジャズミュージシャンのコンサートも行ったけど踊れる感じじゃなかった。誰も踊ってなかった。ボーイジョージコンサートでも踊れるかどうかがよくわからなかったので、とりあえず一番端っこの席を取ることにした。(端っこだと立ちあがって踊りやすいかもしれない・・と思ったので)

そしたら・・なんとものすごく前の席が取れてしまった。なんとステージ前から4列目。ここだけポッカリ1席空いてた。なんてラッキー♪ほぼ満席なのにここだけ空いてた

前から4列目の端っこが取れてしまった・・ラッキー♪スピーカーも近くて嬉しい

当日。なぜか一時間も早くオペラ座に着いてしまった・・
その前に買い物(コンタクトレンズ)があったので早めに家を出たんだけどねえ・・モナコのメトロポルでコンタクトレンズ買うと通販のほぼ2倍することが判明したので買うのやめてオペラ座へ。
どうも家出るの早すぎたみたい・・なので近くのカフェ・ド・パリ内のカジノ前のベンチで時間を潰した。
カフェ・ド・パリ内のカジノ、気軽に入りやすそう。なんか雰囲気がゲーセンに近いねえ・・
入場料も無料ぽいねえ。

(ちなみにオペラ座のグラン・カジノは入場料 17€の上なんだか入りにくい。一度入ったことあるけど15分で出た。別にギャンブル好きでもないので)

待ち時間の間に、昨日撮影した商品写真画像を加工。(こんなところまで来ても仕事してる私って・・)

「そろそろかな~」とオペラ座に入った。客は子供から若者、おじさんおばさん、おじいちゃんおばあちゃんまでほんと年齢層が幅広い。
服装も超地味な人からド派手な人(ゴールドのスパンコールロングドレス!)まで様々。シルバーのキラキラで来た人もいた。客の服装見てるだけで楽しい。

席についてみたら。私の右隣はイタリアおばちゃん3人組。
特にこのおばちゃんがボーイジョージの大ファンらしく、大興奮状態。ほぼ最初から一人で立ちあがっていた。
(他の人たちは皆さんきちんと座ってます。ちなみにスタンディングコンサートではありません)

オペラ座の天井綺麗ねえ。ちなみに撮影禁止ですがこの日は皆さんバチバチ写真撮ってた。イタリア人が多いからかねえ?

というかこのおばちゃん始まる前からずっと立っていた。(なんか子供みたい人だった。子供みたいなイタリア人多い。日本だと●●障害とか言われてしまいそうな人たちがイタリアにはいっぱい。ちょっとヘンだけど人生楽しんでる)
そして私のすぐ右隣の50代~60代くらいのおばちゃんがまたまたけっこう踊る。
「イタリア人、50代、60代でもコンサート来てこんなにガンガン踊るんだ!」
かなり嬉しい発見!!
やっぱりイタリアのほうが向いてるかもなあ私には・・と感じた。(というか私とタイプが似ていると思う)
だってフランス人はこんな風に熱くならないというか・・エレガントで静かでロマンティックというか、とにかく踊る感じの人がとても少ないのよフランス人。いつもクールでなんか冷めてるというか踊らないよ。そこがつまんないのよね。
国民性の違いかね

ボーイジョージのホロスコープで目立つのは金星ベスタ合。
「美しさで人を魅了する」配置

ボーイジョージがとても美しかったころ。とても男とは思えない美しさ。「カマカマカマ~」と歌うとっても綺麗なオカマの外人歌手、ということで、当時その美しさと「カマカマ」の歌で日本人に大きな衝撃を与えた。

現在。もう少し痩せましょうよ~ボーイ・ジョージさん

腐っても金星ベスタ合の男。年とってもできることなら「美しさで人を魅了する」で使って欲しい。でも実際オッサンにしては綺麗で若い。顔にシワがない・・こんなキレイな60前のオッサン見たことないかも。

ただ、太すぎる・・

ふと見るとギタリストのほうがよほどカッコイイ(ギタリストも中年だが太ってない。渋い)

だけどなぜかボーイジョージが目立つ。断然目立つ。
というか人間ぽくない。人間に見えない。何か人間離れしている・・

今太ったけど、相変わらず肌は綺麗。しわも無いねえ・・ボトックスなんだろうか?

今たぶん56歳か58歳か・・忘れたけどそれくらい
年齢考えるとさあ・・
60前の男にしてはほんと綺麗よ。これで60前だなんて信じられない。
私が知ってる60前のヨーロッパ男の中では一番若くて肌綺麗

やはり一般人ではこうはいかない
持って生まれたものと、あと音楽のおかげで若いんだと思う。ミュージシャンやダンサーは年とっても若く見える人がとても多いよねえ。音楽の振動とか波動って絶対カラダにいいと思うよ。まだ日本いたとき福岡の久留米市の「ダイナ」って社交ダンス教室に通ってたけど、生徒の年寄りマダムたち全体的に実際の年齢よりもずっと若くて綺麗な人が多かった。だいたい平均して10歳くらいは若く見えた。当時70歳のダンスの先生はシワなくて40代か50くらいにしか見えなくて美しくて、生徒さんたちから嫉妬と賞賛と羨望をもって「バケモノ」と呼ばれていた・・

そしてボーイ・ジョージは年取ったし太ったけど、やっぱり一般人よりは若くて綺麗で、今もそれなりに星を上手に使ってる。

なぜならボーイジョージは客あしらいが素晴らしく上手い
全ての客にまんべんなく視線を送る。ステージ向かって右側があまり盛り上がっていなかったので、ボーイジョージはそのあたりも盛り上げようと面白トーク全開で頑張っていた。素晴らしい。(フランス人はノリが悪く盛り上がりにくいのでこういうとこの客としてはキツイ客かもと思ったりする)
ただ私が座っていたステージ向かって左側はなぜだかイタリア人・アメリカ人・中国人の、それも大ファンたちが多く集まっていた。そして私たちは最初から立ち上がって踊ってたし、最初から相当盛り上がっていた。ボーイジョージはその盛り上がって踊ってる私たちをじっと見つめ
「Amazing beautiful woman! i am a son of the bitch なんたらかんたら」
とかなんとか言ってた。
だからこの辺の客席の女性たちはみんな「きゃあ(*^^*)きっと私に向かって言ってくれてるんだわ♪」とつい思ってしまったことだろう。私も錯覚しそうになったよ
スゴイなあ・・さすがだわボーイジョージ。こりゃ、ファンならイチコロだね

まさに金星ベスタ合を「女性を虜にする」で使ってるねえ・・
または「面白さ・楽しさで虜にする」かもしれない。どっちもかなあ。さすがですなあ。星の配置を実際に生かしてる人ってやっぱり何か違う。この年でも太ってもファンが集まるもんねえ(チケットも高かったよ15,000円よ。それでも客が来るよ満員よ)

ボーイジョージの虜になっているファンでいっぱい

若い頃超絶美形のボーイジョージ。お化粧にも髪型にもファッションにも全くスキがない。完璧。美しい・・

美しいねえ

まさに金星ベスタ合の男。「美に殉じる」男。でも彼にも10年か20年前くらい?中年に入り、容姿も衰え太って売れなくなってしまった荒んでしまった時代があった。その時、ノルウェー人の恋人(男)に手錠かけて監禁したらしいけどそれは金星ベスタ合の悪い使い方だよねえ。「恋愛で虜にする・される」を「恋人をイジメる」で使っちゃあダメだよねえ(どっちの意味もありますが)
ボーイジョージはやっぱり美で人を虜にしてほしい。痩せてほしい・・お願い痩せてくれボーイジョージ。頼む。
痩せたらきっと今でも絶対「綺麗なおじさん」「超絶美形おじさん」のはず

