に投稿

ブログタイトルを変更しました。「マダム・ファントム Madame Fantôme」

ブログタイトルを以下に変更しました

マダム・ファントム Madame Fantôme

モナコ・ガイからよく、マダム・ファントム Madame Fantôme と呼ばれてるんでね。
とっても嬉しそうに呼ぶねえ

で私も「悪くないな~」と思ってるのでね。

それになんか、昔からいつも、割と誰からでも、私の上に私じゃない誰かを重ねて見られている気がよくするから。
まるで私は「映像」「スクリーン」のようだな・・とよく思う。実態が無い・・
その人が望むものを見ている気がする。
「物語の中の人みたい」と鑑定依頼者の方たちからよく言われるし、身近な息子からさえもそう言われたことがある。

「そのままの私」をそのまま見ることができる人が、ほぼ居ないみたいだなあ・・とよく感じてる。それはほぼ毎日のように感じる。日本でも海外でも。
なんだか「その人の夢や理想」または「その人の現実や悪夢」などを私の上に重ねて見ている人たちがとても多いみたい・・。

とにかくその人の思いを叶えてあげられてるという。何らかの意味で。
というわけで考えてみればなかなか便利な存在かもよねえ。だからこそ昔から妙に人気あるんだろうねえ。

そういうのが子供の頃から長いことず~っとイヤだった。だけど、最近ではなんかもう「それはそれでいいんじゃ」とも思えるようになった。
しょうがないし。多過ぎるし。いちいち気にしてても仕方ないし。「あっまた?」ってな感じ。
あと自分の星の配置的にも確かにそうなのでねえ(もし西洋占星術勉強してなかったら今もまだ納得できてなかったかもしれない)
もしかしたら何かそういう「役割」「役目」なのかもねえ・・とも最近思い始めた。

ずっとイヤだったのに、そう思えるようになったのは、きっとヨーロッパ来たからかもしれない。

私がモナコでこうして暮らせているのも、きっとそのおかげだしなあ。

じゃあこの際もう マダム・ファントム でいいんじゃないかと。 

Fantôme はフランス語だけど、英語では phantom, ghost(ゴースト)ね

ゴーストと言えば、昨日、ハロウィンパーティーの準備をしていたんだけどね(当日、パーティ行けるかどうかまだわからないけど。開始時間が遅いもんなあ・・眠いんだよね)

でもハロウィンパーティーの準備してるだけで、めっちゃ楽しかった。

「ああ私、ファントム 向いてるかも~」と思った。(妖しいしねえ)

パーティ当日はクラシックなブラックロングドレスに赤い長袋、髪に赤や紫のつけ毛と赤いツノで行くつもり。いや~我ながらコーディネイトもバッチリ!仮装やコスプレ大好き!

準備もあらかた終わり気が済んだ。

でも頭につけた赤いツノがとても気に入ったので、外すのがイヤだったので、そのままツノつけたままで、モナコ・ガイの店でパソコンに向かい鑑定書作ってた。

ふと視線を感じて目を上げると・・
綺麗なロシア人女性が私をじっと見つめてとっても嬉しそうにニコニコ微笑みかけている・・。

それだけでも相当嬉しいのに、その上、近づいてきて「写真撮らせて!」って頼まれた。

ロシア人女性って、すんごい綺麗!!フランス人女性より綺麗!(一般的にそうなんだよ・・だいたい美人はロシア人なんだよね。コートダジュール辺りではロシア人が一番綺麗)その上ナイスバディ!!うわ~
ロシア美女の魅力にやられてしまう男らの気持ちが良くわかるわ~

観光客だし「一緒に記念写真みたいの撮りたいのかな?」と思ってたら

「あなたの写真が撮りたいの」

ええっ、こんな美人が私の写真撮りたいって!!えっマジ?!超嬉しい!!

これもツノつけてたおかげ!!

