に投稿

年取ったから他人に迷惑をかけてしまう?年取るのが怖い?ちょこっと手助けしてもらいながら楽しく老いる方法もある。手助けするのが好きな人もいるしねえ

なんか思うんですけど
日本人、年取るの怖がる人、多いですよね

でも確かに私も日本いたときは将来がやたら不安だったわ

年とっても、他人に迷惑かけず自立して楽しく暮らしてる人たちがけっこう少ないって事なのかしら?

海外で驚くのは老人がめっちゃ元気でイキイキしてることです。

そういう人たち見てると「年取るのもそう悪くない」と感じさせられます。

つい先日も白髪の人たちが(たぶん60代前後だと思うけどねえ・・)音楽に合わせてガンガン踊ってるの見たばかり。記事はコチラ
モナコのミュージックイベント行ってきました。踊ったの久々。帰ったら、モナコ・ガイがプリプリ怒ってた。夜10時に帰ったのに。

男女問わず老人が来てる。それもけっこう多い。若い人も白髪の人も年齢性別問わず、一緒の場所で踊ってるのがスゴイ。写真撮れば良かったね。(次回は撮りたいなあ)

気付いたら、最初のうちは私の右隣でイタリア人女性(60代くらい)が二人、左隣では20代の若い女性が踊っていた。私の左右で年齢差がスゴイなあと思った。最後の方は、気付いたら、私のすぐ右隣は20代男性でグループで来てる人たちがワーワー盛り上がっていて。すぐ左隣は60か70のお爺ちゃんがガンガン踊っていた。自分の右隣と左隣で年齢差がなんだかスゴかった。

皆さん、年齢まったく関係なく一緒に音楽を楽しみ、自分の好きな踊りを勝手にガンガン踊っています。(それも踊りの内容が若い人と年寄りでそう変わらないんだよねえ・・というか若い人より白髪の年寄りの方がダンス上手かったりするんで驚くよ。特にイタリア系はダンス上手いねえ・・)

モナコでも。白髪でシワシワの老人が朝からたくさんランニングしてるの見るよ

「えっ、こんな老人が走る?!」って思うこともある。日本だと「そんなん危ないからやめとき」って言われそうなルックスの人たちも走ってる。

踊りに行くにしたって。日本だと「年寄りが音楽イベント行って踊るの?」「その年でそんなトコに行く?ありえない。トシ考えな」って言われると思う。笑われるかもしれない。もし言えば「恥ずかしいからやめて」と周りに止められるかもしれない。だいたい日本のクラブに白髪の年寄り来てるんかね?(たぶんいないんじゃ。もし来てても見てるだけで踊ってないんじゃ?もし踊ってたとしてもかなり相当レアなんじゃ?)

コンサートでも。もし年寄りがコンサートでガンガン踊っていたら。周りの目はどうなんだろう・・奇異な目で見られそう・・

でも

年寄りから好きなこと奪っちゃいけないと思うのよ
それって罪が重いと思うのよ
好きにさせとけばいいやん
年寄りのすること好きなこと奪うと、年寄りが早くボケる。弱くなる。
そしたら誰か若い人が世話しなきゃいけなくなる
大変になる。
だから年寄りには好きなことしてもらって好きに生きてもらうのが一番得策。
それが年寄りも一番健康で長生きするしね。世話もしてあげなくて済むから周りもラクだしね
そのほうが世の中丸く収まっていいやん

ブライアンの友達のお母さんも90歳過ぎていて、既に目が見えないそうですが、広い家に、なんと一人暮らし。90過ぎて一人暮らしだよ・・
目が見えないけど、毎日の掃除・洗濯・ご飯作りを自分でこなし、友達を家に招くという。驚き。
ずっと何十年もその家に住んでいるので、どこに何が置いてあるか覚えていて、手探りとカンで何でもわかるそうなんです。
できないのは買い物と車の運転。だから息子さんが定期的に買い出しに行って、決まった場所にモノを補充するんだそうです。それが息子さんの役目。(他に役目無いみたい)
ちなみにこの息子は現在60過ぎ。仕事が続かず今までろくに就職したこともありません。だから貧乏。自営で内装工事をちょこっとしてたけど「料金が高い上に仕事が遅い」ということで友人たちさえも彼に仕事を頼まないという。
でも彼はお母さんを助けている。何十年にもわたって。
就職してないけど仕事もろくにしたことないけど。その代わり、何十年にもわたり、ずっと老いたお母さんを手助け。遠くから定期的にお母さんの家まで一日かけて通う。実家に定期的に来てモノ補充してるのはこの息子。
こういう人も必要よね。親子だけど一緒には暮らしてない。90歳でも一緒に住んでない。かなり遠くに離れて住んでる。お互い一緒に暮らす気も全くないらしい。でも息子はお母さんの友達とも仲良く会話しててなかなかイイ感じ。仲良さげ。
そしてお母さんが亡くなった後はこの広い家(プール付き豪邸)と遺産がガッポリもらえるらしい。貧乏から急に金持ちになる予定。

90歳超え。日本だと「90歳の老人に一人暮らしさせるなんて」「その年なら同居がアタリマエ」「誰かが面倒見て当たり前」「施設に入れたら」みたいな流れになるよねきっと・・
90歳超えてて、おまけに目も見えなかったらねえ・・「老人を放置するな」的に勘違いされそう。家族が責められてしまいそう・・。
日本の親子関係を基準にして考えると、ちょっと不思議な気もしますが、そういう親子関係もあるんだなあと思いました。素敵。
自立っぷりが素敵ですよね。甘えてないもんね。

以前、台湾で暮らしてた時、コインランドリーに入ったら。干物かミイラのようにカラッカラに干からびたおばあちゃんがコインランドリーの掃除をしているのを見ました。干からび具合がすばらしく「こんなに干からびている人間初めて見た」くらい干からびてたので目がテンでした。たぶん相当長生きと思うよ・・。
とっくに90歳過ぎてそうでした。たぶん100歳近かったりして・・
おばあちゃんはゆっくりと洗剤の空容器を集め、軽く掃除した後、ゆっくりとコインランドリーの奥の部屋に入っていきました。どうも奥が自宅になっているようでした。

「う~ん・・確かにコインランドリーなら老人でもやっていけるよなあ・・」と思いました。コインランドリーなら、掃除して、コインを回収するだけですよね。他に特にすることないよね。万一故障したら業者呼ぶしかないしね。

そのおばあちゃんが、朝「体操」をしているのも見たことがあります。つまりちゃんと自分で健康管理しているのです。台湾なのでもちろん家族と住んでいるようですが・・「お見事」でした。

モナコ・ガイのお母さんもとっくに90歳過ぎてますが、お元気。働き者でいつも何か(家事やしたいこと)して動き回ってるんだそうです。やっぱり動かないとダメなのかもね・・

こちらでボケ老人の話をあんまり聞かないのは(もちろんボケてる人もいるけどなんか割と少な目。それより元気な人がなんかやたら多いんだよ)、たぶんそれぞれ「好きなことしてる」人が多いからなんじゃないかなあ・・と思います。何より「年だから」って理由で「制限」しない人が多い。周りからも制限されてない感じがスゴイ。好きなことを制限しないでできる環境なら、人間きっと元気になりやすいよねえ・・

・・となると、ダンス好きな私はやっぱりイタリア住むのが一番って事なのかな・・イタリア人は年寄りでも踊るから・・というかそれよりも「早い時間に踊って帰れる」ってのが一番重要な気がする。(でもイタリアで早い時間に踊れるトコ知らない。となると、今のところ「モナコが一番」ってことだな。ただ月イチ程度しかないし冬はないんだよねえ・・)

いつでも早い時間に踊れる楽しい場所が欲しい!無いならいつかどこかに作りたい!(でないと自分が早くボケてしまうと思うので)。

店やるとなるといろいろと超・大変だけど、ビジネスにしなければけっこう簡単にできるかも、と言うことにも最近気づいた。気づいたのはモナコ・ガイが守ってくれるからこそだけど。もしこの生活が続くならの話だけど。その場合、あと問題なるのは語学だけ。

に投稿

モナコのミュージックイベント行ってきました。踊ったの久々。帰ったら、モナコ・ガイがプリプリ怒ってた。夜10時に帰ったのに。

最近、変わったことと言えば。

なぜか日本の転職サイト(en japan)からスカウトメールが届くようになったことと、モナコのパーティ(ミュージックイベント)に来ませんか的なお誘いメールがなぜだかよく届くようになったことですかね~。(どちらも登録した記憶がないんだけどね~)

中でも香川県高松市の求人にかなり魅かれましたけどね。「讃岐うどん食べられるなあ」と。

モナコのミュージックイベントのお誘いも。近いし無料だけど、それでも行くのかなり迷ってました。モナコガイが絶対怒るので。前日まで散々迷いました。

でも行ってきました!理由は友人のブログ読んでなんかスッキリしたので。
その方も家族や身近な人たちでいろいろ苦労してある方です。内容はザックリと以下の通り。

自分のことを「役者」と考えればいい。
「家族役」の人が(「大根役者」だけど)その役をしてくれている。
自分も「役者」として「役」をしているだけ。
だから相手の感情に振り回される必要もない。突き放して見てみると良いかも。

それで「あ、私役者なんだね、じゃあパーティ行ってこよ♪」みたいな(笑)

単純ね。でも単純に考えた方が行動できて良いよね。行動しないと何も始まらないしねえ

でもホロスコープ的にも実はそうなんですよね・・。だからある「役割」の人が一人去っても、また誰か同じ役割の人が来るんですよね・・。
なぜなら、そういうホロスコープもちだからです。( 例えば自分を困らせて来る人のタイプって、だいたいいつも似たようなタイプ、同じようなタイプですよね。あとご縁のある人のタイプも、なんだか似たようなタイプですよね)。その繰り返しですもんね・・。
・・だから相手に文句言っても仕方ないんですよね。自分の周りの「役者さんたち」が役を演じてると考えるとわかりやすいですよね・・
なぜなら彼らは彼らで一生懸命「役を演じている」「(自分の)脇役をマジメに演じてくれている」んですから。誰にとってもきっとそんな感じ?