写真ブレてるけどすごく若く見える人。も少し痩せても少し化粧したら絶対きれい

私は綺麗なボーイ・ジョージが見たい。綺麗に年取ったボーイ・ジョージが見たい。綺麗なおじさんになって欲しい。

数年前は痩せてたらしいよ。これ綺麗なおじさんだった頃。これはこれでなんか独特の(わけのわからない)強い魅力があるよね

それにしても
Dita von Teese のときも思ったけど、主役になる人たちって、人間ぽさが無いねえ・・
ヘンな表現だが、(私には)なんだか人間に見えない
なんだか種類が違う感じがする
何か人間を超えてる不思議な感じ。超越してる感じ

生のDitaは本当にきれいだった
輝いてた。まさに女神だった
でも造形的にはDitaより美しい人は世の中けっこういくらでもいると思うんよね。実際その時他の出演者にPlay Boyの表紙になった人もいて同じステージに立ったけど確かに驚くほど綺麗だったけど「ただ綺麗なだけ」って感じで。確かにきれいなんだけど、Ditaみたいな圧倒的な魅力はなかった・・
星活かしてる人はほんとスゴイねえ
なんか輝きが違う
人に夢を見せるチカラがある・・
だから客が高い金払ってまで見に来るのね・・

人が輝くってこういうことなのか、と思った。だから感動するんだね。スゴイもんだよね

ボーイジョージのコンサート、久しぶりにガンガン踊れた

隣にはじけたイタリアおばちゃんたちがいたおかげでとても踊りやすかった
盛り上がったり踊って楽しむにはイタリア系のこういうノリが良いタイプの人達が絶対必要なんだなと思った。こういう人がいないと面白くないよ。出演者も観客のノリが悪いと困るだろう・・。

もしかしたらクラブやカフェで私がなぜかいつもやたら歓迎されるのは私もそういうタイプだからだと思う。私は歌ったり踊ったりして一緒に盛り上がるのが大好きだから、いるとなんか場が盛り上がるからだと思う。この前サンレモ行ったらイタリアのカフェの店長から「週末カラオケするから来てよ!」と誘われた。(結局行けなかったけど・・夜だからサンレモ滞在してないと無理)
でも私が好きなのはこういう「一体感」なんだなあと思った
一緒に盛り上がる感じ。たくさんの人たちと場所と時間を共有して音楽で溶けあう感じが好き。
たくさんの人たちと一緒にその場を盛り上げる感じが好き
だからこそ一人で踊るのがつまらないんだなあと思った。

そして
何も考えず頭からっぽにして踊る時間と場所が欲しい
切実に欲しい

あと良いサウンドスピーカーが欲しい。良いサウンドスピーカーの前に居ると本当に気持ちいい。音楽の波動というか振動ってほぼ全身マッサージ受けてるみたい。

いつもつい何か考えしまうからこそ、何も考えない時間がとても貴重。生き返る。
大音量の中、踊り続けているときだけが頭をからっぽにできる。あとスピーカー必要。
となるとクラブとかディスコ行くしかないのかもねえ・・ただし良いスピーカーおいてるとこね。そうでないと耳が痛くなるからね。良いスピーカーの前だと気持ちよくて大音量でも眠くなるくらいよ。うるさいとか全然感じない。そこはほんとスピーカー次第。

自分でスピーカー買おうかなあとも思った。今考えているのはJBLのBOOM BOX。でもモナコ・ガイに反対されるやろうなあ。モナコのアパートは静かすぎる・・

あともしイベントを自分で主催すると。段取りとか客対応のこととか考えなきゃいけなくなるね・・。仕事だしね
頭からっぽにして踊れないねえ。どうしようかね

う~ん・・
とにかく場所はやっぱりフランスよりイタリアが良さそう。イタリアいるとなんか元気で健康になるんだよね。(ただイタリアは落ち着いてパソコン仕事するには向かない。仕事しにくい。でも仕事しなくて済むとか隠居するときが来たら絶対イタリアがいい)
イタリア語あんまり好きじゃないけどボチボチ勉強するかなあ・・
イタリア人、占い大好きらしいし、イタリアで対面の占い師だったら何とかできそう・・イタリア語さえなんとかすればねえ。
そもそも一番初め、初めてヨーロッパ来たのがイタリアだった。イタリア住みたいと思って来たんだよね。
ただ、イタリアで商材やお金盗られたからモナコ来ただけで。モナコなら警察と監視カメラが多いし周り金持ちばかりだから私なんかから何か盗もう取ろうとする人なんてまずほぼいないから。
でも今もう何も無いから盗られるもんも何もない。
そういう意味で今の方が安全かもねえ。本気で一人でイタリア住むとしたら、貧乏で何も持ってないほうがかえって安全かもしれないよね。

なんか振出しに戻ったね。

今はまだイタリア語できないし、ネットショップだからインターネットに頼るしかない。だけど昔は自由だったネットの世界も今はいろいろ規制が入るようになったし、これからスマホで管理されそうで(というか既にされてると思うが)そういうのイヤなんだよね~

管理・監視されることと、守られ保護されることは紙一重。

でも・・できれば、誰からも、何者からも、管理されたくない。

年取ったらイタリアに住みたい。ネット無しでも生活できるようになりたい。

自由になりたい。

に投稿

ハバナ行きたい・・ダンスしたい・・音楽に浸っていたい・・でも行くときっとキューバ人にタカられるんやろうなあ・・あとフランスの「ビズ・ハグ文化」が無理でフランスに挫折しそうよ

毎日仕事してますけどね~
肩と腰が痛いですね~
あと最近、首が左に回らなくなってきました
左を向くことができないことが多いです。
首のスジがつる感じねえ
ヤバイですね~
なんかカラダぼろぼろ

キューバ行きたいな~
ハバナで音楽に浸りたい。ダンスしたい。
元気になりたい

健康になりたい。痛みから解放されたい。

でも行くときっとタカられるんやろうなあ
日本人だしねえ
なぜか金持ちぽく見えるらしいしねえ
そんな金持ってないのに
思い込みと雰囲気だけで判断しないで欲しいよ

ただいつも思うのは・・
外国人が地元の人にとって価値があるのは「そこに金を落としていくから」なんだよね
だから歓迎されるんだよね
ぶっちゃけ金目当てだよね
そこんとこは旅人は忘れてはいけないと思うんよね
金持ってなかったらまず歓迎されないでしょうね。特に男はそうでしょうね。
キューバは貧しい社会主義国。社会主義国だから「みな平等」。
だから金持ってる人から持ってない人に金が流れることは、きっと彼らにとってはある意味当然のことなのかもね

でもキューバでタカってくるのとか詐欺ってくるのって割と黒人の人たちばかりみたいだね。白人はあんまりしてなそうな・・
私黒人がすごくニガテで話しかけられても無視してまず話さないから、意外と乗り切れるかもしれないなあ・・行ったことないから実際のところはわからないけど。

あとミュージシャンと友達になるのが妙に得意なので(そういう配置です)
音楽&ダンス繋がりでなんとかなるような・・気もする(わからんけどたぶん)
フランスでもほんと素晴らしいアメージングなサクソフォン奏者に出会ってしまい。その音色が聞こえてくるので居てもたってもいられず店の留守番ほったらかして走って行ってしまった(足が勝手に走り出してしまう)
でもそんな私にモナコ・ガイ激怒してた。ミュージシャンの電話番号まで聞き出してミュージシャンいじめてた。可哀そうだった・・
モナコ・ガイにはもう決してミュージシャン友達は紹介しないことに決めた。画家の友人のことも誤解するので困った。(モデルになったから)