もう毎日ツノつける!!(笑)

に投稿

「受け入れない」ということはとても大事なこと。それを忘れている人たち多い。私も忘れてた(笑)

なんかね。

「受け入れる」ということがとても大事とされているような気がするんですけどね。

でも

「受け入れない」ということもそれ以上に、とても大事だと思うんですよね。

こう書くと「すべてを」受け入れる、とか、「すべてを」受け入れない、とかそう勘違いする人が出て来るんだろうなあと思うんですけどね

そういう意味じゃなくてね

誰も「全て」とか言ってないからね^^;

例えば、どういうこと、どういう人を受け入れるか、受け入れないか、になってくるんですけどね、私の場合は特にね

まあ私みたいな配置の人や、思い当たる人だけ参考にしてよ

だいたい人生の悩みの殆どって、「対人関係」と「仕事」だけどね

でもまあケースバイケースなので、自分の場合だけを書くよ

自分とは毎日付き合わなくちゃいけないので、やはりある意味身につまされているしよくわかってるのでね

自分以外の人、他人の場合はまた全然違うと思うし、誰もが「一緒」なんて私は全然思わないから(そう思うと誤解が絶対生じるのはアタリマエ)

自分の考えと他人の考えは全然違うってこと、どこか気づいてない人が多いような気がするんだけどね(全く違う、ってこと前提で考えたら人に腹が立つことが減るよ。激減するよ。どこか「同じ」と思ってるから腹が立つんだよね。外国人と暮らすとラクなのはお互い全然違うってこと、最初からよくよくわかってるからよね)

う~ん・・
書こうかなあと思ったけど、やっぱり絶対誤解する人がでてきてめんどくさいから、詳しく書くのやめた

どんなに詳しく書いても誤解する人は絶対出て来る

だいたい自分が感じてること、「感覚」や
西洋占星術みたいな海王星的なものを、文字にすること自体がめっちゃ無理があるし
経験も考え方も違うんだから「理解できない」のがアタリマエね

あと「読者が多いから、誤解されないように書かなきゃ」とかって言う人もけっこういるけど、それってまず不可能なことよね。それ理想でしょうけど無理でしょう
実際「不可能な提案」してくるのって日本人が一番多いと思うよ。外国人は「可能な提案」ならするけどねえ。それほど理想主義でもないしね。

だいたいそういうの、現実的に無理よ。どんなに私が気をつけても誤解する人は必ず出て来る。あと私は人が全く誤解しない文章なんて書けないよ。
人の書いた文章を全く誤解せずに全文正しく「解読」とかそういうの大学受験のときに「訓練」されたけど、「自分を殺して相手に同化して読む」とかなり読み取れるけどさ
ブログ読んでるときにそんなことしてる人なんていないでしょ
大学受験の時ほど真剣に文章読まないでしょ

じゃあ無理じゃない?まず誤解して読んでしまうでしょ

だからそういう人は私に「書くな」って言ってるのとほぼ同じことなんだけどね
でも何か書いた方がいい人なのに書かないから人に書くなと言って来る、そういうタイプの人は多い。とても多い。
自分がしたいこと(そしてそれはホロスコープ的には「しなきゃいけないこと」だったりするんだけど、)それをしていない人がものすごく多い。だから不幸になる。
だから気になって、それを既にしている人を制限してくる。
「あの人だけ幸せになって自分は不幸のまま」がイヤで耐えられないから

もしそれほど私が気になるのなら、したいことはどんどんしたほうがいいよ
私が気になる人ほど、きっとしたいことをまだしてない人でしょう
そのためのキッカケは与えてあげるよ
私に西洋占星術鑑定依頼してくれればその辺は教えてあげられるよ。(その際、相談事項にちゃんとホンネを書いたほうがいいよ。「建て前」や「きれいごと」なんかじゃなくてね)

したいことしないと、死ぬときすごく後悔するよ。人は脆く、人間の一生は短い。ちゃんと自分らしく生きていないと事故などに遭う確率も高まる。「そっち方向違う」というメッセージなんだけど、もし交通事故なんかにあったら、もう自由にいろいろできなくなるかもしれないのに。

そしてしたいことし始めたら時間足りないのに。
たとえ今から始めたって、寿命来るまでにたぶんしたいこと全部はできないよね。そのくらい時間ない。そのくらい短い。だからしたいことで今できることくらいはしないとね。なのになぜしないの??