「演奏まだかな。早く始まらないかな」と思いつつ隅っこに立ってた。DJはいるみたいで音楽は流れているけど。テーブルは全てリザーブ。私はリザーブしてなかったので、バーの近くに立って始まるのを待っていた。

するとすぐ近くの、右テーブルに座っていたイギリス人女性が立ち上がって。DJの音楽に合わせてステップを踏んだ。旦那らしき人は仏頂面で座ったままそれを黙って眺めていた。ダンナ(仏頂面)の顔色など全く気にせず一人でステップを踏む女性がなかなか良かったので、つい思わず「Nice!」と親指を立ててイギリス人女性と笑い合っていたら。知らないフランス人女性(30歳前後くらいで小柄で笑顔が可愛い人)がやってきて、私に話しかけてきた。「もしテーブルを予約していないなら、私たちのテーブルに来ませんか?」ビックリ。ラッキーだなあ。優しいねえ。男性からテーブルに誘われたら断るけど、とっても可愛いらしい女性だったのでありがたく好意を受けることにした。テーブルに行ったら、その人の彼氏はマクロン大統領ソックリでちょっと驚いた。「フランス人ってこういう系統の顔だよね~」と思いながら見てた。「丸顔のマクロン」て感じだったが「マクロンに似てる」と言っていいものか迷ったので言わなかった。(フランスのマクロン政権に対するストライキがまだ続いているので)。その後、170cmは軽く超えてる、背が高くてモデルみたいな華やかな女性(その人の友人)が早速私にビズしにきてくれたのでちょっと驚いたがなんとかこなした(初対面の人とビズするのがニガテなんだよねえ・・)。フランス人は他人ともすぐビスできるからスゴイねえ・・私にはできないわ・・。突然のビズにいつも驚かされるよ。

他の客。みんな後ろ向いてたから撮ったのにいきなり振り向かれてこっちがビックリしたよ

演奏が始まったので、フランス人女性に「ステージの前行って踊ろうよ」と誘ってステージ前に行った。彼女もとても嬉しそうに笑ってた。しばらく踊ってたけど、でもそのうちいつの間にかそこから彼女はいなくなっていて席に戻ってた。どうも踊りに来たんじゃないらしいねえ。フランス人ってあんまり踊らないんだよねえ。ふと見ると私の右隣でイタリア人マダムがふたり、ガンガン踊っていた。どう見ても60代くらい?でもノリノリだった。スゴイねイタリア人。元気。

演奏はすごく良かった。期待以上だった
レーザーが綺麗
トランペットの繊細な吹き方がとても良かった

フランス人女性にお礼言って家に10時に帰った。お礼にこちらからビズした。ちゃんとできた。相手によっては抵抗なくできるんだけどなあビズ。きっと心理的なもんなんだよねえ。それにしても夜10時帰宅は、こういうイベント行ったにしては、ものすんごく早い帰宅だと思うよ。(ちなみにクラブなどのオープンは夜11時半から。遅い)フランス人女性は「え、もう帰るの?明日もおいでよ。テーブル予約済みだから」とモナコの別のパーティに誘ってくれた。だけどさすがに2日間連続は無理やろ・・。

急いでまっすぐ帰ったが、案の定、モナコガイがプリプリ怒っていた。
玄関で靴から室内履きに履き替えるんだけど、いつも玄関に置いてる私の健康サンダルが無い・・ああ怒って捨てたのかもヤバイ・・と一瞬思った。「もう帰ってこなくていい」ってことかなあと。(実家では夜出かけた後はいつもそんな感じだったので)
でも靴脱いで裸足でバスルームに行って見たらそこにあった。それもきれいに洗われていた。
私の健康サンダルをモナコ・ガイが綺麗に洗ってくれていたよ。ありがたや~。
そしてモナコ・ガイが言う。「健康サンダルは毎日洗わなきゃダメだ!」プリプリ怒りながら私の健康サンダルを洗う・・。面白いねえ。綺麗好きねえ。
(普段、モナコのアパートの大理石の床の上を健康サンダルでペタペタ歩いてるよ。健康サンダル好きなんで。まあ生活ってそんなもんよね。モナコ・ガイのスリッパは普通のスリッパだけどね)
その後キッチン行ったら。
今朝は2枚あったはずの板チョコが2枚とも無い・・。
ということはモナコガイが、2枚も板チョコ食べたってことか・・普段こんなに一度に食べないので、たぶんストレス解消に甘いモノ食べたんだろうなあ。ストレスでチョコのヤケ食い。女子みたいだなあ・・
他にもいろいろプリプリ怒ってたけど。モナコガイが怒り方が面白い・・。こんなに怒り方が面白い人もなかなかいない。怒り方が「可愛い」。
(これは私の両親が怒り方が非常に恐ろしいタイプだったので、モナコガイの怒り方が可愛く面白く見えるのもあると思います。おかげで海外で男が怒っても全然怖いと感じないんだよねえ・・今までイタリア人、アイルランド人やセルビア人、黒人やモロッコ人などと口論やもめたことがあるけど(多いね)、怖いと感じたことがない。不思議なくらい・・。モナコ・ガイの怒り方なんて、どっちかというと「面白い」し「可愛い」。でももし私の両親が怒り方がものすごく怖い人たちでなかったら、そういう経験が無かったらこうは感じなかったんではないかと思うのよ~。人生、何がイイんだかわからないねえ・・でもたとえ相手が悪いにしろ、外人男とケンカするのはもうやめようと思う。モナコ・ガイからもじゅうじゅう注意された。もしケンカ売って来られてもこれからは全無視することにした。先日、モナコ・ガイの店でついモロッコ男と言い争ってしまったため、その後あんまり店に連れて行ってもらえなくなったので・・。「怖くない」ほうがかえってアブナイかもしれないと思う。外国人なんだし問題は起こさないようにしないとねえ。ムダに巻き込まれないようにしないとねえ。)

短気は損気」ってホントよね・・

でもモナコ・ガイとはあんまりケンカにならないんだけどね~。怒り方が面白いから。モナコ・ガイも、たとえ怒っても私が「アハハ」と笑っているので安心して怒れるみたい。遠慮せず感情も出せ、怒れてスッキリするからこれはこれでイイんじゃないかと思う。(でも私だっていいオトナなんだからさあ。オトナが夜10時に帰宅して文句言われることもないやろ、別に怒らんでも良くない?とは思うけどね~)

親が怖すぎたりしていろいろツライ目にあった方々、けっこう多いと思いますが、その経験が後になってかえって幸せを呼んでいるかも、ってことにいつか気づくと思いますよ!実は「イヤな経験」が「貴重な経験」だったかもってことに。(ただ、それに気づくの随分と後になってからだけどね)

また先日、とある不思議なご縁で、出会った人がいまして。
その人は、オランダでミュージックカフェ3年経営
スペイン、イビザでミュージックレストラン5年経営
スゴイね。でも現在はどちらも経営をやめたみたいだった。
イビザって、島全体がクラブとか言うトコよね(私はまだ行ったことないけど)

「ミュージックカフェやミュージックレストラン経営してみて、どうだった?」と聞いてみたら。

「どうだったかって?クレイジーさ!!」

CRAZY!!

そうなのか~
クレイジーなのか~・・
よっぽどだったんだろうなあ・・
この場合のクレイジーって、一番近い日本語だと「あほくさ!」「やってられない!」みたいなニュアンスかねえ・・

英語で「バカ」って、stupid とか crazy とか fool とかいろいろあって微妙にニュアンス違うし使う場面も微妙に違うんだけどね
crazy だと突然アホなことするとか、突拍子ないとか、ちょっと危険な感じのニュアンスかねえ(やめたのどうも3年前の2016年ぽい。この年は確かにCRAZYな年回りだったね・・)

時間帯も夜中心で経営してたらしいんで、クレイジーな客来るだろうねえ。イビザだしなあ
(私なら、もし経営するとしても昼間だけしかしたくないし、夜は眠いので夕方6時で店閉めたいけどねえ。そう言ったら「そりゃ面白いアイデアだな」って言われた。でも皮肉かもしれないよね。夜の方が絶対儲かるだろうし。実際店持ったら家賃とか税金とか支払いがいっぱいあるし、一度店始めたら、夜早く店閉めるなんてこと言ってられないかもしれない)

他にもいろいろ話聞いてたら(書けないような内容)けっこう怖かった・・ (さすがに私もちょっと寒気が。)

やっぱり音楽って、海王星の世界って。「いろんな人が集まる」だけにいろいろ大変そうですねえ。音楽の世界って、癒されるけど、癒しと恐ろしさとが紙一重。両方あるよね。「店を守る」ために怖い人たちも絡んでくるしねえ。オーナーや音楽関係の人、だいたいガタイがいい人が多い。あと男が多い。音楽の世界って、やっぱり男の世界なのかもねえ。女一人、それも私一人(それも外国人)が一人で店やれる感じじゃないかもな気がしてきた。

一瞬「昼だったら別にイイんじゃ?」とも思ったけど、海外、昼から酒飲む人たちも多かった・・(ヨーロッパのレストラン、割とどこでも平日の昼からワインとかビールとか飲んでる人見ます。ランチにワインとかけっこう見かける)

う~ん・・
やっぱりミュージックカフェは、こういうのは、経営するよりも、客でいた方が楽しめそうかも・・。
(ただ昨日のパーティではオーナーかそこの経営者ぽい人たちもガンガン踊ってるの見た。オーナーが踊る店はイイ店だと思う。ミュージシャンもやりやすいと思う。でもオーナーらしき人、デカイ白人の男だった・・。それにモナコは世界でも安全なトコ・・)

なぜか今年始めから突然、モナコの音楽イベントやパーティの無料招待のお知らせメールが届くようになった。(理由はよくわからないけど、たぶん去年オペラ座のジャズイベントやDita von teese観に行ったせいなのかも?)