いちいち誤解が多くて疲れるので、もうコッソリ仲良くしていくしかなさそう。

というか最近だんだんモナコ・ガイさんと別れたくなってきた。

あとライブエイドのボブ・ゲドルフ(イギリスの大御所。日本だと北島三郎みたいな感じの人)のバックステージ行けて握手して真横で写真も取れたり。(友達の友達がボブ・ゲルドフのバンドのメンバーの弟だったのでバックステージチケット取れた。それもタダ)
自分でもミュージシャン友人運だけは妙に良いと思う。(良過ぎ)
3歳からピアノ習ったのでピアノは弾けるし好きだけど(ピアノの先生から「今から準備すればあなたなら受かるわよ」と音大受験勧められたくらいの腕前あった。当時の話ね。今は下手。弾いていないから)
でもダンスのほうが実は好き。たぶんたくさんの人と「空間と時間を共有する感じ」「音楽で溶け合う感じ」が好きなんだと思う。

ダンス教室も行ったけどねえ・・なんか違う気がする。
教室って「音楽で溶け合う」って感じじゃないよねえ・・
「センセイと同じダンスする」トコなんだねえ・・つまりダンスの系統次第、先生との相性次第だよねえ
私フランスのビズが無理なんだよねえ・・(近づいて両ホホに音だけのキス)

先生にはたぶん私から(生徒から)ビズしなきゃいけないんだと思う。(これが私にはできない)
ビズ問題・ハグ問題(ハゲ問題じゃなくてハグね)
フランス人ってなぜか割とすぐハグ&ビズしてくる。イタリア人もだけど。
モナコのダンス教室は、なんとビズが無理で挫折したという・・ビズが負担で通えなくなってしまった・・
フランスとかこの辺、ビズ・ハグしすぎだと思う
よく知らない人(私にとっては)からビズ・ハグされるのがすごく心理的負担が大きい

なんか親しみ持たれやすいのかもしれないけど・・

自分がこれほどビズ嫌い、ハグ苦手な人間だとは知らなかった・・
親しい人じゃないと無理だよビズとかハグなんて
強引にハグしてくる人は自分の中ではほぼ「要注意人物」扱いになっている(男性は特に)

ダンス教室で女性からハグ&ビズされた日、実は家に帰って泣いたというね・・
女性のダンス教室の生徒さんたちからビズされると「ビズ嫌」とか言えないでガマンしてビズされてしまう(でもそうなるよね~女性からしてきたら受け入れるしかないでしょう?断れないよね。相手が男なら逃げてもアリだけど)
というわけで、フランス人女性・モナコ女性たちにビズとかハグとかされてしまう・・なぜかぎゅうぎゅうハグしてくる人もいる・・やめて・・(´;ω;`)ウッ…

そして
自分の中でビズ・ハグが思った以上にこたえているというね・・家帰って泣くくらいイヤだもんね
パーソナルスペースにいきなり入ってこられる感じがどうにも無理なんだと思う
気を許した人、仲いい人でもないのに抱きついてチュ!とか無理っしょ(これ日本でやると思いっきりセクハラやん)
でもハグしてくれる相手は私を「認めてくれている」「仲良くしようとしている」「受け入れてくれてる」ってことなんだけどね
それがわかるだけになおさらツライよ

気持ちは嬉しいし仲良くなりたいけどハグとかキスはされたくないのよ。

あとひとつだけダメ押しで行って見ようかなあと思ってるけどねえ。そこも無理ならもう諦めるしかないかも・・

ヨーロッパのビズ文化、それほど親しくない人ともハグするの、ホントやめてほしいわ・・親しい人に久しぶりに会ったときとかそういうときだけにしてほしい
フランスでも昔は今ほどビズしなかったらしいよ。しすぎなのって割と最近らしいよ
とにかく
ビズ嫌い
無理
ビズされそうになったら「キャー!私日本人なので無理なんです!ごめんなさい」と笑って逃げながら握手するような練習でもしたほうがいいのかな
でもそこまで逃げるのが上手くないんでねえ・・
すぐ捕まってしまうのよ
微妙よ

に投稿

なんかさ~日本だと「人間、年取ったら終わり」って感じ? オバサンは若くないというだけでバカにされてるし オジサンはハゲとか言われてるし なんか散々よね。人類全員歳とるのに

なんかさ~日本だと「人間、年取ったら終わり」って感じじゃないですか~
オバサンは若くないというだけでバカにされてるし
オジサンはハゲとか言われて蔑まれてるし
なんか散々よね
みんな年取るのによ。すべての人が必ず年取るのによ。
年取らない人類なんていないのに
そこは公平で。そこ避けられる人なんて誰一人いないのに

でも海外だと、年寄りがけっこう、したいことしてイキイキしてるのよね。
というか年齢あんまり関係なく自分がしたいこと好きなことしてる感じなのよね。そこがイイよね。
年齢に縛られてない(日本「縛り」多過ぎやろ。だから息苦しいんだよ)

66歳のポールダンスチャンピオン。スゴイねえ。こういう人が存在してるだけでなんだか元気もらえるねえ

なんと日本人の方が70歳でイタリアでポールダンスされてますねえ。ビックリ!これには私も驚いた。お名前、ともこさん。スゴイ・・

でももし日本いたら70歳でポールダンスできただろうか・・とふと思ってしまった・・環境的・周りの状況的になんかキビシそうな気がするよ日本では・・
ジャンルがねえ。
例えば、年取って元気に毎日ウォーキングしてるとか、水泳とか、そういうジャンルだと日本でも世間は何も言わないけど、ポールダンスとかこういうジャンルは・・どうなんだろう。
そういう意味でイタリアでホントよかったね。行動を制限されなくて自由度高いよね。

あとイタリアは年取った女性や「おばあちゃん」が大事にされてる国らしいよね「ナンノ」だっけ?あ、「ノンナ」だったね・・ Nonna ね 逆だった・・
もし日本人女性でイタリア人と結婚できたりイタリア住めたりすれば、けっこう自由にダンスもできるし、けっこう自由で楽しい老後送れてイイのかも・・(ただそういうの、かなり人によるし相手によるだろうとは思うけど)
なんかすごくイタリア人女性ぽい雰囲気の日本人女性。持って生まれたものか、住んでるうちにそうなったのか・・たぶん両方なのかなあ

これ、とても綺麗です。ポールダンスじゃなくてチェアダンスだけど。上品セクシーって感じ。多分ドイツ人かなあ?
今ダンス動画で私が知っている限りではコレが一番好きかも。

ポールダンスは家ではできないけど(家にポール無いから)
椅子なら家にあるからできるねえ
飛んだり跳ねたりするダンスじゃないから、階下への音も心配しなくて良さそう

この動画はどうもクロアチア人のダンス教室みたい。東欧ってほんと美女多いねえ。美女率高し。

あとコレもイイですねえ。見てると幸せな気分になるところがねえ
同じダンスでも踊る人によってなんかずいぶん雰囲気が違うもんだなあと思うよ

ダンスってほんといろんな種類あるねえ
自分の好きなダンス、合ってるダンスをそれぞれ踊るのが一番イイのかもねえ
型にはまる必要ないねえ
自分のしたいダンスがだんだんわかってきたかも
私の場合別にダンス教室に通いたいわけじゃないかも

に投稿

ミュージシャンってホント Great & Crazy って感じ・・確かにスゴイけど才能あるけど「フツー」には生きていけなさそうな・・Monte-Carlo Jazz Festival

