ヘンなヒゲ顔で有名なダリ。でもダリはヒゲが無ければイケメン・・なんでわざわざブサメンになろうとするのか、そのわけは?

ダリって、ヘンな絵を描く変な顔の人ですよね。

少なくとも私の中ではそういうイメージでした。(才能あるのかもしれないけど・・)ヒゲがコオロギかゴキブリの触覚、またはクワガタの角みたい・・(ダリのファンの人にはすみません)

なんでわざわざこんなヒゲにするのかねえ??と以前から不思議に感じてました。(ちなみに写真の上の白いラインは後ろの照明が写り込んじゃったもので写真とは関係ありません)

会場のモナコのグルマルディフォーラムって、こんなとこなのよ

(もちろん展示会場は日は射さない部屋)

アーティスティックで素晴らしい建物だとは思うけど、照明などもアート過ぎて作品にやたら乱反射しちゃうよ

なんだかよくわからないスゴイ建物よねえ・・ちなみに右端の綿くずみたいなのが吊るしてあるのは「雲のつもり」だと思うよ・・。これって無いほうがいいような気もするけど・・でも、ないと無機質で硬くて寒々しいかもしれないねえ・・

ダリって、ダルダルに溶けてる時計の絵が有名ですよね。以前、日本でダリ展があったときも見に行ったのですが、その時は溶けてる時計の絵を見た記憶があるのですが、モナコのダリ展にはありませんでしたねえ・・残念。

ただ意外なことに気づいたよ。やたらとダリの写真がいっぱい展示されててね。

・・ヒゲがない写真があったよ・・

えっ、イケメンやんか!意外!映画俳優みたいだぞ

この写真はモナコのすぐ近く、ロクビュルヌカップマルタンにあったシャネルの別荘でのパーティらしい。

ヒゲなかったらけっこうイケメンだし素敵よね。ダリっていったい・・・

ヒゲなかったらイケメンなのに、なんでわざわざヒゲ?それもあんなヘンなヒゲ。昆虫みたいな。

不思議だ・・ダリの絵自体よりも、イケメンがわざわざヘンなヒゲつけてブサメンになろうとしてる、というのが不思議だ・・

ダリにとっては「イケメンは損」なんだろうか・・

もしかしたら・・絵も「イケメンだから女のファンから絵を買ってもらえるんじゃないの~?」とか言われるのがイヤだったんだろうか(その辺の実際のところは知りませんが)

単に目立ちたかったんだろうか・・

それとも奥さんの気を引きたかったんだろうか・・

奥さんの写真。ダリが撮ったのかな?それとも写真家の人?どっちかしらないけど後光が射してます。写真撮った人から見ても「女神」なんでしょうねえきっと。

すごい美人ってわけでもないよね。・・個人的にはかなり貧乳ぽいのがなんか気になりますけどねえ・・。(そんなこと気にしないでどうぞスルーして下さい)

写真の雰囲気から察する限り、夫婦のチカラ関係では、奥さんのほうが相当強そうな印象ねえ・・(笑)

Wikipedia見てビックリ。10歳も年上妻の上に、浮気妻みたいよ・・よく愛想つかされなかったねえ・・

ダリの作品の中にしばしばガラは登場した。ガラは若いアーティストが好きで、性的衝動も強く、晩年でも傾向は治らなかったのでダリの心配の元であった。しかし当時のシュールレアリスト達にとってなくてはならないミューズ的存在が彼女であった。ガラが1982年に死去すると、ダリは「自分の人生の舵を失った」と激しく落胆し、プボル城に引きこもるようになり、その翌年を最後に生涯、絵を描くこともなくなった。(Wikipedia より)

「当時のシュールレアリストたちにとってなくてはならないミューズ的存在」ですと。スゴイねえ・・もちろんダリにとってもそうだったんでしょうね。う~ん・・・(゜_゜>) とりあえず、まず、ダリとガラのコンポジットチャート出してみました。

コンポジットチャート良過ぎ。金星海王星ドラゴンヘッド合。画家としての人気と成功。冥王星も合ってことでカリスマチックですなあ。
絵自体は「そんなにいいかなあ・・??」とつい思ってしまいますが(すみませんねえ・・でも私は買おうとも欲しいとも思わないねえ・・)他にも似たような絵を描いた画家、当時絶対いたと思うよ・・認めらるかどうかは星の「配置」の違い。そして配置を活かす行動をするかどうか・・
でもこのコンポジットチャートならねえ・・カリスマにもなるし人気にもなるわけさ。