最初、行くのちょっと躊躇してたけど、行けば行ったでなぜか「一緒のテーブルにどうぞ」って誘ってくれるような親切な人とも運良く出会える。だから、もうこれでいいかも。なんか満足した。「これでいいのかも」なんとなくだが、そう思う。

第一、パーティ会場が目の前で近いし時間も早いもんね。歩いて2分か3分よ。
無料の上、夜10時には帰宅できるなんて。こんなイイ条件、他に無いよね。
これで文句言ったらバチ当たるわ

だからこれでいいのかもしれない・・とりあえず当分はこれでいいや。
次は6月初めにまた今日と同じようなパーティがあるらしいよ。コートダジュールは夏がハイシーズン。今、春先だからどうしてもイベント少なめだけど、夏はもっとイベントたくさんある。最低でも月一回くらいはこういうイベントが近くであるみたいだから、もうこれでいいや。
次回、6月はスペインの弁護士も飛行機でモナコまで来るらしいよ。ダンスが大好きな弁護士。面白いねえ^^ 一緒にステージ前で踊りたいんだと。テーブルリザーブもしてくれるらしい。でもホントに来るのかね??「モナコはホテル高いんだろ?」って言うから「モナコ高いからフランスかイタリアでホテル取った方がいいかも。演奏が10時頃終わるからそれから余裕で電車乗って帰れる」と教えてあげたらとっても喜んでた。男なら夜、電車乗っても別にどおってことないしねえ。(女性には夜一人で電車はお勧めしません。何もなければいいけど。そこは自己責任で)
モナコのパーティやイベントに一人で行くのはなかなか勇気もいるだろうし、ちょっと敷居が高いというか気軽に楽しめないかも・・だけど今なら、私がいるから来やすいのかもしれないよね。私がキッカケになってるのかもしれない・・。
私の鑑定依頼者でモナコのパーティ・ミュージックイベントなどに行ってみたい人、もしいらっしゃったら、私がモナコいるうちにぜひどうぞ。
いつまでモナコいるかなんてわかんないよ~私。移動や引っ越しが決まったら、もう対応できないよ。(そこんとこ先に言っときますよ。そしていきなり決まることが多いよ、今までもそうだった)
来月はまたモナコ・ガイと、イタリアの弁護士のトコに行くよ。

に投稿

「輝いていないといけない」人たち。輝いていないと大変な人たち。たとえば叶恭子さんとか?一般人にもいるけど輝かないとやっぱり大変みたいなので輝いて下さい。遠慮しないで。「叩かれるのが怖い」なら対応策も。

「輝いてるか病気か」みたいな人達がけっこう周りにいます。鑑定依頼者にも多いです。そういうタイプ。

「輝いてないとダメ」な人たちっています。というより「輝かないとダメになっていく」と言った方が正しいのかもだけど。

輝いていないといけない人たち。輝いていないと(かえって)大変な人たち。

とってもわかりやすい有名人の例で言えば、叶恭子さんとか?やっぱり有名人にはそういうタイプ多い。「輝き続けてないと」な人たち。

一般人にもそういう配置の人けっこういる。例え一般人だったとしても何らかの意味で、何らかの方法で輝いていないと、やっぱりかえって大変なことになる感じ。

こういうタイプの人は、
自分を輝かせてくれる人を身の回りに置き、自分が輝く方向にひた走っていないといけないのです。

走り続けないといけないのでしょうね、きっと。

芸能人にこういうタイプ多いですけどね。あの人たちは「一生素敵でい続けなければならない」のですよ・・

そうでないと叩かれるか、忘れ去られて惨めな思いをするか・・

「劣化した劣化した」といちいち騒がれてしまうのもそのせいですね。誰だって年とりゃ劣化するよ。一般人だったら「年相応でしょ当然」で済むことがそれで済まないからね。

まあ大変ですよねえ・・

そういう人たちは、確かに素敵に見えるかもしれないけれど。でも
「普通の幸せ」ってのもあると思うんです。

どっちがイイんだかわかんないですよ。

比較できない。

どっちにしても。

とにかく自分らしく生きて行くしかない。

「輝きたい」タイプの人も、「輝いた方がいい」タイプの人たちもね、大事なのは

◆自分が輝くための具体的な方法

それから

◆自分がどこに向かってどういう人たちに向かって自分をアピールすればいいのか、くらいは知っておいた方がいいと思うの。

「ほぼ全ての人たちに幅広くウケる・支持されやすい」のならもう芸能人なったほうがいいよ。芸能人ってそういう人達よね。

でも現実にはそうでない人たちの方が多いし。

自分の「ウリ」「特長」「しなきゃいけないこと」は何なのか

あと「どういう人たちに対して」アピールするか←ココ大事よね

スカイプ鑑定だと、そこ聞き逃しちゃったかな?的な人たちもけっこういるなあって気がすることがあるよ。その辺はご本人の「話を聞く能力」などにもよるんだけどね・・経験も中身も違うから全部話が理解できるわけないんだけどね

でもちゃんと伝えてるし言ってるんだけどなあ・・

「誰にでも」とか全然言ってないのになあ・・(「誰にでも」すると失敗したり問題になりやすいと思うのよ)

そこんとこもっと「強調して」言ってあげたほうがいいのかもねえ。何度も繰り返し言うとかねえ。でも何度も言うとしつこいと思われそうだししつこいの嫌がる人もいるから難しいのよねえ。(ちゃんと話聞いてるな的な人だと話しやすいし、聞いててわからなかった点を質問できる人の方がやっぱり話聞けてるみたいだとは感じるけどねえ。実際そうだろうと思うし)

「状況と相手」は考えて行動しないと。そこは当然だよ。

だいたい「割と誰にでも好かれやすい」タイプなら、もうすでに人から誘われたりして何らかの人気商売ぽいことしてるでしょうし。(接客業はじめ営業・販売もどこか人気商売みたいなもんだし。人好きするタイプでないとなかなか売れないよねえ。あと、自営業なんてほぼ人気商売ですよ)

あと「叩かれるのが怖い」なら対応策ももちろんあるよ。ただ「守り」と「攻め」は両方必要だよ。「守るだけ」じゃたぶん不足だよ。

それにしても。

「自分の役割」って意外と自分で選べないもんだよね・・。(私もその一人ですが・・。「したいこと」と「できること」が違う)

だから軌道修正が必要になることは絶対あると思うのよ。まっすぐな道をひたすらまっすぐそのまま歩いて行ける人なんて、どこにもいないと思う。

マダム・ファントムの西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

に投稿

男女・夫婦の形。(1)尽くしたい女と尽くされたい男なら合うよね。(2)尽くしたい男と尽くされたい女も合う。でも(3)尽くしたい女と尽くしたい男だと多分あんまり合わないし、(4)尽くされたい女と尽くされたい男だともう全然合わない。そして日本で「(世間的に)良し」とされているのは(1)だけぽい。

男女・夫婦の形について考えてみた。
(1)尽くしたい女と尽くされたい男なら合う。◎
(2)尽くしたい男と尽くされたい女も合う。○
(3)尽くしたい女と尽くしたい男だと多分あんまり合わない。△
(4)尽くされたい女と尽くされたい男だともう全然合わない。無理。×

そして日本で「(世間的にも)良し」とされているのは(1)だけぽいよね・・。なんか「限定」ぽい。

でも他の形でも別にいいんじゃと思う。
特に(2)尽くしたい男と尽くされたい女」もいいんじゃと思うんだけどね、実際合うんだし。
ただ(海外ならまた別だけど)日本だと下手するとそういうの世間的に「みっともない」と思われたり言われたりすることあるよね。

「女のくせに」とか「旦那を尻に敷いてる」とか言われやすいかも。(プライベートを全て隠せばまた話は別ですが)

だいたい「女のくせに」とか英語ではたぶん言わないんじゃ。聞いたことないよ。もしフランスでそんなこと言ったら社会から反論の嵐ね。そして言った人は「低能・バカ扱い」されてしまうの確実でしょう。イタリアで言うとイタリア人から総スカン食らうでしょう。何しろイタリアで一番偉くて愛されてるのは「おばあちゃん」だからね。イタリア人、めっちゃおばあちゃんを「立てる」。

そんな感じ

でも日本ではまだ
「男の人は家事なんてしないでどーんと座ってりゃいいのよ」的な感じ?
尽くす女のほうがいい女で、家事しない男の方がなんか格が上、偉いみたいな?
「できた奥さんでうらやましい」「奥さんに大事にされている男でうらやましい」とかそんな感じ?