今、モンテカルロ・ジャズ・フェスティバルあってます。たぶん来週いっぱいまでくらい。
Monte-Carlo Jazz Festival
https://www.montecarlosbm.com/en/shows-monaco/monte-carlo-jazz-festival

先週末行ってきました
場所はモナコのオペラ座(オペラ・ガルニエ)この前、Dita Von Teeseのステージがあったのと同じ所です

入るとき黒服の男性が3人くらい立ってた。ちょっと怖そう。空港みたいにボディスキャン用の金属探知機持ってる人もいた。だけど特に何もなく。ただ「Madam^^マダーム」と笑顔で声かけられて中にすんなり入れてもらえた。バッグ検査も無し。このまえDita観に来た時もそうだった。昼間、観光客がバッグの中身チェックされてるの何度も見たけどねえ。ということは昼より夜のほうが入りやすいってことなのかねえ。まあ確かにこの時間にオペラ座来れるのは、モナコ周辺に住んでて車で来れたり、モナコでホテル取れるような人だけかもよねえ・・(夜、モナコからフランスなど国外に出るバスはこの時間はもう無い。電車も少ない)

ドアオープンになるまでこの辺でぶらぶら待つ。私みたいに一人で単独で来てる人はあまりいませんねえ・・たいていカップルか友人で来てるよ。私も一緒に行ってくれる人が欲しいよ。

ルーレットが置いてあるけどギャンブルやらないのでルールが全くわからない・・誰か教えてよ。

向こう側はカジノ。入ったことない。今度ちょっとだけ入ってみようかなあ見物に。

オペラ座内。この辺から撮影禁止になります

この角曲がるとコンサート会場。撮影禁止マークあるよ

ジャズってちょっと暗い曲も多いよね
だからジャンルとしては実はあまり好きじゃないんだけど、他に比較的早い時間に生の音楽を楽しめるとこが他に見つからないんで来てみた。

今回も出かける日に限ってモナコ・ガイが早く帰ってきて。私が出かけるときムッとしていたが、思い切って来てみて良かった。
音楽聞いた後、気分がずいぶん明るくなった。鬱気分が飛んでった。
コンサート終わったら、帰りは急いで帰宅した。

ただ
いつも思うんだけど、ミュージシャンって・・ちょっと・・
特に才能あるミュージシャンってホント Great & Crazy って感じよねえ・・
確かに演奏はスゴイけど、演奏はなんだか神がかってるけど、でも「フツー」には生きていけなさそうな・・
偏ってる感じがスゴイ

オペラ座のジャズフェスティバル、この日は演奏してるミュージシャン、5人だったのですが、皆さんもちろんとってもお上手でさすがプロ!なのですが
特に
サクソフォン奏者の演奏が凄かったのですが、行動と動きは明らかにヘンな人でした・・^^;
他の4人は割と普通に落ち着いて演奏しているのですが、そのサクソフォン奏者だけは、ステージ上を勝手にうろいろ歩き回ったり、床にぺったり座り込んだり、足をバタバタさせたり、雷に打たれてけいれんしたような動きをしたり・・こういう演奏スタイルなのかもしれないけど、これもし演奏してなかったら「アブナイ人」「病院行け」って言われそうな動き方でした・・
ただ、演奏はホントに素晴らしかった!
その人が演奏始めると、観客の視線がその人にくぎ付けだし、盛り上がっていく感じがものすごかったです。素晴らしかったです。

・・ミュージシャンだからイイけど、ミュージシャンじゃなかったらちょっとアブナイって感じの人・・

普段からこんな風でヘンだとかえって、ミュージシャンなるのを周りに反対されないのかもしれないなあ・・なんて思ったりしました。
(モナコガイはミュージシャンなろうとしたけど周りに反対されて断念)
お堅い家系で育ったリ、堅い仕事でもできそうな常識的な人が「ミュージシャンなりたい」って言ったら周りはまず止めるよね「やめとけ」って。「ミュージシャンでは食っていけないよ」「趣味にとどめておけ」。
それでもしようとすると時に「アイツ頭オカシイよ」って言われたりしてしまう・・

あと思ったのは。
「ミュージシャンなりたい」って人はいるけど、ホントにミュージシャンなる人って、ホンモノのミュージシャンって、「ミュージシャンなりたい」とか「ミュージシャン目指す」とか、そういうこと思う考えるというより、「自分ただ毎日楽器弾いてるのが普通やし」って感じかも・・とふと思ったりしました・・
極端な話「それしか続かない」「それしか続けることができない」みたいな。

ミュージシャン以外にも「絵描き」の友人もいますが、実際、毎日毎日、絵描いてますからねえ・・描き続けるもんね毎日・・つくづく飽きないのねえ・・
普通、大人で、毎日絵描いてたら飽きるよね。毎日はできないよ・・

「ミュージシャン」って毎日音楽やってて飽きない人で、「絵描き」って毎日絵描いても飽きない人なのね、きっと・・

ミュージシャンの友人知人何人かいるけど、ホントに音楽だけで食べられてるもんね・・ビックリ
音楽で食べていけるもんなのね~
ストリートミュージシャンで世界一周みたいな感じのことしてる人までいるもんね・・
移動範囲と移動のスピード早すぎ。世界を股にかけてる感じ
ストリートミュージシャンって稼げない風に見えるけどね、いっけん。でも意外と稼いでるんで驚くよ
「この人達いったいどうやって食べてるんだろう・・」と不思議になるけど、実際食べれてるし、飛行機代さえもストリート演奏で稼いじゃう
ほんとスゴイよねえ

海外だからできることなのかしら
日本だと難しいのかしら

フランスやイタリアで、ストリートミュージシャンの横で踊り続けてみたことありますが、観察してたら、お客さんが立ち止まって演奏聞いてくれるし、帽子や楽器ケースなどにけっこう投げ銭してくれるんだよね~外国人って。若い人だけでなく、おじさんおばさん、おじいちゃんおばあちゃんも。
一人たぶん最低でも50円か100円くらいは入れてくれてそうだった。一曲演奏するごとに何人か投げ銭してくれるし、CD作って置いとけば実際買ってくれる人も意外といるので、意外と稼げるかも。食べるのには困らなそう。あと南仏だとシャワーやトイレは海岸ならたいていあるので、男なら野宿も簡単そう。キャンプ好きな人なら夏なら全然困らないかも。

あとモナコ・ガイから聞いたけど、海外では「餓死」することはまずないんだそうです。
なぜなら宗教上の理由から「貧しい者には施すのがアタリマエ」だからだそうです。キリスト教でもイスラム教でもそこは同じだそうです。
もし音楽で稼ぎが少なくても、餓死しないみたい。
けっこうなんとかなるみたい。
日本は無宗教だもんねえ・・
それにしても宗教がこんなところで役に立ってるとは!宗教が芸術家を助けてる・・
だから海外の芸術家はけっこう好きなことして生きていけるのかもしれないね・・・

に投稿

教室に通えないなら家でサルサ踊ればいい。サルサのソロもあるしねえ。可愛いフランス人女性が教えてくれるソロ・サルサ。実はペアで踊るのニガテ

ダンス教室行きたくても行けないときってありますよね。
教室に通えないなら家でサルサ踊ればいいんですよね。

サルサ教えてくれる男のダンスの先生って「サルサは男のリードに従って(女は)踊るもんだ」って言う人多いんですよねえ妙に
社交ダンスもそうだけどね

まあ先生だとだいたい女性のこと考えてリードしてくれることも多いけど(イイ先生の場合ね)
普通にサルサのパートナーなら「男のリードに従って女は踊るべき」って考えて強引にリードしてくるサルサ男も多い。こういう男と踊ると全然楽しくないんだよねえ。苦痛。