記事を楽しみにしてくれてる人も多いので、私の記事が楽しみな人だけ読めばいい、と思っていつも書いてるんだけどね~
でも読者の多くは「したいことしたいけどまだ出来てない人」なんじゃないかなあ・・そういう人達のほうが多い気がするねえ

私は「私の記事を楽しみにしている人」に向けて書いてるだけなんで、私の記事が楽しみではない人は読まないで欲しいしブログに来ないで欲しいねえ。なんで来るの?
したいことあるならなんでしないの??人生終わっちゃうのに

でも私が「良かれ」と思ってしたことは、なぜか仇になって私に返ってくることが多いので、あまり良かれと思って記事書かないほうがいいのかもしれないねえ。たぶん火とのこと考えるよりも、もっと自分のこと考えた方が良いのかもしれない。リア充してね。西洋占星術の仕事も「良かれと思って」「その人の役立つと思って」してきたけど、しないほうがいいのかもしれないなあと思う事ある。

私は相手の役立つことしないほうがいいのかも。自分のことだけしたほうがいいのかも。そんな気がすることがある。好意が仇になって帰ってくることがあまりにも多過ぎるから。とにかく「好意で」というのがものすごく誤解される。
仕事として割り切って報酬を得ること以外で相手にしてあげることは、たぶん絶対しないほうがいい気がしてきた。良かれと思ってしたことや、私の好意はいちいち仇になって自分に返ってくることが多いのでなんか懲りてきた。なんかもうウンザリ・・

というわけで、いろいろ考えると書けなくなってくるし、ブログ自体、「書いてるのどうなの?」って思うこともあるしねえ。
そうなると簡単で無料で読めるブログではなくて、他の方法にしたほうがいいのかもしれないんだけど、なんかそれも自分に合わないしねえ。メルマガとか本とかめんどくさそう。時間もないし。

あと100%幸せだったら、現状に満足していたら、まずブログなんて書かないと思うよ。だって満足してるといろいろ考えないもん。楽しいことしてたらそっちのほうが楽しいもん。楽しんでた方がいいやん
私生活やいろいろその人が自分で考えたことブログ書いてたけど急に書かなくなったブロガーさんって、実際たくさんいるけどね、「ああ、きっと私生活で幸せになったんだろうな」「考えに何か落としどころができたんだろうな」って思うよ。

だからさ、まあ誤解されるのを承知で、とっても簡単に書くとね
私の場合は、7室金星セレスなので
「可愛い人」「優しい人」「金持ち」で「私を優しく育ててくれる人」などとだけ付き合った方が良さそうだな、ってこと。

ほぼ全ての人間関係においてね。

そして相手がもし私に対し厳しくしてきたり、何か文句言ってきたり、楽しくないことをしてきたり、私に損失負わせるならば、私の人間関係としては「終わり」にしてもいいのかもしれないってこと。

こう書くときっと、驚く人もいるでしょうね(毎回かもだが)
あと誤解する人もいるしね。それもかなりたくさん。

まあ確かにこういうの
一般的に考えると、とても「甘い」考えなんだろうと思うよ。
そういう人達とだけ付き合う事って現実的にはかなり難しいよ。
でも「選り好み」したほうが確実にお互い幸せになれるし、人間関係も続く。だから、結局はそのほうがお互いのためになる。