都会に住んでる若い人たちはそんなことないのかもしれないけど、地方はまだまだそんな感じのところも多いよね。

テキパキと男の世話する女のほうが「いい女」として認められやすい空気あるよね

「女が男の下で、女が男の身の回りの世話や家事しないと」みたいのが割と「不文律」としてある気がするんだよねえ

そして女も「多分私がしなきゃいけないんだろうな~」と思ってやってしまうというか

環境に流されてしまうというか

でも

ホロスコープの配置的に「男に尽くしてもらうのが合ってる女」なら男に家事してもらった方が上手く行くし続く。(私もその一人ですが)

「女に尽くすのがあってる男」なら、家事したり、彼女や奥さんに尽くした方がシックリ来る。(やってみれば)意外なほどシックリくるはず。

時に「彼女や奥さんに尽くさないでいると自分がダメになっていく配置」の男性とかもいて。
(このタイプの男が一番大変だと思う)

日本だと(なんだか日本の教育に合わないので)この配置でも女に尽くさない男も多いけど、それだとどんどん運気が下がっていく。そして女に対して恨みつらみが多くなっていく・・(自分が配置と逆のことしてるからうまくいかないのに相手や周りのせいにする感じ)

男はねえ・・難しいよその辺が。

教えてあげても聞く耳持たないもんね。

日本だけでなく、白人男にもいるよこういう男。けっこう多いよ。
女に尽くした方が自分が幸せになれる配置なのに、逆に女を支配し、女を利用しようとする。だけど、それが上手くいかなかったり、続かないので、女に対するうっぷんがたまってるタイプ。(この場合、当然ながら仕事も上手くいかなくなっていったり、病気で倒れたりとかが多い。だって開運行為の逆やってるからねえ・・そうなっていく)

でも、女のために働いて、女に尽くすと幸せになれる配置なのに・・

でもそれを「できない」と思うのか「恥」と思うのか、今までの経験なのか・・

その辺の考え方を大きく転換することができない男は多い。とても多い。

男が男にその辺教えてあげればまだしもねえ。聞く耳持つのかもだけど。そういうことを女から言われてもねえ。ただ反発するだけなんだろうなあと思うよ。(でも男性は同じ男性同士だとライバルになるので教えないのかも。ルックス良かったりするときっとなおさら教えないと思うよ)

とにかく女性のほうが男性よりは柔軟性があるし
西洋占星術などについても割とすんなり受け入れられる人もいらっしゃるし、 女性の場合なら、考えを転換することできる人も割といらっしゃるけどねえ・・。(でも考え方を変えるってほんと難しいことよね。よほどの挫折体験が無い限り無理。そして挫折してもそれを活かせない人も多い。ただ挫折するだけで終わっちゃいけないのに。挫折をチャンスに変えなきゃいけないのに)
いっそ今の環境を出てしまうのもイイんだろうけどね。場所変えるの大事よ。環境が変わることで楽になったり自分が変わることが実際あるからねえ。

あと相手は、そういう相手を最初から探すことが大事だよね
付き合い始めた後で、男を変えようと思っても難しいから。男は変わらないから。(女も変わらないけどさあ)

自分を変えることができるのは自分の意思と行動だけ

あと、付き合って最初が肝心よね

今モナコ・ガイとうまくいってる一番の理由としては
私が最初に家事しないことを宣言したからだと思う。(当然ケンカにもなったしもめたけど)

「私家事したくない。生ハムとチーズと野菜と果物食べてりゃそれでいいんだよ私は。だから料理したくない(実際そうなんだよね。実はその食生活が一番好きで一番体調がイイんだよね)」

生活って毎日のことだからねえ。

食事、できるだけ分けたいんだよね実は。できれば一緒に食べたくない。食べろと強要されるのがシンドイから。

実は朝からパン食べたくない。朝から食欲ない。(でもモナコ・ガイがフランスパンにアルガンオイルつけて食べるのを毎朝薦めて来る。それもしつこく薦めて来るので、断り切れない・・。実際とても美味しいのでつい食べてしまう・・アルガンオイル大好き。でも自分的にはなんか納得いかない・・美味しいんだけど・・)

「美味しいけど食べたくない」と私が言うと、モナコ・ガイは眉間にしわを寄せていつもこう言う。「アフリカ難民は食べ物が無くて可哀想なんだよ」。とかなんとか。延々とそういう話の流れになるので、なんだか非常にメンドクサイ・・
(朝からアフリカ難民の話されて、だから朝食ちゃんと食えと。困るよ実際そんなこと言われてもさあ・・でも確かに今、フランスでは、毎晩のようにアフリカ人たちが闇に紛れてボートでアフリカからやって来る。なんせ地中海挟んでアフリカなんで近いから。でもほとんどが見つかって帰されてしまうけどね)

でもさあ・・それって、アフリカ難民と日本人の私をどこかごっちゃにして考えてない?それってなんか違くない?確かに同じ人類だけどさあ・・でもいろいろ事情が違くない?

あとさあ
パン食べるとなんかだる~くなってしまってその後なぜか動けなくなるんですけど・・活動的でなくなる
私だけ??
パン食べないほうが、絶対体調イイんですけど。私だけ?

「パン食べるとだるくて眠くなるからイヤ」と言ったけど、なんかモナコ・ガイのホンネが「私には家で寝ててほしい」らしいよ。それって病人?そんな生活、私にゃあ~無理なんだよ。(10室月です。外に出てるのが自然なんです)

でも世の中、貧しくてご飯食べられない人も確かにいる・・。
私もタダで美味しい朝食食べられて恵まれてるなあとも思う・・。

まともに正直に答えても。なんだからちが明かないということは。きっと「嘘も方便」的会話内容に変更するしかないのかもしれない。・・最近そう思い始めた・・

実際私の場合、正直に言えば言うほど、なんか話がこじれていくし不利になっていく気もするんだよねえ・・正直に話したらかえってえらく疑われてしまい(正直に話したのにさ)。全然信じてもらえないので困り果てた挙句「相手が望む嘘」を言って見たらあっさり話が通った、という経験も実は多い。・・なんだそれ・・。

もしかしたら私の現実は他人から見るとかなり「非現実的」と思われるのかもしれない。きっと理解できないんだろうな・・(特にお堅い世界の人には理解できないみたい)

話し戻すけど

なんかこのところモナコガイが、私が家にずっといるよう仕向け、私がご飯作る雰囲気と言うか流れになってきてるので、これは気を付けないとなあと思う・・
(理由はどうも私が先日、他国に飛行機で自営業ビザ手続きに行こうとしたかららしい)

ということで、家にいる日が続いていますが。でも家にいると鑑定書がなかなか作れなくて。それがすごくストレスなんだよねえ。
家と外では鑑定書作れるスピードが全然違うんだよ。

ただまた近々イタリアの移民弁護士のところまでモナコ・ガイに連れて行ってもらわなきゃなので、今モナコ・ガイの機嫌を損ねるのも得策ではない・・。手続き大変なのに、モナコ・ガイがいると話がどんどん進むので。イタリア警察も弁護士もなぜだかどんどん対応してくれるので。スゴイ。(結局モナコガイの薦めでイタリアになりそうな流れ・・やっぱり私はイタリアなのかねえ・・)
そしてモナコ・ガイは今、ストレスで腰痛が出ている・・(ちょっと可哀想ねえ・・)

仕事とプライベートのバランスを取るのって難しいなあと最近よく感じる。
一人の時ならもっと自由にやれるけど、誰かと暮らすと難しくなるねえ。自由無くなるねえ。

雇われの仕事だと行けば即仕事できるけれど、時間と場所を拘束される。
自営だとそこは自由だけど、プライベートと仕事のバランス取るのがすごく難しい。

私の人生なんだけど、今年は私の思うように物事が進まない年回り・・。
「自分で何でもやりたい」「遠くに飛行機で飛んで行きたい」私としては非常にやきもきしてしまうが、なんとか耐え忍ぶしかない。今年は仕方ないとあきらめ、今、自分にできる範囲でできることをコツコツやっていくしかなさそうねえ・・。今年は忍耐の年ですねえ。ふう。

まあ、そんなときもあるさ。

マダム・ファントムの西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

に投稿

◆西洋占星術◆スカイプ鑑定依頼者の方から頂いたご感想♪

マダム・ファントムの西洋占星術

 スカイプ鑑定ご依頼者の方からご感想メールを頂きました。
ご感想、誠にありがとうございます^^とても嬉しいです。
ブログ上からですがご感想下さったあなた様へ心から感謝申し上げます^^

************

先日は、スカイプ鑑定をありがとうございました。
実は、申し込むことに、すごく躊躇しました。
でも、その反面、とても惹かれるものがありました。

今後の人生について、悩みに悩み、時間ばかり過ぎて、何をどうしたらいいかわからない。
何がいけないんだろう、一生懸命やってきたつもりなんだけど・・・。
かなり思い詰めていましたので、お話を聞いてすぐに、感極まってしまいました。