でもペアで踊るならリーダーは必要。「男のリードに従って女は踊るべき」それはそれで正しいっちゃ正しいんだけど・・
でも相手の女性の「同意」を得ないといけないんじゃないか
あと
女性のこと考えてリードしてくれなくちゃ、と私は思うのよ

「同意」なしにガンガン来られたり、強引にリードされると楽しくないし相手が嫌いになってしまう

そういうのって、性格と相性によるんだよねえ~

私みたいに「男のリードに任せて踊るのってつまんないよなあ・・」と思っちゃう女もいれば
「相手によってはリードに任せてもいい。だけど、コイツのリードには従いたくない」と思う女性もいて。
それはもちろん相手の男性との相性にもよるけどね
その辺はほんと人によっていろいろなのよね

ダンスだけじゃなくて、日常生活でも「女は男のリードに黙って従え!」みたいなのにかなり辟易してる女性はけっこう多いと思うよ。(特に日本人男性こういうタイプ多いねえ。あとアフリカ系男性もけっこうそういうタイプ多いねえ)

そういうの別に全然気にならないならそれはそれでいいんだけどね別に。
あともちろん相手によって全然違うだろうと思うしね

私はソロで踊るのが好きです。気楽だし自由に動けるから。社交ダンスも習ったことあるけど、できる限りソロで踊りたいタイプですねえ。

サルサのソロも実際あるしね。可愛いフランス人の先生が教えてくれるソロ・サルサ

この先生の教室が近かったら通うのになあ・・

に投稿

キューバのハバナなら昼間から安全に踊れそう。フランスもモナコも好きだけど昼間好きな時に楽しく踊れるような所はないねえ。フランス、昼間路上でミュージシャンが演奏するとすぐ警察来るよ

モナコいるおかげで落ち着いて仕事できるようになったので、おかげさまで鑑定書作りはコツコツ進んでます。
私ってモナコに仕事するために来たんだね・・とよく感じます
一日中パソコンに向かい仕事ばかりしてますが、そのせいで運動不足で太ったうえに腰痛が・・夏のうちに踊っていない年は寒くなると必ず腰痛が出ます
腰痛なると椅子に座れなくなるので結局仕事に支障が出ます。だからホントはダンスなど運動したほうがいいのです

モナコ・ガイからは「一日中パソコン見てたら目が悪くなるから休め」とよく言われていますが、家にいて休んでると「家事しない怠け者」と笑われるし外出て行くと不機嫌になる
男めんどくさいねえ・・
生活は保障されているしそういう意味では恵まれているのかもしれないけど、好きなこと(ダンス)ができないので幸福感・充実感少な目
最近、自分で写真撮っても表情が暗いのを感じる・・。眉が下がり眉になってきた・・
私は「食わせてもらう」立場にずっとガマンできるタイプでもない・・
なんかイヤなんだよ「食わせてやってる」って威張る男が。(持って生まれた性格なのでしようがありません)
あとなんかパワー吸い取られる気がすることがある。自由無いし。

食費出そうとしても受け取らないし・・
気持ちはありがたいけど・・でももし自分一人でもなんとか生きては行けるしねえ細々とねえ

人って、自分より弱い者を「食わせる」ことでパワーと張り合いを得るとこが確かにあるよね。
結婚したり彼女できたり子供出来たりしたら、やたらとしっかり働くようになる人いるけど、ソレだよね
女も母になって子供産むとものすごく強くなるよね。子供育ててた時は私もそうだったので、その感覚よくわかる。
周りに「自分より弱いの」がいると人って元気になる。この場合、円満な関係性を続ける上で一番大事なことは「弱い者が強い者といたいと思うかどうか」なんだよね。

私も猫か犬でもいればもっと強くなれるのかもしれない・・と思うことあるけどね・・(猫飼いたいと提案したがモナコ・ガイあっさり却下。家の中で動物飼うの嫌いな人)

自分より弱いものを保護したり食わせたりすることって、いっけん相手のためのように見えて、実は自分のためなのかもしれないよね
弱いのと一緒に居るとなぜか元気出るもんね
「自分が頑張らなきゃ!」ってなるもんね
だから元気になりたい人は、何らかのトップに立って弱いの従えるのが一番イイのかもねえ
ワンマン社長がアホな社員たちとか頼りない愛人と一緒にいたがるパターン?
(それはそれで大変そうだけど・・でも威張れそうねえ。どっちがいいんだかねえ)

まあでも強い人がますます強くなるには、きっと弱い人が必要なんだろうなあとは思うね

自分が「一番弱い者」の立場に立つとどんどん弱くなっていく気がするねえ・・
なんか最弱化?みたいな
弱くなっていく・・あんまり弱くなると結局、自分が困る・・

だから今の状況で私ができる対策としては。
とにかくまともに話聞かず、できる限りモナコ・ガイの話を聞き流すことにした。
「(*-ω-)ウンウン」と話聞いてるふうだけど実は右から左にスルーしてたり。(実は相手も私の話あんまり聞いてないみたいなのでお互い様なのでいいかと)

今朝は私は朝起きた時からジェノベーゼが食べたかったので自分でペンネ茹でようとお湯沸かしてたら「俺が朝食作る!」とモナコ・ガイに阻止された。

ええ~ジェノベーゼ食いたいのに・・・(゜_゜)

阻止後、朝食にスムージーその他作ってくれたモナコガイが、延々と説教臭いことしゃべり出したので「またかよ長いぜ」と思いながら聞き流してハバナのこと考えてた。
(朝食作ってくれたのにヒドイが私はジェノベーゼ作ろうとしてたのに阻止されたからねえ。確かに美味しい朝食毎日作ってくれるけど、逆に言えば朝食に好きなもの食べることはできないんだよね・・阻止される)

普段仕事するときもハバナの音楽聞いてると。なんだか気持ちが明るくなる

動画見てると、どうも昼間から踊れてる感じねえ・・外明るいよ。

社会主義国の上、貧しいからもしかしたら夜、電気あんまり使えないのかも?
フランスやモナコ、これからどんどん冬になっていく・・寒い・・とりあえずショウガ紅茶とか飲んで体温めてるけどねえ
キューバは常夏でおまけに昼間から踊れるみたいねえ。
昼間から踊れるなんて理想。キューバ行きたいなあ。仕事終わらせたら行きたい。

フランス人、踊らないんだよねえ・・イタリアとは全然ノリが違うねえ。隣の国なのにこうも違うかねえ
ストリートミュージシャンが演奏してるとすぐ警官が来る。
「今子供の昼寝の時間なので静かにしてほしいと近所から苦情電話があったんですよ~(だから演奏やめてね^^)」優しそうな警官が普通にあっけらかんとそう言って来る。警官が優しく笑顔でそう言って来る。フランスの警官ってあんまり怖くない。
「ダメ!」「うるさい!やめろ!」とかイヤ~な感じでは言ってこない。
(フランスの警官は主張の激しいフランス人達に慣れてる。だから強硬にガンと来ずに懐柔してくる感じ)
でも、フランスのストリートミュージシャンって可哀そうだなあ・・これじゃあきっと演奏しにくいよね・・。これじゃあ何回か注意されるうちにイヤになってきてフランスで演奏するのやめて絶対他の国行くと思うわ
静かな癒し系ミュージシャン(眠くなるようなリラックスミュージック演奏)の場合は警察来ないことも多いけど、ノリのいい音楽やダンス音楽ぽいの演奏するとてきめんに警察来るよ。ちなみに私が好きなのは後者だよ。