ダリが画家として成功したのは、ガラあってのおかげなのですね。それも生きてる間に絵が売れた画家だもんね。けっこうレアよ。死んでから売れる人は多いけど。それどころか「カリスマ」にもなれるならねえ・・だからこそガラの浮気を心配しながらも一緒にいたんでしょうね。画家で食べていくのって相当難しいことだけど、ガラと一緒に居れば画家として成功するから食いっぱぐれなしよ。(でもダリ一人だと多分無理な配置・・ちょっと弱め。そしてそれをダリはどこかでわかっていたし不安にも感じていたことでしょう)

夫婦って、結婚って、それだけのメリットがあるというか。生活の基盤ができると言うか。だから結婚までするんだよね。(そうでなかったらわざわざ結婚なんてそんなめんどくさいこと・・)

ガラはミューズだったそうですねえ・・ミューズって言ってももちろん「薬用せっけん」じゃなくて「女神」って意味ですからね。フランスだと「ミュゼ」っていうみたいだけどね。

「ミューズ」のホロスコープ見て・・・

う~ん・・確かに男性芸術家たちに、稲妻のような激しいインスピレーションを与える「ミューズ」・・マジメな男性だったらこりゃイチコロでしょうね。(ダリは土星効いててマジメなタイプ。見た目よりもずっと。ヒゲにしてもあれ毎朝作るわけだからね。マジメにルーティンこなしてるよね。普通めんどくさいよね。強風の日なら風でヒゲが折れたりもすることもあるだろうしね。あの変なヒゲ毎日キープするのも楽じゃないよね)

ガラって、「女神」って言われた割には顔も別に超美人でもないし貧乳だけどそういうことじゃあないのよね。もう「配置」なのよ。持って生まれた。「役割」と言ってもいいかもしれない。

そして旦那を尻に敷く配置。そして「変わった」「冴えた」男にしてしまう配置。(冴えた存在になりたい芸術家の男は多かったに違いない。だからモテた)

だからこそのダリの変わったヒゲとシュールレアリスム。画家としての成功。

そしてそれがダリの「望むところ」だったわけです。これくらい相性がイイと年取っても一緒に居続けるし、離婚も無いってことですよね。(たとえ浮気妻だったとしても。これって相当な「欠点」だと思うよ、夫婦にとっては。ふつう浮気は許せないよね。おまけに絵描き仲間も世間もそれ知ってるわけなんでもうとにかく相当な心理的打撃でしょうに・・ただガラみたいな女と結婚してなかったらダリが浮気してた可能性高いと思うよ配置的に。そして浮気男の画家は「男女同伴」がアタリマエのヨーロッパでは成功しにくいと思うよ。男から嫌われやすいもんね自分の妻・ガールフレンド盗むかもだから)

とにかく、そんな大きな欠点あってもそれでもOKという、こういう「自分にピッタリ合った」相性の人を見つけたいもんですよね。女性にしても男性にしてもね・・。

たとえ浮気女でも。それでも大事にされる女、ガラ・・ (でもそれはただ恋愛のためだけではない。男にとっては生活、つまり金と成功のため。でもガラとしてはそれってどうなんでしょうねえ・・ちょっとつまんないかもよねえ・・だからつい浮気しちゃってたのかもよねえ・・)

ダリは公の場やパーティなどでは「自分をかっこよく見せること」に熱心な印象を受けた。というかそういう写真が多かった。自己顕示欲の強い映画俳優みたいな。ガラはパーティなどでは影が薄めで地味な印象。

もしかしたらダリは「自分が主役の座に躍り出るために」「自分が光り輝くために」ガラが必要だったのかもしれないよねえ・・。舞台で例えて言えばガラが「照明さん」でダリが「主役・ヒーロー」みたいな。

「女神」って言われてるけど、実際は「照明さん」かもしれないんだよね・・男に「スポットライト」を当てて男を輝かせてくれる。

そして「照明こっちに下さい」的に「俺にもライトを当ててくれ」的に「光を求めていた男」は実際多かっただろう。

「なぜか男性にモテる女性」「相当な欠点あっても結婚できる女性」「離婚されない女性」ってつまりその男性にとって「いたほうが絶対トクだから」「生活が安定するから」なんですよね。だから何があっても別れない。なぜなら一緒にいると生きていけるから。

そして男のほうが、合った女を見つけるのが上手いことが多いように思いますねえ。女が見つけるよりもずっと。やはりそこは男は「淘汰される性」だからだと思うね。男の世界は「競争社会」生き残りかかってるからねえ。ライバル多いしねえ。

だから女はできるだけイキイキと生きて、男に「見つけてもらった」ほうが話が早い上、簡単・ラクチンかもだよねえ。

まあとにかくそれぞれが「自分らしく」毎日を生きることが大事になってくるみたいだな、ってことですかねえ・・それがたとえ「いわゆる悪い性格」だったとしても・・。特に気にしないでも良さそうね。気にして隠すほうがほんとに合った相手が見つからなくなりそうだしね。女性の場合、見つけてもらいにくくなりそうだからね。

マダム・ファントムの西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679