たたかれるのは、悪目立ちするから。なら、外見でも目立たないようにして、できるだけ黙っていよう。
おっしゃる通り、全然解決しませんでした。むしろ、苦しくて、どんよりとしていました。(思えば外見も)
全員に愛想よくすればするほど、良いことがないという(笑)
ますます、感覚は鈍くなるし、自分の好きなこと、楽しかったこと、ちっとも思い出せない。

嫉妬やたたかれやすさは、自分の態度(やり方)が原因だとばかり思っていました。
外見に関しても、女性的であったり、色っぽさといったものに関して、これを良さとして活かすことは、
考えていませんでした。むしろ否定的に育ちましたので。
自分がのびのびとしていた時というのは、周囲には同性も含め、むしろこれを評価してくれる人がいる
環境だったなあと、その時の気持ちを思い出すことができました。

鑑定の時間が進むにつれ、心に元気が取り戻せた感覚がありました。
また、今後進んでいく過程について注意すべき点も、明確に言葉で表現してもらえたのは、
とても良かったと思います。
何となく、薄々気付いているようなことがあっても、はっきりと言葉で聞いた方が、
今後意識して注意が払えると思います。

今後、良いご報告ができるよう、前に進み始めたいと思います。
ありがとうございました。

***********

金星アウトオブバウンズの方でした。
そのうえ女優さんみたいな配置いろいろ。
(というかそっち方面行った方がいいよこれだけ揃ってるならねえ)
あまりに美人過ぎて。
驚いた・・
金星アウトオブバウンズの上、、女優さんみたいな配置いろいろある人って、ほんとハンパなく綺麗なんだね
「ああ、実際、女優さんとか、銀座のクラブのママってこんな感じなんだろうなあ・・」と思いながらスカイプしてました。
やっぱり普通じゃないよ
(ちょうどその前日に動画で見てた銀座のクラブのママにもちょっと似てありました。実際そういうことも周りの人たちから言われるそうです)

そういう人が一般人の社会、「お堅い社会」に普通にいたら・・どうなんでしょうね
合わないよね
なんか「場違い」かもよね。目立ちすぎる。

だからそこから「はじかれる」チカラが働く。普通じゃないから。

でもはじかれて、それがいいと思う。そのほうがかえっていいと思う。
そこにいるのはある意味「間違い」かもしれないのよ。
普通の世界からは、はじかれて、自分だけの世界を作るほうが合ってる。
周りに崇拝者だけを集めて輝く方が合ってる。

金星アウトオブバウンズの有名人としては、叶恭子さんですね。

鑑定依頼者の方も本当にお綺麗でした!でもお綺麗と言っても、鑑定依頼者ご本人は、現在、芸能関係でも水商売系でもなく、非常に「お堅い」職業の方なんです。(ご自分もご実家も国家公務員系の方。こういう鑑定依頼者多いですけどねえ。「お堅い」所で「普通に」しようとしてかえって苦労してある方)

でもそういう「お堅い」世界、「お堅い」家族の中に生まれた意味もきっとあると思うんですよね・・。

「お堅い」世界で輝けばいいんですよね。自分なりのやり方で。

ただ今のままでは、ちょっと合ってないですよね・・。
こういう方には、今までのキャリアはもちろん活かしつつ、美を追求する方面に行かれて、「美のカリスマ」として綺麗にされて威張ってドーンと座って、ぜひぜひ何かの「広告塔」として輝いて頂きたいです。
ぜひぜひ「憧れの人」になって輝いて頂きたいです。

たとえば叶恭子さんは金星アウトオブバウンズの人ですね。美に関して「桁外れ」な感じですよね。「誰にも止められない」というか「誰も理解できない存在」ですよね。それでいいんですよね。

だいたい、ああいう方は、ご自分の存在自体が「広告塔」ですからね。
女優さんなども、人が集まってきて人が興味持って金落としてくれるからこそ、女優さんのギャラ高いし女優としての存在価値があるんですよね。
だからただ綺麗なだけじゃあダメなのよね。世の中綺麗な人はけっこういるけど広告塔になれるかどうかはまた別の話よ。(逆に言えばそれほど綺麗でなくてもそれさえできれば女優として仕事できるってことなんだけどね)

適材適所です。そういう桁外れな人も世の中必要です。
もともと「普通ではない」んだから、普通でないことをすればいいんです。
そういう人が「普通」に「地味」にするとかえって良くないと思うんです。ご自分もツラいしね。

だいたい、キラキラした綺麗な人が全然いない世界なんて。
想像しただけで暗くて灰色にすすけてつまんないでしょう?

「綺麗な人」「才能のある人」「憧れの人」「夢を与える人」は世の中、絶対必要なんですね。

なぜならそういう人がいないと世の中つまんないから。
そういう人がいないと、世の中がくすんで見えて来るから。

あと、才能のある人は、その才能に嫉妬し潰そうとする人の方向なんか見ても仕方ないんだよ。
日本など「人がやたらうるさく批評・批判してくる」感じの国では特にね。
しっかり見なきゃいけないのは、自分を讃えてくれる人たちの方なんだよ。
批判してくる人たちの方じゃないよ。
(そこついうっかり間違えがちだけどね)

その人の配置によっていろいろ違って来るけど、例えば12室金星アウトオブバウンズだったら、自分を批判してくる人とはキッパリ距離置かないといけないでしょうね。

「一般人からは手の届かない女性」になるべきでしょうね。(例えば実現可能かもな具体的なイメージとしては。自社ビルの最上階のガラス張りの部屋にゴージャス綺麗にして君臨していて、重要人物とだけしか会わない話さない女性、ってイメージかな~。他にももっとあるかもだけど)

マダム・ファントムの西洋占星術

P子の西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^

に投稿

相性がイイ場合と、相性の悪い場合の違い。相性がイイ場合は、相手の言ってることに対し共感・共鳴しやすい。相性が悪い場合は、相手の言ってることにまったく共感・共鳴できない。

相性がイイ場合と、相性の悪い場合の違いとして

相性がイイ場合は、相手の言ってることに対し共感・共鳴しやすい

相性が悪い場合は、相手の言ってることにまったく共感・共鳴できない

というのがあると思います。

共感できる場合は、同じ配置を持っている場合も多いです。共感できても実はそれほど相性が良くない場合もけっこうありますけど、とりあえず共感もできるしある程度理解もできます。

でも・・相性が悪い場合って、いくらわかりやすく説明しても・・わかってもらえません。

この場合、たぶんいくら説明しても無駄なのです。

永遠にわかってはもらえないのです。

というか説明するたびに悪く取られる。「え、そう取るの?!」とビックリして何も言えなくなってきますねえ。

ということは何も言わないほうがきっと良いのかもしれませんね、お互いのために。

きっとそうなのでしょう。

女性は「共感」を大事にするけれど

それは「相性の良い人」を見つけることの重要性を知っているからでしょうね

「共感できる」場合、相性の良い場合も多いので、やっぱりその辺賢いなあと思います。

でも、共感はできても、実は相性はいまひとつの場合ももちろんあります。

ただ、たとえ相性がちょっと微妙だったとしても「共感できる人」というのはどこか似たような経験をしていたり、似たような配置あったり、考え方が似ている部分があったりするので、なんとなく分かり合える部分があるのです。

だから「全く共感できない人」というのは、やはり相性がかなり悪いのだろうと思われます。
(別に相手が悪い人のわけでもない場合は特にね)

・・突然ですが私、実はシャキーラが苦手なんです・・(シャキーラファンの人には悪いけどさあゴメンよ)
もちろんシャキーラに会ったこともないけど・・。でもPV見てるだけでイヤ・・これってヘンよ・・私基本的にミュージシャン大好きだし、普段から何かしら音楽が無いと無理で。だから他にそんな風に感じる人、ほとんどいないんだよ・・いったい何で???なんで嫌なんだろう、シャキーラ素晴らしいのになぜ???・・と困惑してしまった。ふと、シャキーラと自分のコンポジットチャート作ってみたら。月海王星スクエアなどがあって・・妙に納得した・・こりゃ無理だわ・・)

シャキーラ素晴らしい。すごく素晴らしいと思うよ。綺麗で才能もあるよね。歌も踊りも素晴らしいよ。
でもなぜか嫌いなのよそれも確たる理由もなくよ・・できるだけ見たくないのよシャキーラ・・そんな自分に、自分でも「いったいなんで???」と困惑しちゃうよ。頭の中、ハテナマークでいっぱいになる。だって理由が全く思い当たらないんだもんね。嫌う理由がないよ。まったくない。

・・・でもそれは「そういう相性だから」。そしてそれがきっと「相性」というものなのよね・・。

ということはね・・

たとえ相手から嫌われたって、努力して無理して好かれようとなんてしないほうがいいってことよね。

ムダだと思う。というか、無理だと思う。

それは「無駄なあがき」なのよ。

に投稿

「毒親」とかって話題になってたけれど。でも「誰にでも毒親になる可能性はある」と思います。親子の相性次第ではね。

相性が悪い人間関係って、ありますよね。

なんか虫が好かないとか、イライラしてしまうとか・・ハッキリした理由がわからないけど、ありますよね。

相性が悪い人、それが他人だったら、できるだけ近寄りませんよね。
仲良くしようと思わないですよね、

でも相性が悪くても、それが自分の親だったり、自分の子供だったりしたら?