フランス人の多くはきっと音楽がそれほど必要ないんだろうな・・音楽がなくてもきっと生きていけるんだね。音楽ないとゾンビ化するタイプ少な目ぽいね(私は音楽がダンスが無いとゾンビ化していくタイプ)

キューバは音楽うるさいとかミュージシャンうるさいとかあんまり言われなさそうだし、音楽演奏に関しては警察まず来なさそうよねえ。いいねえ・・とにかく昼間から音楽ってのがうらやましいわ。昼間ってのが健康的ですごくイイと思う。
もしキューバ行くならスペイン語勉強しなくちゃなあ
(ちなみにキューバの動画でなぜか警官が全く写っていないのは、警官がいないわけではなく。警官や国家のために働いている人たちを写真や動画に撮ると逮捕されるからなんだそうです。キューバで警官写真に撮ったりすると警察に捕まっちゃうからね~社会主義国ってそういうとこがやっぱりスゴイね)

に投稿

昨夜印刷して今日郵便局に行き、発送してきました。またひとつ鑑定結果の作成を済ませることができてホッとしました・・そして次のパーティのドレスコードは「羽かモフモフ」

昨日の夜印刷して、今日、郵便局に行き、発送してきました

またひとつ鑑定結果の作成を済ませることができ心からホッとしました・・

ただ郵送した後って。なんかいつもグッタリしてしまう・・
どんだけ体力ないの!?
なんでこんなにグッタリするんだろう・・と考えてみたら。

まず「日本語で封筒に宛名書かなきゃいけないのが緊張する」んだと思う。
なんせアルファベットしか書いてない読んでない毎日なのでねえ。
宛名アルファベットで書いてもいいんだけどね。でもなにしろ日本向けに発送だからねえ、(アルファベットで書いても別に問題なくちゃんと届くとは思うけど)日本語で書いた方が郵便配達の人も見やすくてイイだろうなと思うので、あえていつも日本語で宛名書いてるよ。もちろんJAPON とか via avion とか to JAPANとかも封筒の表にでっかく書いてるけど。

日本語で宛名書くの超緊張するー。なんせ日本語書かない生活だから字が汚くなったし、お名前の漢字間違えたらいけないしねえ
台湾ではたまに漢字書くことあったけど、ヨーロッパ来てからほぼ全然書かないからねえ。今日みたいに封筒書く時だけだねえ。書いてるうちにわからなくなって、なんかヘンな「New漢字」書いてしまいそうな気さえする・・。

あと郵便局がねえ。La Poste だからねえ。全員フランス人だもんねえ。日本人いないからねえ。基本的にフランス語で郵便局で話さなきゃいけないんだよね。
これが緊張するんだよ・・
事務的なことを外国の言葉でやり取りするのってすごい疲れる。神経使うよ。海外ってだいたいどこも窓口でのやり取りが統一されてないのよ。だからその時にその時によって言われること聞かれることが微妙に違うんで戸惑うよ・・
日本語だったら簡単に聞き取れる・言える内容のことが、聞けないし言えないんだもんね。もどかしいよ
窓口に英語できる人もいる時あるけどさ。でもそうすると言葉通じるから、なんか関係のないプライベートなことまでなぜか延々と聞かれたりすることあるのよ。「えっそれ答えなきゃいけないことかな?」って思うよ。そういうのがまたえらく疲れるのよね・・。
もう今後、郵送鑑定を受けるのはやめなきゃと思う。なんか負担が大きすぎて。グッタリするし神経が疲れる感がハンパない・・。翌日までグッタリして仕事できなくなるから。

日本ってその辺にコンビニあるし、コンビニに印刷機まであるよね。こんな国って日本だけじゃないの?!日本ってほんと便利なトコよね。メール内容を簡単にどこでも印刷できるよね。
そんな便利な国、他に知らないよ。コンビニで印刷できるなんて・・そんな便利なとこ、ヨーロッパほぼ無いよ。空港以外。だいたいコンビニ自体がほぼ見当たらない。24時間営業なんて店自体めっちゃ少ないし。夜になったら外真っ暗よ。普通女性は夜は出歩けないよ。(出歩いても悪くはないけど女性が一人で夜歩いてると「ソッチ系」と間違われるの必須)

郵便局行って、しばしグッタリした後。(放心状態)
カフェでまた次の鑑定結果作成の準備を始めようと思い行ってみた。まだまだ依頼が残ってるからね・・来年の前半までには依頼分全部終わらせたいなあ~

最近寒くなってきた。モナコのスタバには搾りたてオレンジジュースがある。目の前で絞ってくれる。これ好きだけど飲んだらますます寒くなった。

鑑定作ったら、なるだけ踊るようにしてる。(健康対策・腰痛対策)
健康でないと仕事できないもんねえ・・

あともしかしたら近々カラオケパーティ行くかも?しれないのでその練習も兼ねて。
(行けるかどうかまだ全然わからないが、とりあえず準備はしておかないと確実に行けなくなるので)

パーティのドレスコード à poil ou à plume「羽かモフモフ」
羽かモフモフ・・

じゃなくて。なんかフェザー系とかフワフワもじゃもじゃしたの
à poil ou à plume soirée
ざっとしたイメージはこちら

日本人としては日本語の歌うたうか英語の歌うたうか迷うわ・・・
皆さんフランス語で歌うたうんだろうか・・それとも英語だろうか・・イタリア人も多いからイタリア語の歌かもねえ

とりあえず今練習してるのは PerfumeのChocolate disco

できれば踊りながら歌おうと思って。

でも実際やってみてわかったけど、これ歌いながら踊ると心拍数めっちゃ上がるよ心臓バクバク。めっちゃ有酸素運動やね。歌手の人って劣化しにくい人多いけど納得だわ・・
老体にはキツイわ・・他の歌に変えようかな・・やっぱり英語の歌のほうがいいかな

ふと「・・私は一体何をやっているんだろう・・」と思うことがある・・

この年になって、まさかこんなところでこんなことやってるとは思わんかったわー

う~ん・・
人間って年とっても意外と変わらないもんだねえ・・根本は変わらないねえ・・
仕方ないねえ・・
困ったもんだねえ・・
「三つ子の魂百まで」ってヤツかねえ?

もっと年とったら「自分も『オトナ』らしくなれるに違いない」と思ってるそこのあなた。

変わらないよ。
本質・根本はかわらないよ。たとえ表は取り繕うことができたとしても。
だから

あきらめて。(でもそれって別に悪くないよ^^)

に投稿

この2年。ダンスしてないので太ったし老けたよヤバイ・・そして最近、本田美奈子さんの顔がチラつく・・ちょうど命日あたりだったね。ほんと若くして亡くなられたね・・もったいないねえ・・

この2年。
ダンスしてないので太りました!
だから写真もハッキリ写ったのは出せません!
う~んヤバイねえ・・
太ったし老けたよ
ダンスしないとこうも違うかねとビックリ
確実に老化したよ(つまり「死」の方向に向かってるってことよ)進み方が速いよ

私の場合「踊らないとヤバイ」配置なんだよね実は
踊らないとねえ・・
ヤバイねえ・・
老後たぶん一人で生きて行くことになると思うんで健康第一なんだよね何しろ
介護してくれるような相性の良い家族誰も居ないし(介護してもらうなら相性の良い人にしないとヤバイと思うよ。介護って大変よ。それでも相性良けりゃなんとかなるけど相性悪けりゃお互い共倒れ)