ゴタゴタしたりケンカしたりってお互い疲れるしいいことないよね。

だいたい日本では「女がガマンすべき」「耐えるべき」ってそれが「アタリマエ」とされているので、もともと日本の考え方と私の考え方は「合わない」よ。

全然合わないよ。

私に厳しい人とは、私は合わない。続かない。まず無理ね。

友人の女社長に言われた言葉に「受け入れない」ことが大事。確かにそうだと思う。

でも親と相性が悪い場合は「受け入れなさい」。逆にそういうことを教えられている場合が多い。

事実は受け入れるしかないけど、相手を受け入れるかどうかは自分で決めていい

もし私に「そうじゃないよ」とか言う人は、きっと「そうじゃない」人生を歩んでいるんだろう

その人にとってはそれが正しいんだろう

でも私はその人の人生を歩んでるわけじゃないから

正しいと思うことは、人によって違う

だから「押し付ける」のはおかしい

特に私のようなとても自由な人間に「押し付ける」のはおかしい

押し付けられるのも合ってないし。

だから「受け入れない」

「受け入れない」ことはとても大事

その人の人生と、私の人生は違う。

だから私の場合は、これでいいのよ。

「そうじゃない」「違う」と思う人、言う人は、その人の考え方としては、それでいいんじゃないの

その人の人生は、それが「合ってる」んでしょう

でも本当はそれが「合わない」人もいるから、自由に楽しそうに生きている人が気になって仕方ないんじゃないの

だって「自分に合ってる」んならそれが自然だし、満足なはず。

別にそれほど他の人が気になったりとかもしないはずだから。

もし「自分の言うことを聞かせたい」「女に言うことを聞かせたい」なら、賛同してくれて、もっと「自分の言うことを聞く人」を探した方が早いよ。そのほうが良い。

日本女性は「誰にでも笑顔で」って教育される。

そして人を「受け入れる」ことを教育される。

親や男性には笑顔でないと叱られる。

でもそれは私がすることじゃない。

私はそれを「されるほう」なんだってことに気づいた。(そういう人もいます)

そしてたぶん「優しい人」とだけしか私は「付き合っちゃいけない」

実際、私の鑑定依頼者は、とても優しい人たちが多い。

そしてずっと私の鑑定結果が出来上がるのを待ってくれている。

コツコツ作ってるけど、2年も遅れてるのに、楽しみに待ってくれている。

「なんでこんなに作るの遅いかね・・」「なんでもっと早くできないの」と自分でもよく思うし、自分を責めてたし、お待たせしてるのも心苦しいし自分にとってもストレスなんだけど、
その間に占星術の知識がどんどん増えていくし、海外から日本を見ていて気付かされることってたくさんあるので、そういうことも盛り込みつつ鑑定書を書くと、ものすごく喜んでもらえる。
2年前の自分では気づけなかったこと、見えていなかったことで今わかる事って、かなりたくさんあるので、「今のほうがいいかも」「遅いのには意味があるのかも」と思うことも。

そして鑑定結果を送ると、とても喜んでくれる。活かしてくれそう。
こんだけ遅いのに、タイミング的にもその人に「合ったタイミング」で届きました、「ちょうどそう思っていた所なんです」などと「届きましたメール」来ると、「えっそうなの!?」とこっちの方が驚いてしまう・・

ブログ書いてたら、記事が一部そっくり消えちゃった・・
もうブログ書くのはこの辺にして鑑定書作ったほうが良さそう^^

私が対応しなきゃいけないのは、私が向き合わなきゃいけないのは、そういう方々、そういう優しい方々なんだろうと思う。

私の鑑定書を楽しみに待っててくれる人たちのために今日もコツコツ作る・・。
スピードは遅いけどコツコツやっていく・・。

現在私の鑑定書をお待ちの方で、相談内容の変更がある方、また電話鑑定に変更されたい方などはどうぞご遠慮なくご連絡くださいね^^

お問い合わせ・ご連絡 
https://vivi-accessary.ocnk.net/contact