相性が悪い人、それが他人だったら、近寄りませんよね。
仲良くしようと思わないですよね、

でも親子だったら・・家族だったら・・
一緒に住んでたら・・

相性が悪くて、それが他人だったら、相手のこと見ても微笑みかけたりなどしませんよね
相性が悪くて、それが他人だったら、なるべく関わらないようにしますよね

でも親子だったら・・家族だったら・・
一緒に住んでたら・・
相性が悪くても親は子を世話します。微笑みかけないし、仏頂面かもしれないけど。

それは自分の遺伝子を持ってるからです。
自分の遺伝子持ってる子供に対しては「本能的に」好きだし
「本能的に」世話したりしてしまいます。

でも相性は悪いので、あんまり微笑みかけたりしないし、むしろイライラしてしまうかも・・。

だから子供には愛情は伝わりません。

なぜなら相性が悪いので、イライラしてたり疲れてしまうので。でも決して嫌いなわけではないんです。むしろ大好きだったりします。何しろ自分の子供なんで。(この辺は実際経験した人でしかきっとわからないだろうと思うが)

でもまあそんな感じでは子供の方は「愛されてる」とはまず思いませんよね。当然です。

子供が困ってるとき、親は「本能的に」助けます。なんせ自分の遺伝子持ってるからね。だから本能的に助けてしまいます。
(子供のために「なりふり構わず」何でもする感じの親御さんって、世の中いっぱいいますよね。周りが見えていませんよね。なりふり構っちゃいられないのは本能絡みだからこそですね)

例えば困った時に助けてあげたり、助け合う場合も。
親子で相性が良ければ、普段から一緒にいることが楽しいし、話も通じるし、気持ちも通じることが多いので、普段からシックリ着ます。必然的に「困った時の助け方」もシックリ来ます。親子でチカラを合わせて困難も乗り越えて行けます。ますますイイ親子関係になります。信頼感がますます増します。

でもいっぽう。

相性が悪ければ、一緒にいることがなんだかしんどいし、話も通じないし、気持ちも通じないことが多いので、普段からなんだかシックリ来ません。必然的に 「困った時の助け方」についても全然シックリ来ません。
親子でチカラを合わせて困難を乗り越えているつもりが、親子で足引っ張り合ってしまっているのかも。信頼関係が築きにくく、不信感だけが募っていくかもでしょう。

他にも。「それだけは言ってくれるな」的な禁句をお互いが言ってしまっていたり。
「それだけはやってくれるな」的な行動をお互いがしてしまっていたり。

相性が悪いとなんだかそうなりがちですねえ・・。悲しいことだけれど・・

それぞれ一生懸命やってるつもりですが、お互いきっと大迷惑なのかもねえ・・。

「毒親」とかって世間で話題になってたけれど・・。(今もなのかな?)

でも「誰にでも毒親になる可能性がある」と私は思っています。相性次第ではね。だから他人事じゃあないと思うのよ。

まあでもそういうの割とどこでもある話かもで(問題のない家庭なんて無いので)
どこからが「毒親」になるかという定義にもよるんだろうけど・・

エスカレートするとやっぱりまずいよね。

「お互い分かり合えないんだ」ということをまず基本に置いてやっていけば多少はなんとかなるかもだけど・・。

「説明すればきっとわかってくれるはず」「話合えばわかる」とか思ってるから無理してこじらすよね。

だからお互い「最低限しなきゃいけないこと」だけをすればいいんじゃないでしょうか。あと「頼まれたことだけする」とかのほうがいいかも。頼まれないことはしないほうがいいかも。

なぜなら相性が悪いと好意が裏目に出やすいので。好意でしてあげたことが「感謝」ではなく「迷惑」って感じになりやすいのがなんだかスゴイ(怖い)

「子供とまずうまくやっていけないだろう配置」とかもありますよ実際。

でも「ああ、そうなんだ」と知ると納得すると、「仲良くやって行こう」なんてことも考えなくなるからかえって楽かも。「仲悪くて当たり前」くらい思ってたほうがかえってスムーズかも。お互いムダに期待もしなくなるし。

「上手くいかなくて当然」「すれ違って当然」な配置とかならねえ。
それなら所詮無理なのでねえ。
個人の努力の範囲を超えているので。

だからその辺を分かった上で、付き合い方を考えていけばいいし、それしかないでしょう。

「普通に仲良く」とかしょせん無理な話。なのに、無理なことを望むからツラくなってしまうのですね。

自分に無理なことを自分の人生に望まないことって、とてもとても大事なことだと思うんです。

最初から諦めてしまい、やれば可能なことをしないでいるのも、とてももったいないことだけれど(そういう人も多いけど)、

でも自分に到底無理なことを望み、そこ目指して努力するのもちょっとなんか違うんじゃ?と思うんですよね・・

「努力すればなんとかなる」とか嘘っぱちですからね。(努力さえすれば何とかなるなら誰もさほど苦労しませんよね)

に投稿

米津玄師さんが月と火星アウトバウンズですねえ。去年は火星アウトオブバウンズの時期がけっこうあったよねえ。だからかなあ。うまく波に乗ったね。今年も引き続き凄そう。

最近ず~っとアウトオブバウンズのこと考えてました。
なぜなら家族や鑑定依頼者がアウトオブバウンズの人だらけなので。

例えば去年の紅白で話題になった米津玄師さんが月と火星アウトバウンズの人ですねえ。
(アウトオブバウンズ=軌道外)
さすがの突き抜けっぷりですね。 軌道外だけにね。
この曲が一番好き。ダンスも上手くてビックリした

去年は火星アウトオブバウンズの時期がけっこうあったよねえ
だから特に凄かったのかなあ
うまく波に乗ったね

この配置、アーティストにはすごくイイ配置よねえ
これだと普通の生活は無理だしどうしたってはみ出すとは思いますけど。(なんたって軌道外ですからねえ。「枠」の中には収まり辛い。だから学校とか会社勤めとかはツライかもよねえ)、でもアーティストとしてはとてもイイ配置ですね。

あと配置的に癒し効果がスゴイ方ですね
だから聞いてて癖になる。確かに中毒性がある。癒されるから。

疲れている人、傷ついている人には米津玄師さんの音楽が必要かもねえ。
必須かも
なんか元気もらえるよね
日本傷ついてる人疲れてる人多いしねえ

・・ということは私も最近疲れてるのかなあ
(なぜならずっと前聞いたときはそこまでイイとは感じなかったので)

モナコガイさんと暮らしてるとさ。守ってはもらえるけど元気と勢いは無くなるのよねえ・・
(だから安全ともいえるが。無茶しなくなるので)

でも「無茶してるのが私」のような気もすることあるけどねえ・・「らしい」というかねえ・・

とにかく今は「準備の時」かもねえ私にとっては。
どうしても拘束されてしまうときは「勉強の時」なんだと思っています。割り切ってなんか身に着ける事に使う。語学も含め。
海外に本気で移住するならいろいろあるんでねえ・・。あとビジネスの実際の勉強なるよモナコ・ガイのそば居ると。誰も教えてくれない本当のトコロとかも知ることができるからすごく貴重だよね。

・・まあいろいろあるけど、とりあえず米津玄師さんの曲聞きながら作ると料理が思った以上に美味しくできあがる気がしますね!

私は料理するのあんまり好きじゃないけど、お腹減ったら作るしかないしさあ。あと最近モナコガイの作るご飯に飽きてきたのよねえ・・(スマン)好きな味のベースがなんか違い過ぎて。日本人ならどうしたって醤油ベースだもんなあ(でもモナコ・ガイなんとなく醤油否定派なんだよね)
あとヨーロッパ、美味しくて安いレストランってあんまり無い。アジアの方が気軽に外食できる環境が整ってると思うわ。ヨーロッパ、なんでこんなに外食が高くて不味いんだろうと不思議になることがあるよ。美味しい店の方がレア。ああ、香川のうどん食べたい・・

(私の文章も脱線多いけど)アウトオブバウンスの人は、自然と脱線しがち・いつの間にか無茶しがちなので、相性の良い人でストッパーになる人、守ってくれる役割をする人が、誰か周りに必要かもと思うよ。

今相手見つけるのが難しい人、丁度良い人がどうにも見つからない人、病気やケガ・トラブルに見舞われてる人は、それ「とっととクリエイターになれ」って意味かもと思うよ。

クリエイターには「強さ」が必要なのですね。
自分の作品を世に出すってけっこう怖いことですからね。表に出せば批判にも晒されますからね。
でもそれだけの強さがあるってことですね、月火星アウトオブバウンズならねえ。
芸術でなくスポーツに使ってもいいけどね。火星だしねえ。
普通に考えたら無茶なことも、やれば意外とできてしまう配置。(トライすればの話だけどね)

ただ火星アウトオブバウンズの人が「自分」を攻撃する方に向かうと、結果的に自分を壊すことになりますよ。

アウトオブバウンズ、「軌道外」なので実は「あの世」にも何かと近いのですね。・・言ってる意味わかりますよね?
だから実はけっこう注意なんですよね。
あと他人に向かうのもまた後々で問題なること多いしねえ。