あと病死ではなくて、ちゃんと寿命まで生きて、老衰で干からびて死にたいのよねできれば
枯れた木の葉が樹の枝からヒラヒラと舞い落ちるように

日本では干からびたおばあちゃんその辺であんまり見ないけど、台湾ではカラッカラに干からびた感じのおばあちゃんも街なかで何かしら、おばあちゃんにもできる簡単な仕事をコツコツやってたりするの見かけるよ。
モナコにも90過ぎてたった一人でお土産物屋さんしてるおばあちゃんもいるそうだよ。(ロージーばあちゃん。過去ブログに書いた。お土産物屋さんを一人で守ってる。オーナー。)そんなおばあちゃんが理想。そんなふうに私もなりたい。

・・とりあえず、今は家で一人で踊ってるよ
ホントは外で誰かと一緒に踊りたいけどねえ・・そのほうが絶対楽しいもんねえ
今は一人でしかできないんでねえ仕方ない
モナコ昼間踊るとこないねえ・・深夜しかない。深夜は眠い。
モナコ安全だし仕事しやすいけど娯楽がないねえ
カラオケ店もないしねえ
はあ・・でもとりあえず今できることするしかないしねえ
練習してればいつか誰かと踊れるときが必ず来ると思うし
練習してないと確実に下手になるし踊れなくなっていくから

今練習してるのは
コレと

コレ!!

ハルヒちゃんのダンスは簡単だけど、下のは難しいねえ・・もっと練習が必要だわ

というわけで、ダンスしてないとだんだんと死に近づく人が私
なので
来年からダンスイベント・音楽イベントの仕事をフランスで何かしら始めようと思うよ
何ができるかよくわからないので手探りだけどできることから小さく始めるよ
小さく無理なく始めて細く長く続けるのが一番確実だからね
ダンスできてりゃとりあえず健康になるし痩せるしドカ食いもしないし何しろ健康だからね
(踊ると食欲無くなるというか自然と食べられなくなるのよ。自然にあんまり食べず踊るようになるので痩せるの確実)

というわけで、毎日コツコツ西洋占星術の鑑定書作りながら、今後のフランスでの活動に向けても着々と準備を進めているというね
我ながら素晴らしいわね!
(誰も褒めてくれないから自分で自分を褒めるね^^ でもこれってすごく大事なことよね!自分で自分を褒めてれば人からの褒め言葉に踊らされたりしにくいしね。褒め言葉を他人に求めるのって実はけっこう危険な心理状態かもと思うことある。だってそれって自分で自分を認めてないかもってことやん。それに褒めてくれる人に自然と主導権握られちゃうかもやん。人の評判とかそんなの別に気にしなくていいんだよ。人からの評価や評判なんて必ずアップダウンするものよ。
だからただ淡々と我が道を行くのみよ
そのほうが合う人とも出会いやすいからそれがイイのよ。
そりゃ人から褒められたら誰でも嬉しいよ。でも褒め言葉を周りの人たちに求めるのもちょっと危険なんじゃと思うのよ。それだと認めてもらえないと凹むわけでしょう?自分の評価を他人に頼ってる。
自分は自分で褒めましょう!それが一番イイよ♪

ダイエットしてたらモナコ・ガイが朝食時に
「ほらほら、このパンとっても美味しいよお♪ 美味しいパン屋で買ってきた最高のパンだよ~美味しいよ~ほら、ちょっとだけ食べなよ~」と
オーブンで焼き戻した温かいフランスパンにバターをたっぷりつけて私に手渡そうとする・・。

受け取りませんけど。
確かにフランスのパン美味しいけど。バターも美味しいけど。

「私は痩せたいの。今ダイエットしてるの。なのにあなたは私を美味しいパンで誘惑するわけ?」と言うととっても嬉しそうにアハハと笑うモナコ・ガイ。
「いらないよ。あなたはパンが大好きよね。だいたいあなたは毎日パン食べすぎなんだよ。だからお腹周りがそんなに太いんだよ。私をパンで誘惑するなよ」

話しててふと「テンプテーション(誘惑)」という歌を思い出しました。故本田美奈子さんの歌ですね。
「そういえば日本にテンプテーションって歌があるのよ~」テンプテーションの歌を口ずさみながらちょっとだけ踊ってみた。そしてその日の朝食の会話はほぼ本田美奈子さんの話になった。

すっごい可愛いねえ・・
でも当時私はほとんどテレビで本田美奈子さん見ることができませんでした!テレビに本田美奈子さんがセクシー衣装で出てくるとテレビ消されてしまってました・・「セクシー過ぎるから見ちゃダメ」ってことでした。あ~あ、当時もっと見たかったなあ・・。

本田美奈子さん、38歳と言う若さで、急性骨髄性白血病で亡くなられましたが
ほんと、若くして亡くなりましたね~今年の11月6日で13回忌だったそうですね
惜しいですね~もっと長生きしてほしかったなあ
あとできればず~っとセクシー路線で行って欲しかったな~

本田美奈子さんがお元気だったころ、私が一番ビックリしたのは、途中で大きく「路線変更」されたことですね。
なんか年取るにしたがって「純粋・天使系」になっちゃってましたよね。
もともとはセクシー悪女系路線だったのにね。
「あれ?なんか変わったな~、え、そっち行くの??」と当時かなりビックリしました。実は私的にはちょっと違和感感じていました。
なんでそんなに変わったの??セクシー系があってるのに。
日本だと30過ぎたら落ち着かないといけないのかね?付き合ってた彼氏の影響かね?(男で彼女がセクシー路線だと嫌がるの多いよね。有名女優さんでイメージがイイ人、綺麗なイメージ保たれてる人って、絶対裏にオオモノ彼氏がいると思うよ。だからこそマスコミもいろいろ書けないんだと思うよ)

それにしても
海外だったらほぼ一生セクシー路線でも全然OKなのになあ。30代でも40代でも50代でもセクシー路線で全然大丈夫なのに。別に世の中の人誰も責めないよ。ただ彼氏からは反対はされるけどねえ(それがけっこうツライぜ。彼氏いたり夫いたりするとこういう悩みが必ず出てくるから困る)

あのセクシーな衣装なども本田美奈子さんがご自分で選んで決めてたそうで。とても30年前の衣装とは思えない。今でも通用しそう。
けっこう自分で何でも決めてたらしいですが
本田美奈子さんのセクシー悪女系路線は私は「正解!」だと思うんです。本田美奈子さん正しいよ。
ホロスコープ的にもそっちのほうが絶対合ってます。セクシーへそ出しダンスで人気出たしね。爆発的人気だったよね。若いのに海外アーティストみたいだった。

30年前の動画なのに、今でも通用しそう。セクシー悪女系がとても似合いますよね!歌も上手いしね。なんか外国人みたい。こんな感じの歌手やダンサー、海外にいそうよね。ちょっとアリアナ・グランデ連想してしまった。本田美奈子さんは日本よりも海外向きの人だったと思う。確かにホロスコープの配置的にもそう。彼氏も外国人のほうが合ってる配置。

本田美奈子さんのホロスコープ見てると・・
確かに歌やダンスの仕事する配置だけどさ~、「純粋・天使系」行くとなんか寿命が縮まりそうな気がしますねえ・・。
(ホロスコープと方向性がちょっと違う気がする・・。若い頃は勝ち気でセクシーで、それがすごく合ってた。・・だけど、年取るごとに性格も優しく天使っぽくなってきた感じ?)

