先日は「愛人向き」の配置でさらに「峰不二子タイプ」の方がいらっしゃいましたが、そのホロスコープ解説したらかなり喜ばれました。でも言いにくいけどね・

日本語って曖昧な言語です。

私たち日本人は「なんとなく雰囲気で曖昧に」物事を捉えることには割と慣れているのですが、物事を「キッチリ分けて考える」ことにはそれほど慣れていません。

日本語の曖昧さと相まって「論点をずらしたり」「問題をすり替えたり」することも割とよく行われていますよね。

例えば「誰かその場にいない誰かのせいにして終わり」とかよくありますよね。
その場にいない誰かのせいにすれば、問題が解決する日は永遠に来ません。
(なぜならその人はそこにいないので)

問題を曖昧にしたまま、なあなあでやり過ごすことも、「まっいいか」「こんなもん」と諦めることももちろん可能です。

その辺はお好きな方向でイイと思います。

問題を解決することで失うものも時にはあるし、いろいろ見えすぎるというのもなかなかツライものですからねえ。

ところで、西洋占星術って、けっこうツライですよ。

ちゃんと勉強すれば、の話ですけど。深く知るとね。

いいことも悪いことも、けっこうハッキリあぶり出してくれるので、目を背けることが難しいからですね(笑)

自分自身から目を背けることが難しいです。(私は自分のホロスコープ見てけっこう泣きましたよ)

「ホロスコープ見て泣く」(´;ω;`)ウゥゥ という人もあまりいないかもしれませんけど・・

でも、ホロスコープがわかり出すとそんなもんですね。

本屋で西洋占星術本を立ち読みしながら思わず泣いてしまったこともあります。

ただ、私の鑑定依頼者のなかには「ホロスコープ知ってとても喜ぶ」方もけっこういらっしゃいますけどねえ、その楽天性がかなり相当うらやましいですねえ。
でも「そんな自分じゃダメ」と自分らしさ否定されて育ってきた方、苦労してきた方は嬉しいかもしれない。

先日は「愛人稼業向き」の配置でさらに「峰不二子タイプ」の方がいらっしゃいましたが、そのホロスコープ解説を詳しくやってたら、とても喜ばれました。でも「峰不二子タイプ」と言っても、もちろんルパンみたいな人と一緒に怪盗してる方とかじゃあありませんよ。普通にお勤め人ですよ。

でも喜んでくれる方で良かった。そういう配置持ってる方々、実際ちょくちょくいらっしゃいますが「愛人向きの配置です」って実はちょっと言いにくいことですけどね・・私にとっては・・。でもご本人がそういうのがお好きならそれでいいわけです。気にしないとか逆に「そうなりたい」方ならね。

「愛人稼業向き」の配置もちの方の場合、親御さんはなんとなくわかっているし(たぶん)全力でそっち方向行くのを阻止しようとするので、子供の頃からかなり相当否定されて育つことでしょう。(親心としては当然ですねえ。あと社会からも否定されるからツライと思う。持って生まれた個性を打ち出しにくいというかねえ・・フランスだったら愛人もそれなりに社会的地位あったりするのにねえ。愛人が堂々としてるもんね。普通に表に出て来るし。裏稼業、って感じでもないもんね)

日本では明治までは愛人も「お妾さん」としてきちんと家を別宅として与えてもらえて子供も認めてもらえて、一生面倒見てもらえたわけですが、今は違いますからねえ・・いったいどっちがいいんだかねえ。現代は女性が性的に軽く扱われていて大事にされていないかも、とも感じるよ。だって付き合っても男に生活の面倒までは見てもらってない女性が多いもんね。多過ぎると思う。

スカイプ鑑定は、文字の鑑定書と違っていろいろお伝えできますけどいつも「う~ん・・これ言っていいのかなあ・・」と思いながら鑑定してますねえ・・言うの躊躇しつつ言ってるというか・・いつもそんな感じですねえ・・

あ、それから、私はモナコで愛人やってるわけじゃあないですよ。お互い独身同士ですからね。だからただ普通に彼氏彼女なんですよね。モナコってことでなんか勘違いされやすい気がするけどね。イメージ的にね。

ただ私は確かに結婚向きの配置ではないねえ(結婚するとかえって不幸になるタイプかも。だから結婚しないほうがいいのよ。向いてることしてたほうがいいのよ)

マダム・ファントムの西洋占星術◆Skype鑑定◆全メニュー対応可◆自分の人生の方向性を知り行動するとほとんどの問題が消えてしまうよ^^
http://vivi-accessary.ocnk.net/product/679