(一般人で火星アウトオブバンズだと使い方難しいよ。枠を壊すのでどうしてもトラブルやケンカなど起こしやすいよ。怒りも度外れて激しいことも多く、それが他人に向くか自分に向くかになりやすい。だからその激しさを、アーティストになる、アスリートになる、海外出る、など自分で建設的に自分の枠を壊し、エネルギーの適切な使い道を考えたほうが得策でしょう。だいたいアーティストなんて自分で「〇〇アーティストです!」って言いきって何か活動始めちゃえばアーティスト始められるし。始めるのカンタンなんだからとりあえず始めてみてほしいわ)

相当ガンガン何かやって吉、ガンガン曲作ってガンガン活動して吉です。
アウトオブバウンズの人に「フツウ」「常識」は全く似合いません(というか無理なんじゃ)

去年に引き続き、今年も火星アウトオブバウンズの時期がけっこう長いです。

ということは、米津玄師さんもますます活躍しそうですね!楽しみ。3月末には台湾公演もするみたいだけどねえ。
いつかヨーロッパ公演もして欲しいもんだよ(もしヨーロッパいらっしゃるならお手伝いしたい!私に何ができるんだかわからないけど(笑))

アウトオブバウンズのアーティスト集めて音楽レストランみたいの将来やりたいなあ・・

すごく素晴らしいのに「自分の売り込み方」がわかっていないミュージシャン・アーティストは実際多い・・。ヨーロッパの友人・知人の中にもそういうミュージシャンがけっこういる。演奏は本当に素晴らしいのにホント惜しいよ・・売り込み方や交渉が下手過ぎて演奏する場があまりなかったりするのでこっちが驚くよ。「えっ、こんなに演奏素晴らしいのになんで!?」と。

でも音楽的な才能と、交渉や演奏場所を見つける能力って、全然別みたいね。煌めく才能を食べていく方法・お金に変換する能力って全然別ものなのね。
(とっとと言葉覚えて出資者・パトロン集めればできるかもしれないねえミュージックカフェ。最初は小さく始めたいし。赤字にならなければそれでいいし。一人でもそこ目指して頑張ってみようかな。そういう場さえ作れれば「演奏しに来てよ」と誘いたいミュージシャンはたくさんいるし「場所作ってよ」「オーガナイズしてよ」ってミュージシャンに実際頼まれたこともある。需要と供給だよね。あとは客来るかどうかだけど私の配置なら客は来るんでやってみてもいいかも)

いっけん実現不可能なアホな目標でも。ちゃんと準備すればできる日が来るかもしれない。
(私も実際今、なぜかモナコで優しいボーイフレンドと仲良く暮らせてるしさ・・。よく考えるとまるで夢みたいな話よね。男にご飯まで作らせてさあ・・)

これが現実だなんて・・(自分でも時々思う)

「優しいボーイフレンドと仲良くフランスで暮らす」という夢はあっさり叶ってしまった。(モナコだけど。モナコ、地理的にフランスの中にあるしフランスに準じてることになってるらしいんでまあ叶ったことにしていいかと)

でも若いころは「そんなの無理に決まってる」と思ってた。「フランス人がいったいどこにいるのよ?会ったこともないし」と思ってた。でも自分でフランス行けば周りフランス人だらけで、いっぱいいるというのに。つまり自分で自分の可能性をつぶしたのよ。見事につぶしたねえ。今思えば、当時もしコツコツあきらめず夢見て続けてれば、お金貯めて語学勉強してフランス行けば、当時もできた可能性あったなあと思う。行けば何とかなるんだよね。というか行った先で自分で何とかしていくというか。

「夢をみるチカラ」って大事ね。あきらめないことって大事ね。

でも若いころは「無理」って思って自分の夢を自分をつぶした。つまり夢をつぶすって意味では自分自身が「一番の敵」それも「最強の敵」ってことよね。周りに無理と言われようと、やってみればよかったのよ。

人によって夢はそれぞれ違うけど、それができる配置もちの人なら、した方がいいと思うのよ。しないと損よ。だって(すれば)叶っちゃうならねえ。

マダム・ファントムの西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

に投稿

「売れない占い師」または「ネット上で自分のサイトをできるだけトップに出そうと頑張っている占い会社の運営」は、占い師についてるお客さん方がどこかその占い師に似た人たちだということをご存知ないか重視していない


占い師についてるお客さんって、どこかその占い師に似た人が多いんですよね~。ホロスコープ見てると一目瞭然だけどね「あ、私と同じ配置だ・・」って。
(そしてこれは占い師やっててそこそこ稼げてる占い師ならほぼ気づいてると思いますけどねえ。だからお客さんって意外とかぶらないのよね。それぞれタイプが微妙に違うもんね。売れない占い師や占い会社の運営などが、「今売れてる」と思われている占い師をよく叩いてるけど、賢い客ならその辺見破ってるし、「占いの世界って足の引っ張り合いがヒドイ汚い世界なんだな」って印象悪くなる。だからそういうのしないほうがいいんじゃとよく思う。なぜなら業界全体のイメージダウンになるから。「占い師は怖い」「占いの世界ってやっぱり汚いし怖い」などと思われて客足が遠のくだけだから。

大事なのは。それぞれの占い師がそれぞれちゃんと勉強や研究を一生続けていくこと、自分のことちゃんとアピールしてお客さんにどんな人なのかわかってもらうことが一番大事だと思う。そこは最低ラインで、それやってないなら無理でしょ。

だいたい客もカンが鋭い人が多いよ。とても多い。だから、自分のカンを信じられない人、カンがいまいちの人は占いを仕事にしないほうがいいかも。本当にカンが鋭い人だと、同じ誕生日の占い師のトコに定期的に会いに行って相談するようになった方も実際いらっしゃいますからね~。自分とまったく同じ生年月日の占い師って・・良く見つけてきたねえそんな人。「自分を取り戻す」にはいいかもよね。自分を客観的に見てるみたいな感じでいろいろ気づけると思うよ。カンが鋭くて、も少し磨けば霊能者としてお仕事もできそうな方でしたねえ。そういう人も実際いますからね。以前は私のお客さんだった方ですね。自分のチカラを信じると、いろいろ開花していくものですねえ。
(だいたいそういうチカラを封じている方々ってすごく多いんだよね・・。家庭教育・社会教育などでね。やたらと厳しい親に育てられた人や否定されて育てられた人たち)

占いなどを信じない人たちや、男性の多くにはわからないかもしれないけど。
・・でも科学しか信じないのもちょっとヘンなんですよね。その考え方、おかしいと思うよ。偏ってると思うよ。科学は全然万能じゃないのに、万能とでも勘違いしてるみたい。
(本当に優れた医者や科学者などは、科学で証明できないものがたくさん自然界に存在していることをご存知ですよ。あとできる社長とか政治家とかは「運の強さ」や占い信じてる人も多いよね。イメージ重視のためめったに表沙汰にはしないけど専属占い師や霊能者がバックに控えてる方々も多いよね。それは実際役に立つのご存知だからこそよね)

(私も大好きだった叔母が早くに亡くなった後、「これで叔母がすごく身近になった」「これで叔母に会える」と感じお葬式で(不謹慎ですが)非常に嬉しかったことがあります。でも誰にも言わなかったけれど。言うと「頭おかしい」と言われるのがオチなのでね。でもそれまで叔母に全く会えなかったので。嫁ぎ先が、金持ちだが異常な家だったため全然会えなかった。その前の奥さんが二人も亡くなっているという。そして叔母が3人目という・・妻が3人死別ってどう考えてもヘンよね。でもとにかく亡くなってからというもの叔母をとても身近に感じるようになった。雨の日の風呂場で声を聴いたこともあるし、今もそばに近くにいるのを感じる。ただ女性はやっぱり自活せんといかんね~とも思った。たとえ細々でもいいから・・生活のために結婚に逃げちゃあダメだねえ・・でも当時は外で働けない、勤めが続かない女性が自営するとかまず不可能な世の中だったからなあ・・。だけど今はPCもネットもあるので可能ですよね。やれば何かできないこともないもんね。だから現代に生まれた女性は、その点ではとってもラッキーなんだよね。私も家庭用PCが出始めた頃、飛びついたよ。「これで未来が拓ける」と感じたから)

ただ「占いを信じる女ってバカ」「占い師を頼る女ってホント馬鹿だよな」的に、勝手に勘違いしている人が男性にはやたら多いよね。割と世界的に男性はそうみたいだねえ。ヨーロッパでもそういう男多いもんね。なんか女をどこかでバカにしてるタイプに多いような気もするけどねえ。

バカどころか・・中にはカンの鋭いお客さんもけっこう多いんですよね・・。
女性のカンってスゴイですよね。少なくとも多くの男性よりは(カンの鋭い男性もいるけどね。特に経営者。)

女性たちは「自分のカンもそこそこ当たってる・・」と常日頃感じることがあるからこそ、自分よりもっとカンがイイと思われる占い師(だって仕事にしてるくらいだもんね)に相談に行くわけですよね。なぜなら悩んでるとカンが鈍ること、実感としてよく知ってるわかってるからこそですよね。
あと「教育」に縛られ過ぎちゃって、なんだか混乱してきちゃった、したいことがなんだか良くわからなくなっちゃった方々とかね・・(日本ではありがち。海外だと「自分がしたいことする」のが基本でアタリマエなんだけどねえ・・「周りに合わせて」とか「周りの顔色伺って」なんてしないし、そんなことしないほうがいいのよ。なぜならそれって本当にバカな人がすることなのよねヨーロッパでは・・・日本とはその辺が全然違うよ・・だからつまり日本では「バカになれ」的な教育がされてるって事かもなんだよね。驚きだよ)