あまりにも「天使」的だとなんかいろいろヤバイと思うのよ・・
なにしろこの世は天使の住むところなんかじゃないからさあ

HSPの人で「綺麗な生き方」目指す純粋な人たちも多いけど、それはそれで素晴らしい生き方だと思うけれど。
それってもしかして現実的には「合わない」、現実にそぐわないかもしれないんだよ。だからツライこと多いよね

モナコ・ガイに本田美奈子さんのことを話しました。
「彼女はセクシー悪女系路線が合ってるホロスコープもち。なのに、途中で真逆に路線変更したみたいなんだよね。でもそれだと彼女のホロスコープ的にちょっと合わないんだよね。全く合わないこともないけど『可哀そう』な感じにどうしてもなりやすいんだよねそっち行くと。ホロスコープに合わないことしてると元気無くなったり病気したりして寿命が縮んだり『一回死んでやり直し』的な方向に進むことも多いんだよね~なのになんでそっち行くかね?男の影響かね?」

するとモナコ・ガイはこう言った。
「彼女の歌が素晴らしいから、そして彼女がまるで天使のようだから、神が彼女を欲しがった。だから彼女は神に召されたんだ。神の思し召しだ」

・・まあそうかもしれませんけど・・

「綺麗な生き方してる人」「純粋な人」「天使っぽい性格の人」がなんだか早死にしやすい傾向あるのは「神様に愛されているから」という考え方もあるよね。確かにそうなのかもしれない・・
天使っぽい人は、汚い俗世間で傷ついたり汚れながら生きるよりも、天国で天使になってふわふわ幸せに飛んでる方が合ってるのかもしれないよね・・。
(でもまだ私天国見たことも行ったことないので実際のところはどうだか知らないけどねえ・・。交通事故に遭って臨死体験した人から直接聞いた話によるとあの世は本当に素晴らしい綺麗な所で何の心配もないらしいね)

でもさ・・ご本人がどうしたいかによると思うのよね。ご本人の希望がまず第一よね。
ご本人が生きたかったのなら、まだこの世でしたいことあったんなら・・
もしこの世で何かしたいことあるなら長生きできたほうがいいよねきっと

天使になりたいと本気で思うと寿命縮みそう(ホントに天使になってしまうかも)

う~ん
とにかく私はまだ死にたくないねえ。なぜなら今までの人生ガマンばっかりだったし、ガマンして頑張ったわりに報われることがとても少なかった(ほぼゼロに近い)んで、これからはしたいことして楽しく生きたいんよね。もう人生の残り時間も、そう無いしね。

踊りたいのに踊れてないから老けたし太ったしね。
老けたって事は、それだけ「死に近づいた」ってことなんだよね。

音楽やダンスは私の人生で必須なんだよね。「遊び」「娯楽」で踊ってるわけじゃないんだよね。
必須なんだよね。
「踊らないとダメになっていく(死に近づく)ホロスコープ持ち」としては。
本田美奈子さんのことはとても気になる。すごく気になる。

なんか最近、本田美奈子さんの顔が目の前にチラついて仕方ないんだよね・・
赤い服着た本田美奈子さんが「あなた!踊らなきゃダメよ!!」って私に喝入れに来るような・・
だからブログ書いてるんだけどね・・ちょうど命日付近だったんだね・・

モナコ・ガイは私がダンスするのを嫌がってる。モナコ・ガイは今までの人生で私が会った中で一番相性が良い人。ダンスはしたいけど、そのせいで彼を失うのはもったいないねえ。
なので、モナコ・ガイもキープしつつ、ダンスもやっていく方法を模索していこうと。それが一番イイね。
私はずっと一人で生きて行くタイプでもないし、私と相性のいい人なんてめったに見つからないのよく知ってる。(ホロスコープ的にも難しい)

だから
ダンスをどうしてもしたいなら、遊びじゃなくて、もう何かしら「仕事」にしてしまった方がイイと思う。そしたら毎日できるし。なんたって「お仕事」だから。
仕事の方が信用されやすいし、仕事でダンス行く方が外出しやすくなるから
そのほうがイイね

私の配置は「とりあえず何らか形でダンスできればいい」って感じの配置で、細かいことそれほどこだわらないで良さそうな配置なので、なんか考えます。自由にね。
「こうでなきゃ」って言う思い込みを外して考えていけば、きっと何かはできるはずだから。

あなたもご自分に何が合ってるか考えてみる?^^
西洋占星術を35年間学び続けてる私の知識をあなたの人生にぜひ活かしてね!
宝石紫P子の西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^宝石紫
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

に投稿

Dita von Teeseのオペラ座公演見てきたよ・・すごかった・・感動して泣いてしまったよ・・バーレスクとかストリップ見て感動して泣くってあんまりないよね。Ditaのステージ凄かった・・


Dita von Teeseのオペラ座公演見てきたよ・・すごかった・・感動して泣いてしまったよ・・バーレスクとかストリップ見て感動ってありえないけどねえ普通

向いてる人が向いてることするってこういうことなのか・・と思った
すごかった

Dita バレエやってたからあれだけからだが綺麗なのかも
他にも3人出演者いてPLAYBOYのモデルだったとか言う人もストリップしてた
「こんなきれいな人今まで見たことない・・」とびっくりするほど綺麗でナイスバディだったけど、ダンスが下手だったしお尻にセルライトもあった
Ditaのからだとは全然違ってた
あとなんかDitaとはオーラが違った。
見た目のルックス的にはDitaよりもPlayboyモデルの方がずっと綺麗なのに

なんなんだろうねあれは
不思議だね
Ditaって別格

Ditaのステージ見てて涙出てきたのは、Ditaが素晴らしいのと、自分にダンスが必要だってこと痛感してしまった、ってこと両方があると思う
なんでもいいので何らかの方法でダンス続けないとダメだと思った
フランス来てダンス教室やイベント主催したいという若い人がいるんで
もしその人がこっちでダンス教室すれば私毎日でも通いたいわ
私はやるならイベント開催はできるかもだけど
ダンス教室の講師は絶対無理な気がする~教えるの下手だしねえ

私も何ができるかわからないけど手伝う
ダンス必要だし
必要な人が必要なことすればいいと思う
なんとかなる

こっち今朝の4時だけど興奮して眠れない
Ditaは他のダンサーとは別格だった
人間じゃないみたいな存在感
女神か天使だねほんと
私バレエ続かないんだけど(バレエってルーティンで面白くなくて飽きるから。あとバレエの音楽がなんか合わないんだよね)
でも気が向いたときだけでもバレエしようかなあと思った
Ditaのからだがあまりに綺麗だったので

モナコのオペラ座の客の半分は女性だった
すごくオシャレですごくリッチな感じの人たちが多かった
モナコでも普段あんまり見ない感じの人たち
綺麗な人たちが多かった
最近忙しくて疲れてたので直前で行きたくなくなったり、服もオペラ座って何着ればいいかわからなくてギリギリまで迷った。
とりあえず自分が持ってる中で一番いいドレス、ブルーベルベットのロングドレス着て行ったけどそれでちょうど良かった
モナコのオペラ座入り口でバッグ検査もされず、するっと入れてもらえた
一応E-ticket 見せようとしたのに「マダム、お入りください」とろくにチェックもせず入れてもらえた
ちゃんとドレス着てきたからだと思う
あと年齢層けっこう高めだったねえ
席の場所はステージまで2~3メートルくらい。ど真ん中の席でラッキー♪
けっこう前のほうの席だったけど、できればもっと前で見たかったかも
Ditaのチケット高かった(150€ 2万円弱)
バレエより高いんじゃ
でも行って良かった

自分にはダンスが必要だと痛感した
でも踊るところがない
となると
何かしら自分でそういう場を作らなきゃいけないんだろうな・・・