でもなんか実際「日本人をアホにするための教育」がわざわざ施されてるんじゃないか?って思うことよくあるよ
(できればヨーロッパに長期で留学・滞在することを強くオスススメします。なぜなら短期ではそこまでわからない・気づかないから)

たぶん女性の方が気づきやすいと思うわ。だって女性の方が観察眼あるもんね。
あとカンがいい男性、HSP的感受性の高い男性とかなら気づくかもしれないけどね。(その辺は男女ともに個人差かなりあるよ)

ただ、そういう女性的な感覚というのは、感覚の鈍い(鈍過ぎる)多くの男性にはきっと「本当によくわからない」ことなんですよね・・
(ただ鈍めの感覚、非HSP的感覚もハードな世の中で生きて行くためにはこれまた必要なんでなあ・・いちいち細かいこといろいろ感じ取ってたらやっていけない世界も確かにあるもんね。鈍い方が向いてるだろう分野って実際多いもんなあ)

とにかく「理由は後からついてくる」んです。(後で証明できる感じ。だいたいそうよね。科学にしたって同じよね。現象が先にあって、それを現代の科学で証明できるかできないか、ってだけの話ね。そして科学で証明できることより証明できないことの方が多いよね)

あと占い師で本を出すような占星術師は、日本の出版社、日本の会社などとの相性が良い方々ですね。
(つまり「日本の枠」にはまる、はまれる方々ね。私とかとは違うタイプね。読者も「日本の枠」にはまれるタイプが合ってるかもね)

私は枠には全然はまれませんからね~(自分でもそれはよく知ってるよ)

だから私のお客さんとして、とても「合ってる」方々というのは
◆「とにかく枠(ワク)から出たい方々」「もう息苦しくてこのままじゃあ酸欠で死にそう」とかね(日本の枠、家族の枠、枠っていろいろあるけどね。私は海外出るまでいつも息苦しさ感じてた。ほんとに空気が薄い感じしてていつも息苦しかった。だからそこまで息苦しくない人はそこそこ合ってるんだと思うよ今の生活が)
◆「たまには枠からはみ出ちゃう必要もあるけど「いつもの生活」にキッチリ戻っていく方々。(そうしないと今の生活をやってられなくなるので。抑えてたガマンがバーンと爆発して突然何もかも壊しちゃったりするよりはマシだもんね。それはイタイよね・・自分のためにも周りのためにもならない・・だから息抜きのため、生活を続けてくために、たまに「枠」から外れることが必要な人。「今の生活を壊すよりはマシかも」ってことでね)、でも「コッソリ」とね。そして一時的に枠から外れてもその後またキッチリ自分の枠に戻っていくタイプの方々。それはそれでイイというか必要悪だと思うよ。ある意味賢いやり方かもしれないよね。(賢くて意思が強くないと隠し通すことはできないもんね。あと配置)

ですかね~
8割がたか9割がた、そんな感じかな~と自分では感じています。

「(日本の)枠にはまれない人」というのは日本では「不幸の典型」みたいに捉えられている気がすることがあります。

ドロップアウトすることは人生の落後者、時に生死にまで関わってきますよね(大学やめたり会社やめたりして自殺する人とかけっこういるよね。特に男)

だからそこから外れないようにとヒヤヒヤしてる人も多いのかも。

でもね。
ドロップアウトしてもけっこう楽しく生きて行けるので、ご心配なく。

(ちなみに私の息子もドロップアウト組ですが、外国人の彼女や友達をたくさん作ってけっこう楽しそうに生きているようです)

「ドロップアウトする配置」の人は、ドロップアウトしたほうが楽なのよね実は。だってそれが(その人にとっては)「自然」なんだから。

いわゆる「枠」を飛び出す配置、ドロップアウトする配置の人が、「枠」の中にしがみつこうとするなら、そりゃキツイやろうなと思うわ。だって合ってないもん全然。

教師はじめ各種公務員は「社会の枠」の中で生きるのがとっても合っている人たちのことが多いので、ほぼ真逆なのでまず気持ちはわかってもらえません。いくら説明してもまずわかってもらえませんからそこは全然期待しないほうがいいかもでしょう。ムリです。(話すなら「まずわかってもらえないの前提」で相手がどう考えるかを推し量りながら話を進めるほうが絶対スムーズよ)

この世は決してパラダイスではありません。だからそれなりの苦労も不満もどこでもあるものだけど、少しでも自分に向いたことした方が、向いたトコに居た方が、ラクで楽しい場合が多いよ。あと元気になるよ。少なくとも以前よりは健康になるよ。
方向性間違って無理して頑張ってもキツイよ。きつくて疲れてるから、楽しむような精神的な余裕もないし。やけっぱちになってしまったり、イライラが収まらなかったり、わけわからん苦労ばかりがやたら増えるだけならちょっとねえ・・。

そこんとこをもっと「整理」して考えた方がイイと思うのよ。今年は土星冥王星合の年よ。必要ないものをそぎ落として残ったものだけでやり直す、自分を再生させる年よ。必要なモノだけ残して生きなおすことができる年回り。だから今年の運気は「使える」よ。(そういう方向性に使おうと思えばね)今年残ったものは「ホンモノ」かも。でも自分の意思で選べないかもだけどね。何しろ冥王星だからねえ。そぎ落とすべきところを間違えちゃうとそのしっぺ返しというか反動もスゴイと思うよ。

私も今年は自分の意思では決められない、決まらないなあと痛感してるよ・・。「人事を尽くして天命を待つ」みたいな年回りかもですね。ジタバタしても仕方ないのよね・・

マダム・ファントムの西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679

に投稿

◆西洋占星術◆文書の鑑定依頼者の方から頂いたご感想♪

マダム・ファントムの西洋占星術

 文書の鑑定ご依頼者の方からご感想メールを頂きました。
ご感想、誠にありがとうございます^^とても嬉しいです。
ブログ上からですがご感想下さったあなた様へ心から感謝申し上げます^^

************

先日、メールで鑑定結果の受け取りを確認しました。お忙しい中作成して頂き、ありがとうございました。
また、何度かメールを頂いていたのに返信せず申し訳ありませんでした。

鑑定結果のメールを読みましたが、鑑定結果に書いてあることが今までの人生で殆ど起きてるので驚きました。努力だけではどうしようもない部分もあることが解り、そこに関しては良い意味で諦めがつきました。
また、自分が仕事・仲間(外国人も)・結婚運に恵まれてると鑑定結果に書いてあって、今まで人(特に母親や同性)とトラブルになったり意思疎通が難しかったりした私からすると驚きでしたが、自分が色々諦めたり逃げて制限してきただけかもしれないと少し希望も持てました。

鑑定結果について、理解が難しい部分が多かったので、次はスカイプの利用も考えてみたいと思います。その際は宜しくお願い致します。

***********

ご感想ありがとうございました!

仕事運や結婚運(男性運)イイ女性というのは、だいたい同性からは嫉妬されますので、そこは潔くあきらめましょう(笑) 同性からの嫉妬は時に辛いですが、バランス的にはきっとプラスマイナス・ゼロってことかもですよね。逆に仕事運や結婚運(男性運)いまいちの女性たちって、実際、友達運すごく良くて、お互い助け合ったりしてるし、いつも友達に囲まれて楽しそうにされてる方々も多いですよね。単に恵まれている部分が違うってだけのことですね。両方恵まれる方もいるかもですが相当少数派でしょうね。すべての面で恵まれている人っていないはずです。(ホロスコープ的に考えてもまず無理な話ですよね。星の数も星座もハウスもその点ではみな同じですから。どこか恵まれている部分があれば、必ずそうでない部分が出てきます。いっけん不幸に見える人でも恵まれている部分が必ずありますからね。不幸そうに見えてた人が実は「隠れた幸せ」の持ってるのに気づいて「自分より不幸だと思ってたのに」と、ガッカリしたり憤慨する人とかけっこういますがそれって割と当たり前のことですね。他人と比較するのは何かと不幸の元ですね。「自分基準」を持って自分のこと幸せにした方が良いですね)

それぞれ「自分が恵まれている部分はどこか」を知って、そこ享受すればいいことだと思うんですよね。恵まれていない部分にはあえて目を向けず考えず、恵まれている方面はしっかり見て、「それならこれからどうしようかな」考えてみるようにすると楽しいし心理的にラクになりますよね。もともと与えられて無いものは、どうしたってどんなに望んだって出てきませんからね。それよりも、望めば出てくるもの与えられるものに目を向けた方がそりゃ人生絶対楽しいですよね。

それからもし今後も「こんな変化が」「こんなイイことがあった」などメールご報告頂けましたらとても嬉しいです。

またの鑑定ご依頼も、楽しみにしております(^^)/
(その年にできること、傾向、流れなど、いろいろなことがわかるので、心理的に焦ったりジタバタしなくて済むのでずいぶん気が楽になりますよ^^ 私も活用しています)

今すぐでなくても、何年後でも何十年後でも構わないですのでまた再鑑定依頼頂き、お役に立てましたら幸いです^^

マダム・ファントムの西洋占星術

P子の西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^